製品概要

機能と利点

  • 超高速性能および高速セトリング:
    • -3dB帯域幅:1GHz (MAX4223、利得 = +1)
    • -3dB帯域幅:600MHz (MAX4224、利得 = +2)
    • スルーレート:1700V/µs (MAX4224)
    • 0.1%セトリング時間:5ns (MAX4224)
  • 優秀なビデオ仕様(MAX4223):
    • 0.1dB利得平坦性:300MHz
    • DG/DPエラー:0.01%/0.02°
  • 低歪み:
    • THD:-60dBc (fC = 10MHz)
    • 3次インターセプト:42dBm (f = 30MHz)
  • 自己消費電流:6.0mA (回路当たり)
  • シャットダウンモード:
    • 消費電流:350µA (アンプ当たり)
    • 出力インピーダンス:100kΩ
  • 大出力駆動能力:
    • 出力電流:80mA
    • 優秀な微分利得/位相特性を維持しつつ、最大4つの逆終端75Ω負荷を±2.5Vまで駆動
  • パッケージ:小型6ピンSOT23および10ピンµMAX®

製品概要

MAX4223~MAX4228は、超高速性低歪みおよび優秀なビデオ仕様と低消費電力特性を兼ね備えた電流フィードバックアンプです。MAX4223/MAX4224/MAX4226/MAX4228は、シャットダウン機能により消費電流が350µAに低減され、出力がハイインピーダンス状態になります。±2.85V~±5.5Vデュアル電源で動作し、標準出力電流は80mAとなっています。MAX4223/MAX4225/MAX4226は閉ループ利得+1 (0dB)以上用に最適化されており、-3dB帯域幅は1GHzです。MAX4224/MAX4227/MAX4228は閉ループ利得+2 (6dB)以上用に補償されており、-3dB帯域幅は600MHzです(利得帯域幅積は1.2GHz)。

MAX4223~MAX4228は微分利得/位相エラーが0.01%/0.02°、0.1dB利得平坦性が300MHz、スルーレートが1100V/µsという性能を備えているため、プロ用のビデオアプリケーションに最適です。-60dBc (10MHz)の全高調波歪み(THD)と8nsの0.1%セトリング時間は、データ通信および高速A/Dコンバータの入力の駆動に最適です。MAX4223/MAX4224/MAX4226/MAX4228の低電力シャットダウンモードは、ポータブルおよびバッテリ駆動アプリケーションに適しています。シャットダウンモード時のハイインピーダンス出力は、多重化アプリケーションに最適です。

シングルMAX4223/MAX4224は、省スペース6ピンSOT23パッケージで提供されています。いずれも温度範囲は拡張(-40℃~+85℃)のものが用意されています。

アプリケーション

  • ADC入力バッファ
  • データ通信
  • RFレシーバ
  • ビデオラインドライバ
  • ビデオ多重化

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明