製品概要

機能と利点

  • 動作電圧:+3.3Vまたは+5V
  • 入力:+28V~-16V耐圧
  • 広いコモンモード入力範囲:-5V~+11.5V
  • 完全差動入力:7VRMS (max)
  • 擬似差動入力:3.5VRMS (max)
  • オーディオプレゼンス検出
  • ジャック検出
  • 診断機能
  • ゼロクロス検出を備えた可変利得
  • I²C制御インタフェース
  • 車載グレードESD保護
    • ISO 10605 ±15kV気中
    • ±8kV接触放電

製品概要

MAX13335E/MAX13336Eは、オーディオレベル検出および/またはジャック検出機能が要求される車載アプリケーション用に設計されたハイファイステレオオーディオ入力アンプです。

これらのデバイスは、デュアルチャネル、低ノイズ、可変利得アンプを特長とし、I²Cインタフェースを介して制御される診断能力を備えた完全差動および擬似差動入力信号を許容します。これらのデバイスのオーディオレシーバは、オーディオトランスミッタのMAX13325/MAX13326とのペア構成も可能で、車載システムの完全差動オーディオリンクを形成することができます。

デバイスの各チャネルは、高いコモンモード除去比(CMRR) (80dB)を備えており、車載環境で大きなコモンモードノイズが存在する場合にもオーディオ信号の再生を可能にします。内蔵の可変利得アンプは、ゼロクロス検出を備え-14dB~+16dB (MAX13335E)、および-22dB~+8dB (MAX13336E)に調整可能で、最適な出力信号レベルを提供しヒュッという雑音抑えることができます。ジャック検出機能の実行、またはバッテリへの短絡、グランドへの短絡、オープン負荷、およびチャネル間の短絡を検出するために、柔軟な外部診断入力を構成することができます。

オーディオ入力は、ISO 10605 ±15kV気中、および±8kV接触放電ESDパルスから保護されます。いずれのデバイスも、-40℃~+105℃の動作温度範囲を備え、16ピンQSOPパッケージで提供されます。

アプリケーション

  • 車載用テレマティクス
  • 接続モジュール
  • ラジオヘッドユニット
  • RSA/RSE

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット (1)

ツールおよびシミュレーション

Software Development

おすすめ製品

MAX13335E コンパニオン製品

推奨関連製品 推奨関連製品

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

サンプル&購入


ご注文に関するFAQ


オンライン注文や支払い方法などに関する質問については、 ご注文に関するFAQをご覧ください。

 

購入価格


(**) 表示されている価格と価格範囲は、少量の注文に基づくものです。

 

リスト価格


(*)価格は1Ku当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店. または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

サンプル請求について


上記の「サンプル注文」ボタンをクリックすると、サードパーティのADIサンプルサイトにリダイレクトされます。選択された部品は、ログイン後、当サイトのカートに引き継がれます。当サイトを利用したことがない場合は、新規にアカウントを作成してください。サンプルサイトに関するご質問は、 カスタマーサービスへお問合せ ください。

 

モデル一覧の項目説明