MAX5868
: 新規設計には非推奨
searchIcon
cartIcon

MAX5868

16ビット、5Gsps補間および変調RF DAC

すべて表示 showmore-icon

DCから2GHz以上、500MHzの瞬時帯域幅の直接RF合成

: 新規設計には非推奨 tooltip
: 新規設計には非推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格 最低価格:$108.07
特長
  • 通信用のダイレクトRF合成ソリューション
    • DAC出力更新レート:4.96Gsps
    • 高性能14ビットRF DACコア
    • デジタル直交モジュレータおよびNCO (分解能:1Hz/10Hz/100Hz/1kHz/10kHz)
    • 補間:4倍/5倍/6倍/8倍/10倍/12倍/16倍/20倍/24倍
    • 16ビット1240Mwps DDRパラレルLVDSデータバス
  • 高い柔軟性と設定能力
    • データバス:ワード、バイト、およびニブルモード
    • FPGAインタフェース用のリファレンスクロック出力
    • 複数DACの同期
    • デバイス設定用のSPIインタフェース
  • 低電力、小型ソリューション
    • 1.5W (fCLK = 5Gsps時)
    • 144ピンCSBGA (10mm x 10mm)
製品概要
show more Icon

高性能補間および変調16ビット5Gsps RF DACのMAX5868は、DC~2GHz以上の周波数、最大500MHzの瞬時帯域幅の直接合成が可能です。このデバイスはケーブルおよびデジタルビデオ放送アプリケーション用に最適化され、EPoC、DVB-T、DVB-T2、DVB-C2、ISDB-T、およびDOCSIS 3.0/3.1を含む広範な通信規格のスペクトルマスク要件に適合します。

このデバイスは、補間フィルタ、デジタル直交モジュレータ、数値制御発振器(NCO)、および14ビットRF DACコアを内蔵しています。ユーザー設定可能な4倍、5倍、6倍、8倍、10倍、12倍、16倍、20倍、または24倍、リニア位相補間フィルタは、FPGA/ASICに必要な入力データ帯域幅を低減します。NCOは、入力ベースバンド信号の完全なアジャイル変調を可能にし、ダイレクトRF合成を実現します。

MAX5868は、ソース同期式16ビットパラレルLVDSデータ入力インタフェースを内蔵しています。入力ベースバンドIおよびQ信号は、最大1240Gwps (IおよびQそれぞれ620Mwps)の倍速データレートクロック用に設定された1つのパラレル入力ポート上に時間インタリーブされます。このデバイスは、ワード(16ビット)、バイト(8ビット)、またはニブル(4ビット)モードのデータを受け付けます。入力データは、データとともに供給されるデータクロックに整列されます。入力FIFOは、入力インタフェースのタイミングをDAC更新クロックドメインから分離します。さらに、データ完全性を確保するためのパリティ入力およびパリティフラグ割込み出力が利用可能です。

MAX5868のクロック入力は柔軟なクロックインタフェースを備え、差動正弦波または方形波入力クロック信号を受け付けます。このデバイスは分周されたリファレンスクロックを出力し、入力ポートを駆動するFPGA/ASICとの同期を確保します。さらに、複数のデバイスを同期するための専用の入力および出力信号が提供されます。

MAX5868は、差動電流ステアリングアーキテクチャを使用し、50Ω負荷で0dBmフルスケール出力信号レベルを生成可能です。このデバイスは、1.8Vおよび1.0V電源で動作し、5Gsps時の消費電力は1.5Wです。このデバイスは小型144ピンCSBGAパッケージで提供され、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

アプリケーション

  • デジタルビデオ放送
  • ダウンストリームDOCSIS CMTS変調器
  • DVB-T/DVB-T2/DVB-C2/ISDB-T変調器
  • Ethernet PON over Coax (EPoC)

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格 最低価格:$108.07

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
MAX5868EXE+
  • HTML
  • HTML
評価用キット

評価用キット 1

MAX5868EVKIT

MAX5868の評価キット

zoom

MAX5868EVKIT

MAX5868の評価キット

MAX5868の評価キット

機能と利点

  • RF DACのMAX5868の性能、能力、および機能セットを評価
  • 単一入力電源電圧:3.3V
  • MAX2871 VCO/PLLを採用したクロック生成モジュール搭載
  • Xilinx® VC707データソースボードと直接インタフェース
  • Windows 7/10対応ソフトウェア
  • オプションのMAX5868のSPIインタフェース制御搭載
  • SMBusインタフェース制御搭載(温度センサーのMAX6654用)
  • 内蔵GUIによるVC707の動作の制御
  • 実証済み10層PCB設計
  • 完全実装および試験済み

製品の詳細

MAX5868の評価キット(EVキット)は、DC~2GHz以上の周波数、500MHzの瞬時帯域幅の直接合成が可能な高性能補間および変調16ビット、4.96Gspsデジタル-アナログコンバータ(DAC)のMAX5868を1つ搭載しています。このデバイスはケーブルアクセスおよびデジタルビデオ放送アプリケーション用に最適化され、EPoC、DVB-T、DVB-T2、DVB-C2、ISDB-T、およびDOCSIS 3.0/3.1を含む、広範な無線送信機およびモジュレータのスペクトル放射要件に適合しています。MAX5868のEVキットは、MAX5868デバイスの性能の評価、およびデジタルビデオソリューションの開発のための完全なシステムを提供します。

MAX5868は、ソース同期式16ビットパラレルLVDSデータ入力インタフェースを採用しています。入力ベースバンド IおよびQ信号は、最大1240Mwps (IおよびQそれぞれ620Mwps)の倍速データレートクロック用に設定された1つのパラレル入力ポート上に時間インタリーブされます。このデバイスは、ワード(16ビット)、バイト(8ビット)、またはニブル(4ビット)モードのデータを受け付けます。入力データは、データとともに供給されるデータクロックに整列されます。入力FIFOは、入力インタフェースのタイミングをDAC更新クロックドメインから分離します。さらに、データ完全性を確保するためのパリティ入力およびパリティフラグ割込み出力が利用可能です。

MAX5868のEVキットは、DAC更新クロック信号(CLKP/CLKN)を提供するPLL-VCO (MAX2871)も搭載しています。MAX5868EvkitSoftwareControllerは、MAX2871を100Msps~5Gspsの範囲の所望のDAC更新レートに設定するために必要なすべての制御を提供します。

このEVキットは簡素なグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を提供するWindows® 7/8/10対応ソフトウェアを含んでおり、SPIインタフェースを介したMAX5868の全レジスタの設定、Xilinx VC707 FPGAデータソースボードの制御、および温度の監視が可能です。

アプリケーション

  • デジタルビデオ放送
  • ダウンストリームDOCSIS CMTS変調器
  • DVB-T/DVB-T2/DVB-C2/ISDB-T変調器
  • Ethernet PON over Coax (EPoC)

最近閲覧した製品