製品概要

機能と利点

  • 高速スループット・レート:3MSPS
  • 広い入力帯域幅:40MHz
  • パイプライン遅延のないSAR ADC
  • 優れたDC精度性能
  • 2種類のパラレル・インターフェース・モード
  • 低消費電力:90mW(フルパワー)
    2.5mW(NAPモード)
  • スタンバイ・モード:2μA(max)
  • 5V単電源動作
  • 2.5Vリファレンス内蔵
  • フルスケール・オーバーレンジ・モード(15番目のビットを使用)
  • ユーザ・アクセス可能なオフセット・レジスタによりシステム・ オフセットを除去
  • レンジ・シフト機能による公称0V~2.5Vの入力

製品概要

AD7484は14ビットの高速、低消費電力、逐次比較型A/Dコンバータ(SAR ADC)です。5V単電源で動作し、最大3MSPSのスループット・レートが可能です。デバイスには、50MHzを超える入力周波数に対応できるローノイズ、広帯域幅のトラック/ホールド・アンプが内蔵されています。

変換プロセスとデータ・アクイジションは、CONVST信号で制御します。標準の信号ラインを使用し、マイクロプロセッサやDSPとのインターフェースが可能です。入力信号はCONVST信号の立ち下がりエッジでサンプリングし、この時点で変換動作も開始します。デバイスに関連するパイプライン遅延はありません。

AD7484は最新の設計技術を採用し、高速スループット・レート時にきわめて低い消費電力を実現します。+5V電源動作でスループット・レートが3MSPSのときに、消費電流はわずか18mAです。AD7484には、2つの電力節約モードがあります。パワーアップを迅速化するために電圧リファレンス回路をアクティブ状態に維持しながら消費電力を5mWに抑えるナップ・モードと、消費電力をわずか5µWに低減するスタンバイ・モードです。

AD7484の通常のアナログ入力レンジは0~2.5Vですが、正側または負側のフルスケールの最大±8%まで入力信号を高精度に分解できるフルスケール・オーバーレンジ・モード(15番目のビットを使用)を備えています。さらに、ユーザーによるプログラミング設定が可能なオフセット・レジスタでシステム・オフセットを除去することも可能で、最大±200mVのオフセットを除去できます。AD7484には2.5Vの内部リファレンスがありますが、外付けの電圧リファレンスも使用できます。

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット (1)

ソフトウェア & システム

評価用ソフトウェア

おすすめ製品

AD7484 互換製品

推奨製品 Input Buffer Amplifiers

推奨製品 External References

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明