ADuCM3029

ARM Cortex-M3 MCU、超低消費電力、パワー・マネージメントと256 KB組込みフラッシュ・メモリ内蔵

Manufactured by:

製品概要

マイクロコントローラ・ユニット(MCU)のADuCM3027/ADuCM3029 は超低消費電力のマイクロコントローラ・システムで信号処理、接続のためのパワー・マネージメントを内蔵しています。MCUシステムはARM Cortex-M3プロセッサ、デジタル・ペリフェラル集、組込みSAM/フラッシュ・メモリ と クロック駆動、リセットを行うアナログ・サブシステム、およびパワー・マネージメント機能、A/D コンバータ (ADC) サブシステムに基づいております。

ADuCM3027/ADuCM3029 MCUの主な特徴を下記に示します。

  • 業界最先端の超低消費電力
  • 外部センサーの高精度時間同期サンプリング用SensorStrobe
    • ハイバーネイト・モードで動作し、システム・ソルーションの電流が大幅に低減。電流消費は(例えば)加速度センサーADXL363を使用した時に比べ1/10に低減します
    • セットアップ後ソフトウェアの介入は不要
    • ソフトウェア実行によるパルスドリフト無し
  • 最先端のセキュリティ
    • 速い暗号化によりお客様のアルゴリズムに読出し保護を提供
    • 不正コードによるデバイスへの再書き込みを防止する書込み保護
  • 堅牢な動作
    • ディープ・スリープ・モードでの完全な電圧モニタリング
    • ECC機能を備えたフラッシュ・メモリ
    • パリティ・エラー検出機能を備えたSRAMメモリ
  • 割り込みを介した32 kHz LFXTALの故障検出

アプリケーション

  • モノのインターネット(IoT)
    • スマート・マシーン、スマート・メーター、スマート・ビルディング、スマート・シティ、スマート農業
  • ウエアラブル製品
    • フィットネスと臨床

製品ライフサイクル

checked 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット

(4)

X +

EVAL-ADuCM3029 EZ-KIT

EVAL-ADuCM3029 EZ-KIT ブロック図

EVAL-ADuCM3029 EZ-KIT 写真

製品概要

The ADuCM3029 EZ-KIT®, Analog Devices, Inc.is an evaluation system for the ADuCM3029 processor.


The ADuCM3029 processor is based on the ARM® Cortex®-M3 processor core, a collection of digital peripherals, embedded SRAM and flash memory. It also contains an analog subsystem which provides clocking, reset and power management capability in addition to an ADC subsystem. The ADuCM3029 Microcontroller is designed specifically for Motor Control and Industrial applications. The EZ-KIT ships with all of the necessary components required to start the evaluation immediately.


The EZ-KIT contains an array of three connectors that support the ADF7xxx Wireless Transceiver series of daughterboard products.


The EZ-KIT contains an expansion interface 3 (EI3) and Arduino interface. These interfaces provide for connecting with daughter boards to expand on the functionality of the EZ-KIT.


The evaluation board is designed to be used in conjunction with the IAR Embedded Workbench® and Segger® development environment for advanced application code development and debug such as:


  • Create, compile, assemble, and link application programs written in C++, C, and assembly
  • Load, run, step, halt, and set breakpoints in application programs
  • Read and write data and program memory
  • Read and write core and peripheral registers

EVAL-ADICUP3029

EVAL-ADICUP3029 ブロック図

EVAL-ADICUP3029 写真

製品概要

EVAL-ADICUP3029 は、Arduino と PMOD に対応し、Bluetooth と Wi-Fi 接続が可能なフォーム・ファクタの開発ボードです。無料でダウンロードできる、オープンソースの Eclipse ベースのインタラクティブな開発環境(IDE)、CrossCore Embedded Studioを使用しています。ハードウェアやソフトウェアのプロジェクト例が多数含まれているため、IoT(モノのインターネット)アプリケーション向けの接続システムやソリューションのプロトタイプを簡単に作成し、開発することができます。

 

EVAL-ADICUP3029 は、オンボードのメイン・デバイスとして ADuCM3029 超低消費電力 Arm Cortex-M3 プロセッサを使用しています。ADuCM3029 は、処理、制御、接続用の集積化ミックスド・シグナル・マイクロコントローラ・システムです。

EMULATOR-ADSP

EMULATOR-ADSP ブロック図

製品概要

The Analog Devices ICE-1000 and ICE-2000 emulators facilitate the creation, test, and debug of advanced applications on Analog Devices Processors and DSPs. Working in tandem with the CrossCore® Embedded Studio development environment, these emulators provide state-of-the-art support for all JTAG-compliant Analog Devices processors.

New debug feature added for the ICE-1000/ICE-2000:


  • Coresight Serial Wire Debug (SWD) 

EV-COG-AD3029

EV-COG-AD3029 ブロック図

EV-COG-AD3029 写真

製品概要

The EV-COG-AD3029 is a development platform for Analog Devices Ultra Low Power technology across ADI's MCU and RF transceiver portfolio. The board uses CrossCore Embedded Studio, an open source Eclipse based Interactive Development Environment (IDE), which can be downloaded free of charge. The platform contains many hardware and software example projects to make it easier for customers to prototype and create solutions for Internet of Things (IoT) applications.


A Cog development system may consist of these


  • A MCU Cog that highlights the differentiating values of ADI ULP portfolio.
  • An optional add-on board (Gear) for application specific use case.
  • An optional wireless board (RF-Cog) for connectivity

The Cog development system objective is to rapidly create a development/prototyping capability focused on industrial, professional, pro-sumer customers, with a flexible radio, microprocessor, sensor and application development environment.

関連資料

X +

ソフトウェア & システム

X+

Software Development Tools

Middleware

Software Modules

参考資料

X +

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ADUCM3029 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

ディスカッション

X+

ADuCM3029 Discussions

Didn't find what you were looking for? Ask the Analog community »

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード 表示されている価格は、1個あたりの価格です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。