LT8391D
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

LT8391D

60V、同期整流式4スイッチ昇降圧LEDドライバ・コントローラ

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$3.24
機能
  • 4スイッチの単一インダクタ・アーキテクチャにより、VOUTよりも大きい、小さい、または等しいVINで動作
  • 同期スイッチ:最大効率98%
  • 独自のピーク降圧、ピーク昇圧電流モード
  • 広いVIN範囲:4V~60V
  • 広いVOUT範囲:0V~60V
  • ±4%のLED電流精度
  • 降圧または昇圧モードで上側MOSFETのリフレッシュ・ノイズなし
  • 調整可能な周波数:150kHz~650kHz
  • フリッカを防止するスペクトラム拡散により、低EMIを実現
  • 故障通知機能により、LEDの断線/短絡から保護
  • オートモーティブ・アプリケーション向けのAEC-Q100に適合
追加の詳細
show more Icon

4スイッチ同期整流式昇降圧LEDコントローラLT8391Dは、出力電圧より高い/低い/等しい入力電圧のLED電流を安定化させます。独自のピーク降圧、ピーク昇圧電流モード制御方式により、調整可能な150kHz~650kHz固定周波数動作、または低EMI向けに内部±15%三角波スペクトラム拡散動作が可能です。4V~60Vの入力、0V~60Vの出力と、動作領域間のシームレスな低ノイズの遷移により、LT8391Dはオートモーティブ、産業用、バッテリ駆動システム用のLEDドライバ・アプリケーションに最適です。

LT8391DはLED電流のPWM調光機能を実現し、オプションのローサイドNMOSスイッチも利用できます。CTRLピンでは、100mVのフルスケールで±4%のLED電流精度により、フレキシブルな20:1のアナログ調光を行います。LT8391Dの再試行、ラッチオフ、または動作中にLEDの断線または短絡状態を検知する、保護機能を備えています。

アプリケーション

  • 自動車のヘッド・ライト/ランニング・ライト
  • 高周波LED照明

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$3.24

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
LT8391DJUFDM#WPBF
  • HTML
  • HTML
LT8391DJUFDM#WTRPBF
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

reference details image

EVAL-LT8391D-AZ

LT8391D | 6V~45V入力、最大50VのLEDに対応、同期4スイッチ昇降圧LEDドライバ

zoom

EVAL-LT8391D-AZ

LT8391D | 6V~45V入力、最大50VのLEDに対応、同期4スイッチ昇降圧LEDドライバ

LT8391D | 6V~45V入力、最大50VのLEDに対応、同期4スイッチ昇降圧LEDドライバ

製品の詳細

評価回路EVAL-LT8391D-AZは、LT8391Dを搭載した4スイッチ同期昇降圧LEDドライバです。VINが6V~45Vの場合に、最大1.5A、最大50Vで1列のLEDを駆動します。EVAL-LT8391D-AZは400kHzのスイッチング周波数で動作し、効率は97%超です。この製品には、最適化されたレイアウト、スペクトラム拡散周波数変調(SSFM)、入力EMIフィルタなどの低EMI機能が備わっています。SSFMは、シンプルなジャンパで有効または無効にできます。

LT8391Dは4スイッチ昇降圧コントローラであり、LT8391ファミリの新しいメンバーです(ユーザ・ガイドの表1を参照)。入力電圧範囲は4V~60Vで、出力電圧範囲は0V~60Vです。入力低電圧ロックアウト(UVLO)を採用しており、これを使用してコントローラを有効または無効にすることができます。出力側では、LEDの断線、短絡両方の状態から保護されています。

LT8391Dのスイッチング周波数は150kHz~650kHzで調整可能です。外部PWM信号を使用してPWM調光することが可能です。PWM調光と、固定周波数またはSSFMのどちらかを組み合わせて使用して実行する場合、動作中のフリッカを防止するために内部発振器が自らをPWM信号に整合させます。EVAL-LT8391D-AZでは、PWMピンは100kの抵抗を介してINTVCCにプルアップされます。したがって、外部PWM信号を使用しない場合、LEDストリングは100% ONになります。制御ピン(CTRL)の制御電圧でアナログ調光もできます。

EVAL-LT8391D-AZは、LT8391Dの5Vゲート・ドライブを補償して高効率を実現する複数のMOSFETを備えています。4スイッチ・トポロジで使用されているすべてのMOSFETは、60V定格であり、AEC-Q100認定済みです。セラミック・コンデンサは、小型で大きなリップル電流でも優れた機能を発揮するため、入出力の両方の側に使用されています。セラミック・コンデンサに加えて、入出力過渡の効果を低減するために、入力側には1個のアルミニウム電解コンデンサもあります。

LED電流向けの検出抵抗を、ハイサイド(LED+)またはローサイド(GND)に配置することもできます。ハイサイド検出抵抗により、LED–はGNDに直接接続されています。これにより、オートモーティブまたは類似のアプリケーションで、LEDストリングに対する1線式(LED+)のみで動作させ、シャーシ・グラウンドをリターン・パスとして使用することができます。LT8391Dは、ハイサイド検出抵抗を使用する場合、±4%の電流レギュレーション精度をサポートします。ローサイド検出抵抗を使用すると、最も精度の高いLED電流レギュレーションを実現できます。EVAL-LT8391D-AZは、ハイサイドとローサイド両方の検出抵抗を実装しており、ハイサイド検出抵抗をデフォルトとし、ローサイド検出抵抗をオプションにしています。

LT8391Dのデータシートには、部品、動作、および用途の詳細が記載されています。評価用回路EVAL-LT8391D-AZを使用する際は、ユーザ・ガイドと併せてLT8391Dのデータシートを参照してください。LT8391DJUFDMは、熱強化型GNDパッドが付いた28ピン・プラスチック4mm × 5mm LQFNパッケージとして組み立てられています。最大の熱性能とEMI性能を得るため、ボードを適切にレイアウトすることは不可欠です。最上層のレイアウト、内層のパターン、グラウンディングなどの詳細については、評価用キットの設計ファイルを参照してください。

この評価用ボードの優れたEMI性能については、ユーザ・ガイドの「Emission Results(EMIの結果)」セクションを参照してください。

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 1

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

最近閲覧した製品