ADUCM330
: 製造中止
searchIcon
cartIcon

ADUCM330

車載用高精度統合バッテリー・センサー

すべて表示 showmore-icon

: 製造中止 tooltip
: 製造中止 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

機能
  • 高精度A/Dコンバータ(ADC)
  • 2チャンネル、同時サンプリング
    I-ADC 20ビットΣ-Δ(レンジ切り替えを最小限にする)
    V/T ADC 20ビットΣ-Δ
  • 1 Hz~8 kHzの範囲でプログラム可能なADC変換レート
  • ±5 ppm/℃のリファレンス電圧を内蔵
  • 電流チャンネル
    フル差動のバッファ付き入力
    プログラマブル・ゲイン:4~512
    ADC絶対入力範囲:-200 mV~+300 mV
    電流アキュムレータ機能付きのデジタル・コンパレータ
  • 電圧チャンネル
    12 Vバッテリ入力用のバッファ付き減衰器を内蔵
  • 温度チャンネル
    外付けと内蔵の温度センサー・オプション
  • マイクロコントローラ
    ARM Cortex-M3 32ビットプロセッサ
    1%精度の16.384 MHz高精度発信器
    コードのダウンロードとデバッグをサポートするシリアル・ワイヤ・ダウンロード(SWD)ポート
  • 車載用に認定されたローカル・インターコネクト・ネットワーク(LIN)トランシーバを内蔵
    LIN 2.2互換のスレーブ、100kの高速ダウンロード・オプション
    SAE J-2602互換のスレーブ
    低電磁放射(EME)
    高電磁耐性(EMI)

    詳細はデータシートをご参照ください。
追加の詳細
show more Icon

ADuCM330は全機能内蔵の8 kSPSデータ・アクイジション・システムで、デュアル高性能マルチ・チャンネルΣ-ΔADC、32ビットARM Cortex™-M3プロセッサ、フラッシュが組み込まれています。ADuCM330は96 kBのプログラム・フラッシュと4 kBのデータ・フラッシュも内蔵しています。ADuCM330は、12 V車載アプリケーションのバッテリ・モニタに対して完璧なシステム・ソリューションです。このデバイスは、広範囲な動作条件にわたるバッテリ電流、電圧、温度を含む12 Vバッテリのパラメータを正確かつインテリジェントにモニタ、処理、診断するために必要なすべての機能を内蔵しています。 

この製品は、外付けシステム部品数を最小にするため、12 Vバッテリから直接電源を得ます。内蔵のロー・ドロップアウト・レギュレータは、2個の内蔵Σ-Δ ADC向けに電源電圧を発生します。ADCは正確にバッテリの電流、電圧、温度を測定して、自動車バッテリの正常状態と充電状態を特性化します。 

デバイスはシステム・クロックを供給する内蔵の16.384 MHz高周波数発信器で動作します。このクロックはプログラマブルなクロック分周器を介して分配され、この分周器からコア・クロック動作周波数が生成されます。デバイスには低消費電力動作向けに32 kHz発信器も含まれています。 

アナログのサブシステムは各種電流範囲、電圧範囲の監視を可能にするプログラマブル・ゲイン・アンプ(PGA)付きADCで構成されています。アナログ・サブシステムには高精度オンチップ・リファレンスも含まれています。ADuCM330はさまざまなオンチップ周辺回路を集積しており、それらはコア・ソフトウェアの制御下でアプリケーションの必要に応じて設定することができます。これらの周辺回路にはSPIシリアル入出力通信コントローラ、6つのGPIO、1つの汎用タイマ、ウェークアップ・タイマ、ウォッチドック・タイマが含まれています。ADuCM330は特に低消費電力動作が要求されるバッテリ駆動アプリケーションで動作するように設計されています。マイクロコントローラ・コアを通常動作モードに設定した時、全ペリフェラルがアクティブの時、全体のシステムの電流消費は<18.5 mAとなります。デバイスをダイレクト・プログラム制御下で各種低消費電力動作モードに設定して、消費電流を<100 µAにすることができます。ADuCM330には車載環境でのシングル・ワイア、高電圧通信に対するLIN物理インターフェースも含まれています。 

デバイスは3.6 V ~ 18 V(26ピンのVDD)の外付け電源電圧で動作し、−40°C ~ +115°Cの温度範囲で仕様が規定されているとともに+125°Cでの標準仕様が追加されています。 

アプリケーション
  • 自動車や軽量運送車向けバッテリ検出/管理
  • 工業/医療分野で使用される電源の酸化鉛バッテリ測定


質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

reference details image

EVAL-ADUCM330

ADuCM330/ADuCM331評価用ボード

zoom

EVAL-ADUCM330

ADuCM330/ADuCM331評価用ボード

ADuCM330/ADuCM331評価用ボード

製品の詳細

EVAL-ADUCM331QSPZ開発システムは、ADuCM330およびADuCM331デバイスをサポートしており、ADuCM330/ADuCM331シリコンの評価に柔軟なプラットフォームを提供します。32ピンLFCSPソケットを使用して、デバイスをすばやく取り外したり挿入したりできます。また、迅速な測定セットアップを可能にするために必要な接続も提供します。デバッグと簡単なコード開発を支援するために、アプリケーションボードにはスイッチとLEDが用意されています。各周辺機器の主な機能とその設定方法の例を示すサンプルコードプロジェクトも提供されています。

最近閲覧した製品