類似製品

製品概要

機能と利点

  • シングル・チップに4個の14ビットDACを内蔵
  • AD7834:シリアル入力ロード構成
  • AD7835:パラレル8ビット / 14ビット入力ロード構成
  • 電圧出力
  • 電源投入時のリセット機能
  • 出力電圧範囲:±8.192V(max / min)
  • 出力電圧スパン:14V(max)
  • 共通の電圧リファレンス入力を使用
  • アドレス設定が可能
  • ユーザー指定の電圧レベルに設定可能なクリア機能
  • 表面実装用パッケージを用意
    AD7834:28ピンSOICおよびPDIP
    AD7835:44ピンMQFPおよびPLCC

製品概要

AD7834とAD7835は、4個の14ビットD/Aコンバータ(DAC)を1つのモノリシック・チップ上に搭載しています。14Vを最大スパンとする±8.192Vの範囲の電圧を出力します。

AD7834はシリアル入力デバイスです。DIN、SCLK、FSYNCの各入力を使用して、最初に0が2つ続いた後にMSBファーストで16ビット・フォーマットのデータを外部シリアル・バスから入力ラッチの1つにロードします。AD7834にはPA0~PA4の5本の専用パッケージ・アドレス・ピンがあり、これらのピンをAGNDまたはVCCに接続して、マルチパッケージ・アプリケーションで最大32個のAD7834を個別にアドレス指定できます。

AD7835は14ビットのパラレル・ロード入力、または右詰めデータを1つの8ビット・バイトと1つの6ビット・バイトでロードするダブルバイト・ロード入力のいずれにも対応できます。WRCSBYSHF、DACチャンネル・アドレス・ピンA0~A2を使用する制御によって、データを外部バスから入力ラッチの1つにロードします。

この両方のデバイスでは、LDAC信号を使用して、新しいデータの受信時に4個の内蔵DACすべての出力を同時に、または個別にアップデートできます。また、非同期のCLR入力を使用してVOUT1~VOUT4のすべての信号出力を、デバイス・センス・グラウンド(DSG)ピンに加えられるユーザー定義の電圧レベルに設定することもできます。パワーオン時、電源の安定化の前に、内部回路がDACの出力電圧レベルをDSG電位の±2V以内に保持します。電源が安定化すると、DACの出力レベルが正確なDSG電位に移行します(CLRがアクティブであると仮定)。

AD7834には28ピンの0.3インチ幅SOと0.6インチ幅DIPパッケージ、そしてAD7835には44ピンのMQFPとPLCCの各パッケージがあります。

アプリケーションノート

  • プロセス制御

  • 自動テスト装置(ATE)

  • 汎用計測機器

    製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

    この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

    設計リソース

    アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

    PCN-PDN Information

    サンプル&購入


    サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

     

    モデル一覧の項目説明