MAX11125
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

MAX11125

1Msps、低電力、シリアル12/10/8ビット、4/8/16チャネルADC

すべて表示 showmore-icon

1Msps、マルチチャネルSAR ADCのピン/ソフトウェアコンパチブルファミリ、外付けリファレンス、1MHzフルリニア帯域幅、およびSPIインタフェース、豊富な機能セットを提供

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$3.50
機能
  • スキャンモード、内部平均化、および内部クロック
  • 16エントリのファーストイン/ファーストアウト(FIFO)
  • SampleSet:最大長256のユーザー定義のチャネルシーケンス
  • 真の差動トラック/ホールドを備えたアナログマルチプレクサ
    • 16/8/4チャネルのシングルエンド
    • 8/4/2チャネルの完全差動ペア
    • 1つの共通入力に対して15/8/4チャネルの擬似差動
  • 2つのソフトウェア選択可能なバイポーラ入力範囲
    • ±VREF+/2、±VREF+
  • 全チャネルでフレキシブルな入力設定
  • 高精度
    • ±1 LSB INL、±1 LSB DNL、ミッシングコードなし(全温度範囲)
  • 70dB SINAD保証(250kHz入力周波数時)
  • 広いI/O電源範囲:1.5V~3.6V
    • シリアルインタフェースを1.8V、2.5V、または3.3Vデジタルシステムに直接接続が可能
  • 電源電圧:2.35V~3.6V
  • ポータブルアプリケーション用でのバッテリ寿命を延長
    • 低電力
    • 5.4mW (3V電源で1Mspsの場合)
    • 完全シャットダウン電流:2µA
  • 外部差動リファレンス:1V~VDD
  • 16MHz、3線式、SPI/QSPI/MICROWIRE/DSP対応シリアルインタフェース
  • 広い動作温度:-40℃~+125℃
  • 省スペース28ピンTQFNパッケージ(5mm × 5mm)
  • 1Msps変換レート、パイプライン遅延なし
  • 12/10/8ビット分解能
  • AECQ-100認定バージョンあり(MAX11128ATI/V+)
製品概要
show more Icon

MAX11120~MAX11128は、外部リファレンスと業界最先端の1.5MHz完全リニア帯域幅を備えた、12/10/8ビット、高速、低電力、シリアル出力逐次比較型(SAR)アナログ-デジタルコンバータ(ADC)です。MAX11120~MAX11128は、内部および外部クロックモードの両方を備えています。これらのデバイスは、内部および外部クロックモードのいずれもスキャンモードを備えています。内部クロックモードは、内部平均化を特長とし、SN比が向上します。外部クロックモードは、ユーザープログラム可能なアナログ入力チャネルシーケンサであるSampleSet™技術を特長とします。SampleSet方式は、マルチチャネルアプリケーションのシーケンスフレキシビリティを高めるとともに、マイクロコントローラまたはDSP (制御ユニット)の通信オーバーヘッドを大幅に軽減します。

内部クロックモードは、データを高速サンプリングし格納して随時またはより低いクロック速度で読取り可能にするFIFOを内蔵しています。内部平均化もこのモードでサポートされ、ノイズの多い入力信号のSN比を向上します。これらのデバイスは、シングルエンド入力、完全差動ペア、または1つの共通入力を基準とする擬似差動入力に構成することができるアナログ入力チャネルを備えています。MAX11120~MAX11128は、2.35V~3.6Vの電源で動作し、消費電力は、1Mspsでわずか5.4mWとなります。

MAX11120~MAX11128は、AutoShutdown™、高速ウェイクアップ、および高速3線式シリアルインタフェースを備えています。これらのデバイスは、最適なパワーマネージメント用のフルパワーダウンモードを特長とします。

16MHz、3線式シリアルインタフェースは、外部ロジックなしでSPI、QSPI™、およびMICROWIRE™デバイスに直接接続します。

優れたダイナミック性能、低電圧、低電力、使いやすさ、および小型パッケージサイズによって、これらのコンバータは、ポータブルのバッテリ駆動データ収集アプリケーションや、低消費電力と小型スペースを要求するその他のアプリケーションに最適です。

MAX11120~MAX11128は、28ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)で提供され、-40℃~+125℃の温度範囲で動作します。

アプリケーション

  • バッテリ駆動機器
  • 高速閉ループシステム
  • 高速データ収集システム
  • 産業用制御システム
  • 医療用計測
  • ポータブルシステム

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$3.50

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
MAX11125ATI+
  • HTML
  • HTML
MAX11125ATI+T
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

必要なソフトウェア/ドライバが見つかりませんか?

ドライバ/ソフトウェアをリクエスト
ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 1

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 1

MAXREFDES77 Connected to Munich Board

Dual-Channel Current Sense Peripheral Module

zoomopens a dialog

MAXREFDES77

Dual-Channel Current Sense Peripheral Module

Dual-Channel Current Sense Peripheral Module

機能と利点

  • 2.7V to 76V Input Common Mode
  • Low 12μV (max) Input Offset Voltage
  • Low 0.1% (max) Gain Error
  • Gain = 20V/V and 100V/V
  • RoHS Compliant
  • Proven PCB Layout
  • Fully Assembled and Tested
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

460.94 K

最近閲覧した製品