概要

設計リソース

設計サポートファイル

  • Schematic
  • Bill of Materials
  • Gerber Files
  • PADS Files
  • Assembly Drawing
設計ファイルのダウンロード 1258 kB

評価用ボード

型番に"Z"が付いているものは、RoHS対応製品です。 本回路の評価には以下の評価用ボードが必要です。

  • EVAL-CN0203-SDPZ ($71.50) Flexible PLC/DCS Analog Output Module Using Only Two Analog Components
  • EVAL-SDP-CB1Z ($108.90) Eval Control Board SDP
在庫確認と購入

デバイス・ドライバ

コンポーネントのデジタル・インターフェースとを介して通信するために使用されるCコードやFPGAコードなどのソフトウェアです。

AD5446 IIO DAC Linux Driver

AD5760, AD578x, AD579x Linux Device Driver

機能と利点

  • Programmable analog output
  • 16 bit resolution
  • .1% error with no missing codes
  • Ideal for PLC output modules

回路機能とその特長

図 1の回路は、2個のアナログ部品のみを使用した、全機能型の柔軟なプログラマブル・アナログ出力ソリューションです。この回路は、プログラマブル・ロジック・コントローラ(PLC)/ 分散制御システム(DCS)アプリケーションの大部分の条件を満たします。低消費電力(2.8 mW @ 5 V)、レールtoレール出力、16ビットnanoDAC® AD5660-1は、産業用電流/電圧出力ドライバAD5750-1と組み合わせることで、すべての代表的な電圧/電流出力範囲に対応でき、16ビット分解能、ノー・ミッシング・コード、0.05%の直線性、0.1%未満の出力誤差を実現します。この回路は、オンチップの出力故障検出、パケット・エラー(PEC)を防ぐ為のCRCチェック、柔軟なパワーアップ・オプションなど、産業用アプリケーション向けの重要な機能も備えているため、堅牢な産業用制御システムに最適です。大量生産で一貫した性能を維持するために外付けの高精度抵抗やキャリブレーション・ルーチンを使用する必要はなく、PLCやDCSに理想的な回路です。

Basic analog output circuit for single channel
図 1. シングル・チャンネル用の基本的なアナログ出力回路(簡略回路図:すべての接続および保護回路を示しているわけではありません)

回路説明

AD5750/AD5750-1はいずれもシングル・チャンネル、低価格、高精度の電圧/電流出力ドライバであり、産業用プロセス制御アプリケーションの条件を満たしています。電圧出力範囲は、PLCやDCSアプリケーション向けの標準出力範囲0 ~5 V、0~10 V、-5 ~+5 V、-10~+10 Vに設定できます。さらに、20%オーバーレンジ設定を選べば、標準範囲として0~6 V、0~12 V、-6~+6 V、-12~+12 Vが可能です。

電流出力(別のピンを使用)は、4~20 mA、0~20 mA、-20~+20 mA、0~24 mA、-24~+24 mAの範囲に設定できます。ユニポーラ・レンジには、2%のオーバーレンジ設定があります。AD5750/AD5750-1の電流出力は電流をソースまたはシンクできるため、多種多様なセンサーまたはアクチュエータに接続できます。エンド・システムをシングル・チャンネル出力にしたい場合は、電圧出力ピンと電流出力ピンを相互に接続します。

AD5660-1はシングル・チャンネル、低価格、低消費電力、レールtoレール電圧バッファ付き出力のnanoDACであり、1.25 V、5 ppm/℃のリファレンスを内蔵しています。AD5660-1はパワーオン・リセット回路を内蔵しているため、パワーアップ時にDAC 出力を0 Vに設定し、有効な書込みがあるまでこの出力状態を維持することができます。

AD5660-1 DACとAD5750-1ドライバ間のインターフェースはシンプルであり、外付けのデバイスは不要です。AD5660-1の出力電圧範囲は0~2.5 Vで、AD5750-1の入力範囲と一致します。また、AD5660-1のリファレンス出力電圧は1.25 Vで、AD5750-1のリファレンス入力条件にぴったり一致します。

PLC、DCSアプリケーション向けのデバイスは、一般に定格の推奨仕様をはるかに上回るESD保護や過電圧保護が必要です。AD5750-1は、各ピン内部に3 kV(人体モデル)の過渡信号による破損を防ぐためのESD保護ダイオードを内蔵しています。しかし、産業用制御環境ではI/O回路にかなり高い過渡信号がかかる可能性があります。もっと高い電圧ESD保護、50 mA過電流保護、30 V過電圧保護を提供するために、EVAL-CN0203-SDPZ回路ボードには外部30 V、600 W過度電圧サプレッサ(TVS)、50 mA、30 Vポリスイッチ、電源ショットキー・ダイオードが組み込まれています。オプションの外部保護回路は図 1の簡略回路には示されていませんが、CN0203設計支援パッケージ( www.analog.com/CN0203-DesignSupport)の詳細回路(EVAL- CN0203-SDPZ-SCH pdfファイル)で確認できます。

この回路は、大きな面積のグラウンド・プレーンを持った多層PCボードに構築する必要があります。最適な性能を実現するには正しいレイアウト、グラウンディング、デカップリングの技術が必要です。(MT-031チュートリアル「 Tutorial MT-031, Grounding Data Converters and Solving the Mystery of "AGND" and "DGND"」とMT-101チュートリアル「TutorialMT-101, Decoupling Techniques」を参照)。


計測

積分非直線性(INL)、微分非直線性(DNL)、出力誤差はPLC、DCS、その他のプロセス制御システムで最も重要な仕様です。AD5750-1は柔軟性の高い、設定可能な出力範囲を備えているため、アプリケーションのニーズに合うようにその範囲を調整できます。回路のINL、DNL、出力誤差の測定結果をそれぞれ図 2、図 3、図 4に示します。このデータは、内部電流センス抵抗を使った電圧出力モード時に25℃で得られました。AD5750-1の電圧範囲は0~5 Vに設定しました。ほかの範囲のテスト結果は表 1に示します。

INL for 0 V to 5 V Output Range
図 2. 0~5 V出力範囲のINL

 

DNL for 0 V to 5 V Output Range
図3. 0~5 V出力範囲のDNL

 

Output Error for 0 V to 5 V Output Range
図 4. 0~5 V出力範囲の出力誤差

 

表 1のテスト結果は、25℃の温度環境で、Agilent E3631A DC電源によって電力を供給したEVAL-CN0203-SDPZボードを使ってAgilent 34401Aデジタル・マルチメータにより測定しました。

出力範囲0~20.4 mAと0~24.5 mAは両方とも、正確に0~ 20 mAと0~24 mAの範囲に一致するように調整することができます。0~+24.5 mA範囲の0.24% FSR出力誤差測定値にはゲイン誤差が含まれていますが、これはキャリブレーションによって取り除いてください。

表 1. 全出力範囲のテスト結果
Range Current Sense Resistor INL(LSB) Linearity(%FSR) Output Error(%FSR)
0V to 5V Don't Care 7.1 0.011 0.05
0V to 10V Don't Care 6.1 0.009 0.05
-5V to +5V Don't Care 6.2 0.009 0.04
-10V to +10V Don't Care 6.8 0.010 0.04
0V to 6V Don't Care 6.9 0.010 0.05
0V to 12V Don't Care 5.3 0.008 0.09
-6V to +6V Don't Care 8.0 0.012 0.06
-12V to +12V Don't Care 7.4 0.011 0.08
-2.5V to +2.5V Don't Care 5.6 0.008 0.05
4 mA to 20 mA Internal 6.3 0.010 0.07
4 mA to 20 mA External 6.2 0.010 0.07
0 mA to 20 mA Internal 5.8 0.009 0.06
0 mA to 20 mA External 5.7 0.009 0.06
0 mA to 24 mA Internal 5.4 0.008 0.07
0 mA to 24 mA External 5.5 0.008 0.06
-20 mA to +20 mA Internal 8.8 0.013 0.05
-20 mA to +20 mA External 9.3 0.014 0.05
-24 mA to +24 mA Internal 9.2 0.014 0.05
-24 mA to +24 mA External 10.1 0.015 0.04
3.92 mA to +20.4 mA Internal 6.7 0.010 0.03
0 mA to +20.4 mA Internal 7.6 0.012 0.05
0 mA to +24.5 mA Internal 3.4 0.007 0.24

バリエーション回路

AD5620(12ビット)とAD5640(14ビット)は、16ビット分解能を必要としないアプリケーション向けのAD5660とピン互換です。 マルチチャンネルのアプリケーション向けには、デュアルnanoDACデバイスのAD5623R(12ビット)、AD5643R(14ビット)、AD5663R(16ビット)、それにクワッドnanoDACのAD5624R(12ビット)、AD5644R(14ビット)、AD5664R(16ビット)があります。

AD5750ドライバはAD5750-1とピン互換であり、4.096 Vリファレンスで使用するときは0~4.096 Vの入力範囲を入力することができます。AD5751はユニポーラ・アナログ出力ドライバであり、50 V AVDD電源を使って40 V出力を供給できます。

回路の評価とテスト

必要な装置(同等装置の代用が可能です

  • システム・デモ用プラットフォーム(EVAL-SDP-CB1Z)
  • CN-0203路評価用ボード(EVAL-CN0203-SDPZ)
  • CN-0203用ソフトウェア
  • 外部テスト計測装置を制御するソフトウェア(CDには未収録)
  • Agilent 34401A, 6.5桁デジタル・マルチメータ
  • Agilent E3631A 0~6 V/5 A、±25 V/1 Aトリプル出力DC電源
  • PC(Windows® 2000またはWindows XP)、USBインターフェース付き
  • National Instruments GPIB–USB-Bインターフェースおよびケーブル


測定の準備

CN0203評価用ソフトウェア・ディスクをPCのCDドライブに挿入して、評価用ソフトウェアをロードします。「マイコンピュータ」から評価用ソフトウェアのディスクがあるドライブを探し、Readmeファイルを開きます。Readmeファイルの指示に従って、評価ソフトウェアをインストールし、使用してください。


機能ブロック図

図 5に、テスト・セットアップの機能ブロック図を示します。pdfファイルEVAL-CN0203-SDPZ-SCHに、CN0203評価用ボードの詳細な回路図があります。このファイルは、CN0203設計支援パッケージ(www.analog.com/CN0203-DesignSupport)に含まれています。


セットアップ

回路ボードEVAL-CN0203-SDPZの120ピン・コネクタをEVAL-SDP-CB1Z SDP評価用ボードのCON AまたはCON Bコネクタに接続します。120ピン・コネクタの端部にある穴を利用して2つのボードをしっかり固定するには、ナイロン製ハードウェアを使用する必要があります。DC出力電源を+15 V、-15 V、+6 Vの出力に設定してから、電源をオフにしてください。

電源をオフにして、+15 V電源を「+15 V」と記されたCN1 ピンに、-15 V電源を「-15 V」と記されたCN1ピンに、さらにGNDを「GND」と記されたCN1ピンに接続します。同様に、+6 VをCN2に接続します。次に電源をオンにし、SDPボードのUSBケーブルをPCのUSBポートに接続します。注:USBコネクタをSDPボードのミニUSBコネクタに接続して、EVAL-CN0203-SDPZのDC電源をオンにしないでください。

Test Setup Functional Block Diagram
図 5. テスト・セットアップ機能ブロック図

 

表 2. EVAL-CN0203SDPZ のジャンパ設定(太字はデフォルト設定)
Jumper Descriptions Setting Function
JP1 Sets the address of AD5750-1 Shorting Pin1 with Pin2 Address of AD5750:b'001
Shorting Pin3 with Pin2 Address of AD5750:b'000
JP2 Sets the external compensation capacitor Shorting Adding 1 nF Compensation Capacitor
Opening Removing 1 nF Compensation Capacitor
JP3 VSENSE+ Setting Shorting Shorting VSENSE+ with VOUT internally
Opening VSENSE+ has no connection with VOUT internally
JP4 VSENSE- Setting Shorting Shorting VSENSE- with GND internally
Opening VSENSE- has no connection with GND internally
JP5 Shorts the VOUT and IOUT pins Shorting Shorts VOUT and IOUT together
Opening VOUT and IOUT have no connection internally
JP6 Sets the CLEAR Mode for AD5750-1 Shorting Clears to midscale
Opening Clears to zero scale

 

テスト

テスト装置をセットアップした後、「VOUT」と記されたCN3ピンまたは「IOUT」と記されたCN4ピンをAgilent 34401Aの入力に接続します。Agilent 34401Aの前面パネルのケーブル接続が、入力信号の種類(電流または電圧)に応じて正しいかどうかを確認してください。INL、DNL、総合誤差のテストにはかなり時間がかかります。AD5660-1の16ビットDACレベルをすべてセットして、34401Aで測定しなければならないからです。

CDで提供されるソフトウェアを使って、PCでDACコードを設定することができます。コードを変化させてデータを解析するには自動テスト・プログラムが必要です。自動テスト・プログラムはCDでは提供されません。テスト・セットアップで使用する特定のマルチメータの条件に合わせて、実装してください。

図 5に示すテスト・システムの34401AマルチメータのGPIB出力は、ナショナル・インスツルメントのGPIB–USB-Bインターフェースとケーブルを使ってPCの2番目のUSBポートに接続します。これにより各コードに対応したマルチメータの測定値がPCのエクセル・スプレッドシートにロードされます。次に業界標準の定義を使ってINL、DNL、総合誤差についてデータ解析を行います。

測定データからINL、DNL、総合誤差を計算する方法と、使用する定義については、AD5662 のデータシートの「用語の説明」と次の資料を参照してください。 Data Conversion Handbook, "Testing Data Converters," Chapter 5, Analog Devices.

製品サンプル

製品

概要

サンプル提供可能な
製品型番

AD5750-1 電流/電圧出力ドライバ、工業向け、プログラマブルな出力範囲

AD5750-1ACPZ

AD5750-1BCPZ

AD5660 D/Aコンバータ、16ビット、シングル、5ppm/℃のリファレンス内蔵、小型SOT-23パッケージ、nanoDAC®

AD5660ARJZ-1500RL7

AD5660ARJZ-2500RL7

AD5660ARJZ-3500RL7

AD5660BRJZ-1500RL7

AD5660BRJZ-2500RL7

AD5660BRJZ-3500RL7

AD5660CRMZ-1

AD5660CRMZ-2

AD5660CRMZ-3

PCサイトでは製品の購入が可能です。
評価用ボード 表示されている価格は、1個あたりの価格です。
analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。