製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • パワーアップ/ダウン時の低過渡:7mV (typ) (59dBmV出力時)
  • 単一電源:+5V
  • 出力レベル範囲:<8dBmV~64dBmV
  • 1dBステップのプログラマブル利得
  • 低送信出力ノイズフロア:-47dBmV (160kHz BW)
  • 低送信ディセーブル出力ノイズ:-70dBmV
  • 2つのパワーダウンモード
製品概要
show more Icon

MAX3510は、CATVアップストリームアプリケーション用のプログラマブルパワーアンプです。本デバイスは、2:1 (電圧比)トランスを通じて最大64dBmV (連続波)を出力します。また、3線式デジタルシリアルバスによる可変利得を特長とします。利得は1dBステップで制御できます。動作周波数範囲は、5MHz~65MHzとなっています。

MAX3510は、TDMA機器のバースト間でデバイスをハイアイソレーション状態にする送信ディセーブルモードを提供します。このモードでは出力段がオフになり、出力ノイズが最小になります。送信ディセーブルモードへの入出時の過渡は、最大利得時で7mV以下です。また、消費電流は25mAに低減します。

パワーダウンモードは2つあります。ソフトウェアシャットダウンモードでは指定した利得設定を維持しつつ、すべてのアナログ回路をパワーダウンできます。シャットダウンモードは全ての回路をディセーブルし、消費電流を10µA以下に抑えます。

MAX3510は20ピンQSOPパッケージで提供されており、温度範囲は拡張工業用(-40℃~+85℃)のものが用意されています。

アプリケーション

  • ケーブルモデム
  • ケーブルテレビセットトップボックス
  • CATVステータスモニタ
  • ケーブルを用いた通話システム

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

最近閲覧した製品