製品概要

機能と利点

  • 完全なRF検出器/コントローラ機能 
  • 0.9GHzで50dB未満の範囲(-48~+3dBm 基準=50Ω) 
  • 正確なスケーリング(0.1~2.5GHz) 
  • 優れた温度安定性、dBリニア応答
  • 23mV/dBのログ・スロープ(0.9GHz、-60dBm時にインターセプト) 
  • 制御ループにおける真の統合機能 
  • 低消費電力:20mW@2.7V、38mW@5V 
  • 10.8μWにパワーダウン

製品概要

AD8311は、周波数範囲0.1~2.5GHz、50dB(typ)のダイナミック・レンジで動作するRFパワー・アンプ高精度制御用の完全な低価格サブシステムです。本製品は、携帯電話などのバッテリ駆動型無線デバイス向けに開発されました。ログ・アンプ技術によって、ダイオード検出器を使用するコントローラよりもはるかに広い測定範囲と優れた精度を提供します。特に-40~+85℃の規定範囲における温度の安定性は優れています。

高感度によって低信号レベルでの制御が可能となり、検出器に結合しなければならない電力量を低減できます。

便宜上、信号は内部でAC結合されています。このハイパス結合は、約0.016GHzのコーナ周波数を持っていますので、最小動作周波数が決定されます。したがって、信号源はDCグランドすることができます。
AD8311は電圧出力、VAPC、を提供し、この出力は電圧範囲と電流ドライブを備えており、ほとんどのハンドセットのパワー・アンプのゲイン制御ピンに直接接続できます。VAPCは、グランド電位の300mV上から電源電圧の200mV下まで振幅することができます。最大6 mAまでの負荷電流のサポートが可能です。
セットポイント制御入力はピンVSETに印加され、0.25V~1.4Vの動作範囲を持っています。関連する回路はスロープとdBリニア測定システムのインターセプト、これらは通常0.9GHzにおいて23mV/dBと-59.7dBmですが、を決定します。AD8311のアプリケーションをより簡素化するため、セットポイント・インターフェースの入力抵抗は35MΩ以上でバイアス電流は標準で0.26μAとなっています。
AD8311は、6ボール、ウエハーレベル・チップスケール・パッケージ(WLSCP)1.0 mm×1.5 mmを採用し、2.7V~5.5V電源で7.6mAを消費します。

アプリケーション
  • シングル、デュアルおよびトリプル・バンドのハンドセット(GSM、DCS、WDGE)
  • 送信パワーの制御

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット (1)

ツール

設計ツール

ADIsimRF

アナログ・デバイセズのADIsimRF設計ツールは、カスケード・ゲインやノイズ指数、IP3、P1dB、総合消費電力などRFシグナル・チェーン内の最も重要なパラメータの計算を行います。

ADIsimPLL™

アナログ・デバイセズの新しい高性能PLL製品を迅速かつ確実に評価できるツールです。現在利用できるツールの中で、最も総合的なPLLシンセサイザーの設計/シミュレーション・ツールです。実施されるシミュレーションには、主要な非線形効果が含まれており、これはPLLの性能に大きく影響を及ぼします。ADIsimPLLによって、設計プロセスの繰り返し作業が1つ以上排除されるため、設計から製品の市場投入までの期間が大幅に短縮することができます。

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明