製品概要

機能と利点

  • 超低ノイズのプリアンプ
    • 電圧ノイズ:0.74nV/√Hz
    • 電流ノイズ:2.5pA/√Hz
  • 3dB帯域幅:100MHz
  • 低消費電力:145mW/チャンネル
  • プログラマブル・ポストアンプによる広利得範囲
    • -4.5~+43.5dB(LOゲイン・モード)
    • +7.5~+55.5dB(HIゲイン・モード)
  • 低い出力換算ノイズ:48nV/√Hz(typ)
  • アクティブ・入力インピーダンス・マッチング
  • 10/12ビットADCに最適化
  • 出力クランプ・レベルを選択可能
  • +5V単電源
  • AD8332 と AD8334 はリード・フレーム・チップ・スケール・パッケージ(LFCSP)パッケージで供給

製品概要

AD8334は超ローノイズで、かつdB値で直線的な可変ゲインを持つクワッド・チャンネル・アンプ(VGA)です。超音波システム向けに最適化されていますが、最大周波数100MHzまでのアプリケーションにおけるローノイズ可変ゲイン制御用に使うこともできます。

各チャンネルは、超低ノイズ・プリアンプ(LNA)、48dBのゲイン範囲を持つX-AMP® VGA、調整可能な出力リミッティング機能を備え、かつゲインが選択可能なポストアンプから構成されています。LNAゲインは19dBで、シングルエンド入力を差動出力に変換します。一本の抵抗を使うことによって、ノイズ性能を劣化することなく、LNAの入力インピーダンスを信号源のインピーダンスとマッチングするように調整できます。

VGAは48dBのゲイン範囲を持っているため、これらのデバイスは、幅広いさまざまなアプリケーションに適しています。範囲全体にわたって、優れた帯域幅の均一性が維持されています。ゲイン制御インターフェースは、40mV~1Vの範囲の制御電圧に対して、高精度かつdB値で直線的な50dB/Vのスケーリングを提供しています。出荷時のトリミングにより、優れたデバイス毎およびチャンネル毎のゲイン・マッチングを保証しています。差動信号パスの採用により、優れた2次および3次の歪み性能と低クロストークを可能にしています。

AD8334は、シングルのAD8331とデュアルのAD8332の、クワッド・バージョン製品です。

仕様上により詳細情報については、AD8331/AD8332/AD8334のデータシートを参照してください。

アプリケーション
  • 超音波およびソーナーのタイム・ゲイン制御
  • 高性能AGCシステム
  • I/Q信号処理
  • 高速、デュアルADCのドライバ

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット (1)

ツールおよびシミュレーション

評価用ボード

表示されている価格は、1個あたりの価格です。

analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。