類似製品

製品概要

機能と利点

  • +5~±15V動作
  • ユニポーラ / バイポーラ動作
  • INL最大誤差:±0.5LSB、DNL最大誤差:±1LSB
  • 最大セトリング時間:10μs(10Vステップ)
  • ダブルバッファ入力
  • LDACによる同時更新機能
  • CLRによるゼロスケール / ミッドスケールへの非同期クリア
  • 読出し機能
  • 動作温度範囲:-40~+85℃
  • iCMOS®プロセス技術
iCMOS®プロセス技術
iCMOSは、高い電圧レベルで高性能ICを使用する工業 / 計測用機器OEMメーカーのアナログ・システム設計者向け技術プラットフォームです。30Vの高電圧出力を備え、±15V電源で動作するアナログICの開発を可能にするとともに、消費電力とパッケージ・サイズを大幅に削減し、AC性能とDC性能を高めます。

製品概要

AD5725は、パラレル入力、電圧出力の12ビット・クワッドD/Aコンバータ(DAC)です。単調増加性が保証されており、±0.5LSB(max)の積分非直線性(INL)、10μs(max)のセトリング時間を備えています。

出力電圧振幅は、2つのリファレンス入力VREFPとVREFNで設定されます。VREFN入力を0V、VREFPを正の電圧に設定すれば、ユニポーラの正の出力範囲になります。VREFPを0V、VREFNを負の電圧に設定すれば、ユニポーラの負の出力範囲になります。バイポーラ出力を設定する場合は、VREFP とVREFNの両方をゼロ以外の電圧に接続します。この出力電圧範囲の設定方法は、温度係数の異なる内部および外部抵抗に依存しないため、バイポーラ・オフセット方式よりも優れています。

デジタル制御により、任意のDACへのデータの書込みあるいは読出しが可能です。また、全DACに一度にデータを転送することもできます。

AD5725は28ピンSSOPパッケージを採用しており、+5Vの単電源から±15Vの両電源まで、また+2.5Vから±10Vまでのリファレンス電圧と、さまざまな電源やリファレンスで動作します。消費電力は±15V電源で270mW未満、+5V電源ではわずか40mWです。動作は-40~+85℃の温度範囲で仕様が規定されています。

アプリケーション

  • 工業用自動システム
  • クローズド・ループのサーボ制御、プロセス制御
  • 自動車用のテストおよび測定
  • プログラマブル・ロジック・コントローラ

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

ツール

Precision DAC Error Budget Tool

Precision DAC Error Budget Toolは、高精度DACシグナル・チェーンのDC精度を計算するウェブ・アプリケーションです。これは、シグナル・チェーン全体で静的誤差がどの程度累積するかを示すもので、これにより設計のトレードオフを手早く評価できます。計算には、電圧リファレンス、オペアンプ、および高精度DACが生成するDC誤差が含まれます。

Precision DAC Error Budget Tool

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明