LT8334
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

LT8334

5A、40Vスイッチ内蔵の低IQブースト/SEPIC/反転型コンバータ

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$1.80
特長
  • 広い入力電圧範囲:2.8V~40V
  • 超低静止電流および低リップル・バースト・モード®動作:IQ = 9μA
  • 5A、40V電源スイッチ
  • 単一帰還ピンを持つプラスまたはマイナスの出力電圧プログラミング
  • プログラマブルな周波数(300kHz~2MHz)
  • 外部クロックに同期可能
  • 低EMI向けスペクトラム拡散周波数変調
  • 高効率のBIASピン
  • プログラマブル低電圧ロックアウト(UVLO)
  • 過電流および過熱からの保護
  • 熱特性が改善された12ピン4mm × 3mm DFN
製品概要
show more Icon

LT8334は、2.8V~40Vの入力で動作する5A、40Vスイッチを内蔵した電流モードDC/DCコンバータです。独特の単一帰還ピン構造により、ブースト/SEPIC/反転構成が可能です。バースト・モードの動作は、わずか9μAの静止電流しか消費せず、通常の出力リップルを15mV未満に維持したまま、非常に低い出力電流で高い効率を維持します。

外部補償ピンは、広い範囲の入出力電圧と300kHzと2MHzの間でプログラマブルなスイッチング周波数において帰還帯域幅の最適化を可能にします。SYNC/MODEピンは、外部クロックへの同期を可能にします。低EMI向けスペクトラム拡散周波数変調による動作のバースト・モードとパルス・スキップ・モードの選択にも使用できます。効率性を高めるため、BIASピンはINTVCCレギュレータに供給する二次入力を受け入れることができます。追加機能には、周波数フォールドバックや、スタートアップ時にインダクタ電流を制御するプログラマブルなソフト・スタートがあります。

LT8334は、熱強化型12ピン4mm × 3mm DFNパッケージを採用しています。

アプリケーション

  • 工業用、オートモーティブ
  • テレコム
  • 医療診断機器
  • ポータブル機器

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$1.80

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
LT8334RDE#PBF
  • HTML
  • HTML
LT8334RDE#TRPBF
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

reference details image

EVAL-LT8334-AZ

LT8334 | 5A、40Vスイッチ内蔵の低IQブースト/SEPIC/反転型コンバータ

zoom

EVAL-LT8334-AZ

LT8334 | 5A、40Vスイッチ内蔵の低IQブースト/SEPIC/反転型コンバータ

LT8334 | 5A、40Vスイッチ内蔵の低IQブースト/SEPIC/反転型コンバータ

製品の詳細

評価用回路EVAL-LT8334-AZは、SEPIC構成のLT8334を採用しています。スイッチング周波数2MHzで動作し、3V~26Vの電源を12Vの出力に変換するように設計されています。コンバータは、入力電圧に応じて最大2.2Aの電流を出力できます(最大出力電流とVINの関係を示すグラフはユーザ・ガイドの図3を参照)。

この評価用回路は、スペクトラム拡散周波数変調(SSFM)機能、EMIフィルタ、最適なEMI性能を実現するオプションのEMIシールド用のスペースを備えています。EMI性能を高め、ソリューション・サイズを小型化するため、PCBレイアウトを最適化しています。SYNCピンの動作モードを自由に選択できるよう、この評価用ボードには選択用ジャンパJP1が設けられています。軽負荷時には、効率を高めるために、パルス・スキップ・モードまたは低リップルのバースト・モードを選択できます。

LT8334ブースト/SEPIC/反転型コンバータICは、2.8V~40Vの入力範囲で動作し、オートモーティブ、テレコム、および産業アプリケーションに適しています。このコンバータは、SSFMオプションを使って300kHz~2MHzの調整可能かつ位相同期可能な動作を実現します。LT8334には、ソフト・スタート、バイアス・ピン、入力の低電圧ロックアウトなど、その他のよく利用される機能が搭載されています。このICは、静止電流がバースト・モードで最小9μA、シャットダウン・モードで1μAと低く、バッテリ駆動のシステムに最適です。LT8334は、熱強化型の12ピン4mm × 3mm DFNパッケージにまとめられています。

データシートには、デバイス、動作、および用途の詳細が記載されています。このデータシートは必ず、EVAL-LT8334-AZ用デモ・マニュアルと併せて参照してください。

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 1

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

LTspiceデモ用回路集の実行方法

ステップ1: LTSpiceをダウンロードし、インストールしてください。

ステップ2: 下のセクションのリンクをクリックし、デモ用回路をダウンロードしてください。

ステップ3: 下のリンクをクリックしてもLTSpice が自動的に開かない場合は、リンクを右クリックし、“Save Target As”(対象をファイルに保存)を選択する方法でもシミュレーションを実行できます。ファイルを保存したら、LTSpiceを起動し、"File"メニューから"Open"を選択してデモ用回路を開いてください。

最近閲覧した製品