製品概要

機能と利点

  • 入力同相範囲に両レールを含む 
  • レール・トゥ・レール出力振幅 
  • 低入力オフセット電圧: 150μV 
  • 高同相除去比: 90dB 
  • 高AVOL: 1V/μV(最小、10kΩ負荷ドライブ時) 
  • 低入力バイアス電流: 10nA 
  • 広い電源範囲: 1.8Vから ±15V 
  • 低電源電流: 375μA/アンプ 
  • 高出力ドライブ: 30mA 
  • 利得・バンド幅積: 400kHz 
  • スルーレート: 0.13V/μs 
  • 最大1000pFの容量性負荷で安定動作

製品概要

LT1366/LT1367/LT1368/LT1369は、デュアルおよびクワッドのバイポーラ・オペアンプで、高精度仕様のレール・トゥ・レール入力および出力動作が可能です。これらのオペアンプは、1.8Vから36Vの全電源電圧範囲で特性を維持します。動作は3V、5V、および±15V電源で規定されています。入力オフセット電圧は標準150μV、開ループ利得AVOLは100万倍で、10k負荷のドライブが可能です。同相除去は、全レール・トゥ・レール入力範囲において標準90dB、電源電圧除去は110dBです。

LT1366/LT1367は従来式の補償方法を採用しており、1000pF以下の容量性負荷に対する安定性が保証されています。LT1368/LT1369も補償されていますが、0.1μFの出力コンデンサが必要であり、それによって電源電圧除去が向上し、高周波数での出力インピーダンスが低下します。出力コンデンサのフィルタリング作用によって高周波数ノイズが低減されるため、A/Dコンバータをドライブする際に有用です。

LT1366/LT1368は、標準デュアル・オペアンプ・ピン配置のプラスチック8ピンPDIPパッケージ、および8リードSOパッケージで供給されます。LT1367/LT1369は標準クワッド・ピン配置の14ピン・プラスチックSOパッケージで供給されます。これらのデバイスは、多くの標準オペアンプのプラグイン互換品として使用し、入力/出力範囲と精度を改善することができます。


アプリケーション

  • レール・トゥ・レール・バッファ・アンプ 
  • 低電圧信号処理 
  • 一方のレールでの電源電流センシング 
  • A/Dコンバータのドライブ 

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

ツール

LTspice

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

LTspice

下記製品はLTspiceで使用することが出来ます。:

LT1368

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ディスカッション

LT1368 探していたものは見つかりませんでしたか? » 是非アナログ・コミュニティ(英語)を覗いてみて下さい»

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明