製品概要

機能と利点

  • LTC1321: 2-EIA562/RS232トランシーバ/2-RS485トランシーバ 
  • LTC1322: 4-EIA562/RS232トランシーバ/2-RS485トランシーバ 
  • LTC1335: 4-EIA562トランシーバ/OE付き2-RS485トランシーバ 
  • LTC1321/LTC1322はSP301/SP302と同じピン配列 
  • LTC1335のレシーバは3ステート出力 
  • 低消費電流: 1mA(TYP) 
  • シャットダウン時の消費電流: 15μA 
  • EIA/TIA-562またはRS232モードで120kボー 
  • RS485/RS422モードで10Mボー 
  • ループバック・モードでのセルフテスト可能 
  • パワーアップ/パワーダウン時に出力にグリッチが生じない 
  • 3ステート、シャットダウン、電源オフでドライバはハイ・インピーダンス状態を維持 
  • サーマル・シャットダウン保護 
  • I/Oラインの耐圧: ±25V 
  • 10kVのくり返しESDパルスに耐える 

製品概要

LTC1321/LTC1322/LTC1335は低消費電力のCMOS双方向トランシーバで、それぞれ2つの再構成可能なインタフェース・ポートを備えています。各ポートを2つのRS485差動ポート、2つのシングルエンド・ポート、または1つのRS485差動ポートおよび1つのシングルエンド・ポートとして構成することができます。LTC1321/LTC1322はRS232またはEIA562準拠のシングルエンド出力を提供でき、LTC1335はEIA562準拠の出力を提供するほか出力イネーブル・ピンを備えているため、レシーバの論理レベル出力を3ステートにできます。

RS232/EIA562トランシーバは最大120kボーの速度で動作し、EIA/TIA-562規格に完全に準拠しています。RS485トランシーバは最大10Mボーの速度で動作し、RS485およびRS422規格に完全に準拠しています。すべてのインタフェース・ドライバが短絡およびサーマル・シャットダウン保護機能を備えています。イネーブル・ピンによって、RS485ドライバ出力がハイ・インピーダンスになり、出力が電源レールを越えたり電源がオフのときでもハイ・インピーダンス状態が維持されます。ドライバ出力とレシーバ入力の両方とも±10kVのESDに対して保護されています。ループバック・モードはセルフ診断テストのためにドライバ出力をレシーバ入力に戻して接続します。

LTC1321/LTC1322は、6.5V DD EE>/= -10Vのときに、RS232電圧レベルをサポート可能です。LTC1335はレシーバ出力イネーブルをサポートしますが、RS232レベルはサポートしていません。シャットダウン・モードではIMCC消費電流が15μAに低減されます。 


アプリケーション

  • 低消費電力RS485/RS422/EIA562/RS232インタフェース 
  • ケーブル中継器 
  • レベル変換器 

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

おすすめ製品

LTC1322 互換製品

推奨製品 Related Parts

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明