signals header

Signals+ ニュースレター登録

Signals+はコネクティビティ、デジタルヘルス、モビリティ、スマートインダストリーに関する最新情報をお届けします。

      Please see our Privacy Policy for further information on the above.
      プライバシー設定は、Analog DevicesからのニュースレターまたはmyAnalogの設定ページから、いつでも変更いただけます。

      ありがとうございます。ご登録のメールアドレスにお送りしたメールを確認し、ニュースレター登録を完了させてください。

      世界中の人々の生活に影響を与える、画期的なテクノロジーに関する最新情報をタイムリーにお届けします。

      閉じる

      FINANCIAL TIMES: 未来のデジタル化された車室内


      車を購入する際の最大の基準として注目されるようになったのが技術的機能です。この顧客の期待に応じて、自動車メーカーは技術的機能を提供して競争力を得ています。家やオフィスでデジタル・アシスタントやデジタル体験に慣れている人がますます増え、車室内でも同じレベルのデジタル化やパーソナライズが求められるようになっています。膨大なアプリケーションやユース・ケースの可能性をもたらす、基本的に車載コンピューターとして、車をデジタルな体の一部にするような、大きな変化がインキャビン・エクスペリエンスに求められています。

      画面の数が増え続け、車にさらなる没入型技術を導入しようとする傾向があるなか、運転中の注意散漫を防ぎ、同乗者の安全を維持することに焦点を当てる必要があります。自律運転は長期的には運転中の注意散漫を軽減すというメリットがありますが、短期から中期的には、音声コマンドと音声認識の技術を車の操作における主な手段にすることで、この技術がこれらの課題を解決するために不可欠なものとなります。音声認識技術の車への展開では、固有の課題がある環境に高度な精度、セキュリティ、認証のすべてが必要になります。

      この会話では、Andy McLeanが未来のインキャビン・エクスペリエンスの実現に不可欠なシステム・レベルの課題への取り組みについてADIの視点を詳細に説明しています。

      参加者:

      • Andy McLean:アナログ・デバイセズ、オートモーティブ・キャビン・エクスペリエンスVP
      • Peter Campbell:Financial Times、国際自動車産業特派員

      ビデオの各章:

      未来の車室内


      車は、真に没入感のあるインキャビン・エクスペリエンスを提供し、デジタルな体の一部となることが求められています。自律性の高度化に伴い、車室内は一人ひとりの同乗者に対しパーソナライズされたプライベートな体験を提供するプラットフォームへと変革する可能性が大きくなっています。

      没入感のある車室内での安全運転


      車のデジタル化と画面数の増加は徐々に進み、これに合わせて運転中の注意散漫の可能性も大きくなります。タッチスクリーンから音声制御への移行により、安全性を確保しながらより高度な技術を導入するバランスをどのように取るのかについて、詳細な情報が提供されるこの重要な会話をご覧ください。

      EVへの音声認識技術の展開における課題


      EVの車室内は、雑音が少なくなる一方、内燃機関に以前はかき消されていた他の雑音が聞こえるようになり、固有の環境が作り出されています。正確で信頼性のある音声制御システムをこのようなノイズ条件下で展開するには、音声の前処理、セキュリティ、認証、識別に対する特化したアプローチが必要になります。