DS33X161
searchIcon

DS33X161

Ethernet over PDHマッピングデバイス

すべて表示 showmore-icon

業界初、400Mbpsを超えるスループットで最大16のT1/E1または最大8つのDS3をサポートするキャリアイーサネットデバイス

製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

機能
  • 自動ネゴシエーションおよびフロー制御を備えた10/100/1000 IEEE 802.3 MAC (MII/RMII/GMII)
  • GFP-F/LAPS/HDLC/cHDLCカプセル化
  • 最大16のリンクに対応するVCAT/LCASリンクの集合
  • 最大200msの差動遅延をサポート
  • QoS (サービス品質)をサポート
  • VLAN、Q-in-Q、802.1p、およびDSCPをサポート
  • Ethernetのブリッジおよびフィルタリング
  • µPインタフェースからOAMフレームを追加/ドロップ
  • CIR/CBSポリシーによるトラフィックの構築
  • 外付け256Mbの125MHz DDR SDRAMバッファ
  • パラレルおよびSPI™によるマイクロプロセッサインタフェース
  • 電源:1.8V、2.5V、3.3V
  • IEEE 1149.1 JTAG対応
追加の詳細
show more Icon

DS33X162ファミリの半導体デバイスは、PDH/TDMデータストリームによる伝送用にGFP-F、HDLC、cHDLC、またはX.86 (LAPS)でMACフレームをカプセル化することによって、10/100/1000Mbps Ethernet LANセグメントを拡張します。これらのデバイスは、eLAN、eLINE、およびVLANを含む、Ethernet Access Serviceの配信用のEthernet over PDH (EoPDH)規格に対応しています。 これらのマルチポートデバイスは、ダイナミックリンク集合用のVCAT/LCASをサポートします。シリアルリンクは、xDSL、T1/E1/J1、T3/E3、またはV.35/Opticalによる最大52Mbpsの双方向同期相互接続をサポートします。

これらのデバイスは、Ethernetのトラフィック調整とブリッジ機能によってフレームの蓄積および転送をワイヤ速度で実行します。分類、優先キューイング、カプセル化、およびバンドリングのプログラマビリティによって、さまざまなEthernetサービスを提供する上で大きなフレキシビリティが得られます。OAMフローは、外部プロセッサによって抽出および挿入され、Ethernetサービスを管理することができます。

DS33W41およびDS33W11の音声ポートは、統合された音声およびデータのサービスアプリケーション用外部コーデックに容易に接続されます。

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

DS33X162DK

DS33X162のデモキット

zoom

DS33X162DK

DS33X162のデモキット

DS33X162のデモキット

機能と利点

  • DS33X162のEthernetトランスポートチップセットの主要機能を検証
  • T1/E1トランシーバのDS26528、T3/E3トランシーバのDS3174、トランス、BNC、およびRJ48ネットワークコネクタ/終端を搭載
  • 10/100およびギガビットモード対応のEthernet PHYを搭載
  • ハードウェアおよびソフトウェアモードをサポート
  • 搭載されたMMC2107プロセッサおよびChipViewソフトウェアによってDS33X162、DS26528、DS3174、およびPHYのレジスタにポイントアンドクリックアクセス可能
  • 外部データのソース/シンク用にすべてのDS33X162インタフェース端子に容易にアクセス可能
  • ロスオブシグナル、Ethernetリンク、Tx/Rx、および割込みステータスを表示するLED
  • 読みやすいシルクスクリーンラベルによって、あらゆるコネクタ、ジャンパ、およびLEDに関する信号を識別

製品の詳細

DS33X162のデモキット(DK)は、Ethernet over PDHデバイスのDS33X162用の使いやすい評価ボードです。このデモキットは、T3/E3またはT1/E1シリアルリンクのオプションを備えています。すべてのシリアルリンクは、ラインインタフェース、トランス、およびネットワーク接続を完備しています。マキシムのChipViewソフトウェアがこのデモキットに同梱されているため、Windows®ベースのPCから設定レジスタとステータスレジスタにポイントアンドクリックでアクセスすることができます。

搭載されたLEDは、受信のロスオブシグナル、キューオーバーフロー、Ethernetリンク、Tx/Rx、および割込みステータスを表示します。

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 1

最近閲覧した製品