VSC7158
searchIcon

VSC7158

強化型18-PHY 1.5Gbpsおよび3.0Gbps SASエッジ/ファンアウトエキスパンダ

すべて表示 showmore-icon

低コストシングルチップSASエッジ/ファンアウトエキスパンダ

製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

機能
  • SerDes内蔵、18のSASエキスパンダPHY
  • 各PHYは個別に1.5Gbpsまたは3.0Gbpsで動作可能
  • SASファンアウトまたはエッジエキスパンダとして構成可能
  • 非ブロッキングスイッチアーキテクチャ(任意のPHY間の接続)
  • 経路指定テーブル
  • イニシエータおよびターゲット機能を備えたSMPおよびSSP仮想PHY
  • ローカル制御およびSES機能用の組込みエンクロージャ管理プロセッサ
  • 4つの動作モード:パラレルマスタ、パラレルスレーブ、I²Cシリアルインタフェーススレーブ、およびSPI™マスタ
  • PHY速度の自動検出およびネゴシエーション
  • 内蔵のSTP/SATAブリッジ機能によってシリアルATAドライブをサポート(PHY当り1個)
  • プログラマブルな出力デエンファシスおよび入力信号イコライズレベル
  • 可変ワイドポート対応
追加の詳細
show more Icon

VSC7158は、18-PHYシリアル接続SCSI (SAS)エッジ/ファンアウトエキスパンダです。このデバイスは、エッジおよびファンアウトエキスパンダのANSI T10 Serial Attached SCSI 1.0および1.1規格に規定されたSASポート拡張を備えています。VSC7158は、ブレードサーバ、JBOD、およびRAIDシステムを含むミッドレンジおよびエンタプライズ向けストレージ環境の組込みアプリケーションをターゲットとしています。この製品は、現在パラレルSCSI技術を採用し、SCSI中心のアプリケーションソフトウェアや管理ソリューションに大きく依存しているこれらのシステムに対して、魅力的な技術アップグレードを提供します。

VSC7158は、高性能の内部非ブロッキングクロスバーマトリックスを介して接続する最大18個接続のPHYのアクティブポート拡張を提供します。

プログラマブル出力プリエンファシスと入力信号イコライゼーションによって、長い入出力ボックスのバックプレーンまたはケーブル構造での一貫した高い信号品質を保証します。

VSC7158の内蔵CPUは、SMP管理アプリケーションクライアントとして動作し、シリアルI²Cインタフェース、組込みEthernetコントローラ、またはベンダ固有のSMP実装を介してエンクロージャ管理機能に参加することができます。

VSC7158は、1.5Gbpsまたは3.0GbpsのSASエンタプライズサーバまたはJBODシステムの実装に必要なあらゆる機能を備えたSASエキスパンダです。このデバイスは通常、サーバまたは外部筐体内のディスクドライブアレイにSAS信号を分配する際に使用されます。一般的に、2つ以上の「イニシエータ」ポートがSAS SANに接続され、いくつかのディスクポートが3Gbpsシリアルバックプレーン経由でドライブに接続されます。この組込みエンクロージャ管理コントローラは、他のマキシムの管理コントローラとソフトウェア/ファームウェアと互換性を持ち、柔軟な低速インタフェースを介してVSC7158およびエンクロージャ全体の設定と監視を行います。

このSASエキスパンダデバイスは、18の10ビットシリアライザ/デシリアライザ(SerDes)によるPHYごとの診断機能、リタイミング弾性バッファ、ターゲット/イニシエータ機能を備えたSMP仮想PHYエンジン、ターゲット/イニシエータ機能を備えたSTP仮想PHYエンジン、複数のI²Cシリアルインタフェース、v3000 CPU、2つのUART、およびSGPIOを含む多種の汎用I/O (GPIO)で構成されています。各レシーバの受信データは監視され、8b/10b違反、データパスパリティエラー、ディスパリティエラー、CRCエラー、およびその他の多くの一般エラー状態がチェックされます。

VSC7158は、高性能特性、エキスパンダ/エンクロージャ管理、および既存のバックプレーンで3.0Gbps信号を駆動可能な業界最先端の高速入力/出力を提供する高集積ソリューションです。

マキシムのエンクロージャ管理コントローラをすでにご使用のお客様は、製品化期間と開発作業の短縮のために、前の製品からソフトウェアを再利用することができます。

アプリケーション

  • ブレードサーバ
  • ディスクベースのバックアップストレージ
  • エンタープライズストレージ環境
  • ファブリック接続型ストレージ(FAS)システム
  • 固定コンテンツストレージシステム
  • JBODアレイ
  • モジュラダイレクト接続ストレージ(DAS)
  • ニアラインストレージ代替システム
  • ネットワーク接続ストレージ(NAS)システム
  • RAID付きラックマウントサーバ
  • ストレージエリアネットワーク(SAN)アプライアンス
Complete documentation is available upon completion of a Non-Disclosure Agreement (NDA). To request an NDA, click here.

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

最近閲覧した製品