MAX4822
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

MAX4822

高速リカバリタイムおよび省電力モード付き、+3.3V/+5V、8チャネル、リレードライバ

すべて表示 showmore-icon

ノンラッチングリレーまたはデュアルコイルラッチングリレー用オクタル(8回路)リレードライバ

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$2.99
特長
  • 内蔵のツェナーキックバック保護によって高速リカバリを実現
  • 設定可能な省電力モードによってリレーの消費電力を低減(MAX4822/MAX4824)
  • 10MHzのSPI/QSPI/MICROWIRE対応のシリアルインタフェース
  • 8個の独立した出力チャネル
  • +3Vおよび+5Vのリレーを駆動
  • 70mA (min)のコイル駆動電流を保証
  • 5Ω (max)のRONを保証
  • アクティブローSETおよびアクティブローRESET機能によって全出力を同時にオン/オフ
  • デイジーチェーン用シリアルディジタル出力
  • オプションのパラレルインタフェース(MAX4824/MAX4825)
  • 低自己消費電流:300µA (max)
  • 4mm x 4mmの省スペース20ピンTQFNパッケージ
製品概要
show more Icon

8チャネルリレードライバのMAX4822~MAX4825はキックバック保護を内蔵し、+3V/+5Vのノンラッチングまたはデュアルコイルラッチングリレーを駆動します。個別のオープンドレイン出力はそれぞれ2.7Ω (typ)のオン抵抗を備え、70mA (min)の負荷電流のシンクが保証されています。これらのデバイスの自己消費電流は300µA (max)を下回り、出力オフリーク電流は1µAです。ツェナーキックバック保護回路は、スイッチング速度が重要なアプリケーションで回復時間を大幅に短縮します。

MAX4822/MAX4824は独自の省電力モードを備え、このモードでは作動後のリレー電流を、リレー保持電流スレッショルドをわずかに上回るレベルまで低減することができます。このモードでは、消費電力を大幅に低減して、リレーを動作させます。

MAX4822/MAX4823は、10MHzのSPI™/QSPI™/MICROWIRE™対応シリアルインタフェースを備えています。アクティブローCSがローからハイに遷移するとき、入力データはシフトレジスタにシフトインされ、出力にラッチされます。シフトレジスタの各データビットは個別の出力に対応しているため、いずれの出力も個別に制御することができます。

MAX4824/MAX4825は、4ビットパラレル入力インタフェースを備えています。先頭の3つのビット(A0、A1、A2)は出力アドレスを設定し、4番目のビット(LVL)は選択した出力をオンとオフのどちらにするかを設定します。アクティブローCSがローからハイに遷移するとデータは出力にラッチされます。

MAX4822~MAX4825はセット/リセット機能を別に備えているため、単一制御ラインで同時に全出力をオンまたはオフにすることができます。全ディジタル入力に内蔵したヒステリシス(シュミットトリガ)によって、これらのデバイスをフォトカプラやRCによる起動初期化回路の信号などの低速立上りおよび立下り信号で使用することができます。MAX4822~MAX4825は、4mm x 4mmの省スペース20ピンTQFNパッケージで提供されます。これらのデバイスは、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

アプリケーション

  • ATE機器
  • DSL冗長保護(ADSL/VDSL/HDSL)
  • 産業用機器
  • T1/E1冗長保護
  • T3/E3冗長保護
  • 試験装置(オシロスコープ、スペクトラムアナライザ)

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$2.99

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
MAX4822ETP+
  • HTML
  • HTML
MAX4822ETP+T
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

6 20, 2016

- 1612

ASSEMBLY

MAX4822ETP+

製造中

MAX4822ETP+T

製造中

1 9, 2015

- 1481

WAFER FAB

MAX4822ETP+

製造中

MAX4822ETP+T

製造中

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

6 20, 2016

- 1612

arrow down

ASSEMBLY

MAX4822ETP+

製造中

MAX4822ETP+T

製造中

1 9, 2015

- 1481

arrow down

WAFER FAB

MAX4822ETP+

製造中

MAX4822ETP+T

製造中

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 2

reference details image

MAX4824PMB1

MAX4824PMB1ペリフェラルモジュール

zoom

MAX4824PMB1

MAX4824PMB1ペリフェラルモジュール

MAX4824PMB1ペリフェラルモジュール

機能と利点

  • 8つの独立した出力チャネルのシンク電流能力:70mA
  • 保証RON:5Ω (max)
  • 8つのリレー(または他の負荷)を独立して駆動
  • 4ビットパラレルインタフェース(ICのSPIバージョンも提供可能)
  • 12ピンPmod対応コネクタ(GPIO)
  • 移植しやすいCで記述したサンプルソフトウェア
  • RoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

製品の詳細

MAX4824PMB1ペリフェラルモジュールは、8チャネルリレードライバのMAX4824を、GPIO通信用に設定可能なPmod™対応拡張ポートを利用する任意のシステムとインタフェースするために必要なハードウェアを提供します。ICに内蔵の独立したチャネルは、それぞれ2.7Ω (typ)のオン抵抗を備え、70mA (min)の負荷電流のシンクが保証されています。ツェナーキックバック保護回路によって、スイッチング速度が重要なアプリケーションでの回復時間が大幅に短縮されます。リレーの駆動時、独自の省電力モードによってリレー電流を、リレー保持電流スレッショルドよりもわずかに上回るレベルまで低減することができます。このモードでは、消費電力を大幅に削減しながら、リレー動作を維持させます。

MAX4824 ICの動作についての詳細は、このICのデータシートを参照してください。

アプリケーション

  • ATE機器
  • 産業用アプリケーション
  • パワーメータ
  • 試験装置

MAXPMBAE

マキシムのペリフェラルモジュールのアナログエッセンシャルコレクション

zoom

MAXPMBAE

マキシムのペリフェラルモジュールのアナログエッセンシャルコレクション

マキシムのペリフェラルモジュールのアナログエッセンシャルコレクション

機能と利点

  • データコンバータ、インタフェース、クロック、センサーその他のモジュールを内蔵して多くの設計ニーズに対応
  • プラグインモジュールによって迅速なハードウェアプロトタイピングを実現
  • 実証済みソフトウェアドライバによって開発時間を短縮
  • 組込みのFPGAコンフィギュレーションファイルによって設計作業を簡素化

製品の詳細

マキシムのアナログエッセンシャルは、Digilent, Inc.が制定したPmod™規格に準拠する任意のFPGA/CPU拡張ポートに直接プラグインすることができるペリフェラルモジュールのコレクションです。このコレクションには、一般によく使用される多種多様なアナログおよびミックスドシグナル機能を備えたモジュールが含まれています。これらのモジュールは、3つの定評あるFPGAプラットフォーム(Avnet LX-9、Digilent Nexys 3、およびAvnet ZEDBoard)のFPGAコンフィギュレーションファイルが組み込まれたソフトウェアや各モジュールの実行と検証用のサンプルプログラムによってサポートされています。サンプルプログラムは、モジュールの機能を検証すると同時に、適切に分割されてドキュメントも用意されているため、コアルーチンをお客様のプログラムに容易にカット&ペーストすることができます。プラグインによる簡素性と扱いやすいソフトウェア統合の組合せによって、アイデアをプロトタイプ製作に迅速に移すことができます。

最近表示した製品