製品概要

機能と利点

  • 最大11.3Gbpsの動作
  • 動作温度: −40°C ~ +100°C
  • 超低消費電力:ISUPPLY=65mA
  • 26ps(typ)の立上がり/立下がり時間
  • 出力伝送ラインの完全なバック終端
  • クロスポイント調整機能
  • PECL/CML互換のデータ入力
  • バイアス電流範囲:2~25mA
  • 差動変調電流範囲:2.2~23mA
  • 自動レーザ・シャットダウン(ALS)
  • 3.3V動作
  • コンパクトな3mm×3mm LFCSPパッケージ
  • バイアスおよび変調電流の電圧入力制御
  • XFP準拠バイアス電流モニタ

製品概要

レーザー・ダイオード・ドライバADN2530は、35Ω~140Ωの差動抵抗定格を持った、パッケージされたVCSELのダイレクト・モジュレーション向けとして設計されています。

アクティブ・バック・ターミネーション技術は、出力トランスミッション・ラインとの優れたマッチングを提供し、出力段での消費電力を削減します。ADN2530内のバック・ターミネーションは、出力トランスミッション・ラインのTOSAエンドからの信号の反射を防止し、たとえ出力トランスミッション・ラインのTOSAエンドが不完全な場合でも、優れたオプティカル・アイ品質を達成することが可能です。この小型パッケージは、ピン数の少ないオプティカル・サブアッセンブリ内にパッケージされたレーザ・ダイオードを使った小型モジュールに対して、最適なソリューションを提供します。

モジュレーションとバイアス電流は、MSETとBSET制御ピンを介してプログラムされます。これらのピンを制御電圧でドライブすることによって、ユーザは種々の平均オプティカル・パワー、消光比制御、クローズド-ループあるいはルックアップ・テブル制御等の向上に関して柔軟性を得ることができます。出力のアイ・ダイアグラム内のアイ・クロスポイントは、クロスポイント調整(CPA)制御電圧入力を介して調整可能となっています。自動レーザ・シャットダウン(ALS)機能によって、ユーザは、適正なロジック・レベルでALSピンをドライブするで、バイアスとモジュレーション電流のオン/オフ切り替えが可能となります。この製品は、省スペースの3 mm × 3 mmLFCSPにパッケージングされおり、-40℃~+100℃での動作が仕様規定されています。

アプリケーション

  • 10Gb イーサーネット・オプティカル・トランシーバ
  • 10G-BASE-LRMオプティカル・トランシーバ
  • 8×と10×のファイバチャンネル・オプティカル・トランシーバ
  • XFP/×2/XENPAK/MSA-300 オプティカル・モジュール
  • SONET OC-192/SDH STM-64オプティカル・トランシーバ

製品ライフサイクル icon-not-recommended 新規設計には非推奨

新規設計にはお勧めしていません。

評価キット (1)

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明