ADL5513
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

ADL5513

ログ検出器/コントローラ、1MHz~4GHz、80dB

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 3
1Ku当たりの価格 最低価格:$6.84
特長
  • 広帯域幅:1MHz~4GHz
  • 80dBのダイナミック・レンジ(±3dB)
  • 周波数全域にわたって一定のダイナミックレンジ
  • -40~+125℃の温度範囲にわたって安定動作0.5dB
  • 動作温度範囲:-40℃~+125℃
  • 感度:-70dBm
  • ローノイズ計測/コントローラ出力(VOUT
  • パルス応答時間:21ns/20ns(立下り/立ち上がり)
  • 単電源動作:2.7V~5.5V@31mA
  • パワーダウン機能:1mW@5V
  • 小型フットプリントLFCSP
  • 高速SiGe製造プロセスを採用
製品概要
show more Icon
ADL5513は、復調用ログアンプで、RF入力信号を対応するデシベル・スケールの出力に正確に変換します。この製品は、各段に検出セルを備えたアンプをカスケード接続し、全体で斬新的な圧縮技術を採用しています。AD5513は、計測モード、制御モードのどちらでも使うことができます。AD5513は、最大4GHzの信号まで、正確にログ変換の一致を維持します。入力のダイナミックレンジは標準80dB(50Ωに対して)で、±3dB以下の誤差、74dBの場合は±1dB以下の誤差となります。このダイナミックレンジは、4GHzの周波数全体に渡って、ほぼ一定を保ちます。ADL5513の応答時間は20nsで、50MHz以上のパルス・レートまでのRFバースト検出が可能です。このデバイスは、周囲温度に対して優れたログ・インターセプト安定性を持っています。デバイスの電源としては、2.7V~5.5Vの電源電圧を必要とします。消費電流は31mAで、デバイスをディスエーブルすると、200μmA以下に減少します。

ADL5513は、パワーアンプへの制御電圧を供給する構成、あるいはVOUTピンから計測値を出力する構成ができます。出力をコントローラ・アプリケーションとして使用できるようにするためには、広帯域幅ノイズを最小限にすることに特に注意が必要です。このモードでは、VSETピンにセットポイント制御電圧が印加されます。RFアンプを通したフィードバック・ループはVOUTを経由してクロースドされます。この出力はアンプの出力を、VSETに対応する大きさに制御します。ADL5513は、VOUTピンに0V~(VPOS-0.1)Vを出力する能力があり、コントローラ・アプリケーションに最適となっています。計測用デバイスとしては、VOUTをVSETに外部で接続し、出力電圧VOUTは、RF入力信号の振幅に伴ってデシベル・リニアーな特性で増加します。

ログ・スロープは21mV/dBで、VSETインターフェースによって決定されます。インターセプトは、INHI入力を用いて、-88dBm(50Ωに対して、900MHzの連続した波形入力)となります。これらのパラメータは、供給電源や温度の変動に対して、非常に安定しています。

ADL5513は、SiGeバイポーラICプロセスで製造され、3mm×3mmの16ピンLFCSPパッケージを採用し、動作温度範囲は-40℃~+125℃です。全部品実装済みの評価ボードも提供しております。

アプリケーション

  • RFトランスミッタ・パワー・アンプ・直線化とゲイン/パワー制御
  • 無線リンク・トランスミッタのパワーモニター
  • 基地局、WLAN、WiMAX、レーダーでのRSSI計測

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 3
1Ku当たりの価格 最低価格:$6.84

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADL5513ACPZ-R2
  • HTML
  • HTML
ADL5513ACPZ-R7
  • HTML
  • HTML
ADL5513ACPZ-WP
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

2 13, 2014

- 14_0038

Conversion of 3x3mm body Size LFCSP Package Outlines from Punch to Sawn and Transfer of Assembly Site to Amkor Philippines.

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

2 13, 2014

- 14_0038

arrow down

Conversion of 3x3mm body Size LFCSP Package Outlines from Punch to Sawn and Transfer of Assembly Site to Amkor Philippines.

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

EVAL-ADL5513

ADL5513 Evaluation Board

zoom

EVAL-ADL5513

ADL5513 Evaluation Board

製品の詳細

ADL5513-EVALZ is a fully populated, 4-layer, FR4-based evaluation board. For normal operation, it requires a 5 V/50 mA power supply. The power supply should be connected to the test loops labeled VPOS and GND. The RF input signal is applied through the SMA connector labeled RFIN. The output signal is accessible through the SMA connector labeled VOUT. The temperature adjust node is connected through a test loop mounted on the circuit board. Optionally a voltage divider powered by VPOS can be constructed using resistors, R8 and R9. The circuit board can also accommodate a 26 pin header through which the power supply, ground, temperature adjust node and output signal pins are accessible. The circuit board ships without this header installed.

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 3

最近閲覧した製品