リモートI/O

システム設計エンジニアや業界OEMは、時代を先取りして、インダストリ4.0の改革の力を実現する必要があります。カスタマイズ製品に対するコンスーマ需要は高まりを見せているため、柔軟性、そして製造施設を転換できることがますます重要になっています。歴史的には、再構成には生産ラインの再構築だけでなく、様々な機能モジュールの交換や切り換えも伴い、時間とコストがかかるものでした。

メーカーが柔軟性を高める力を得る方法の1つがリモートI/O(SWIO)です。SWIOは、どのピンでもアクセスできる産業用I/O機能という、これまでにないレベルの柔軟性を提供し、チャンネルはいつでも構成できるようになります。そのため、設置の時点でカスタマイズを実施でき、結果として市場に投入するまでの時間の短縮、設計リソース条件の減少につながり、プロジェクトやお客様を横断して幅広く実装できるユニバーサルな製品を実現できます。アナログ・デバイセズは、リモートI/O(SWIO)コンセプトのパイオニアであり、当社の業界パートナーと協力し、今日の産業市場で見られる所有コストに関する要求を満たす柔軟性と価値の高いテクノロジーを提供しています。この分野におけるアナログ・デバイセズの製品とソリューションのメリットとして他に、次のようなものが挙げられます。

  • 深いドメイン知識やシステム・レベルのアプローチにより、将来の柔軟なコネクテッド・ファクトリへの移行をドメイン、システム、組み込みの各レベルで把握できます。
  • 産業用プロセス制御I/Oにおいて幅広く実績のある経験。
  • テクノロジー・パートナーとして共同して問題解決に取り組み、双方に利益をもたらすという協調的な考え方でお客様を支援して、独自の課題を解決し、期待を実現します。
  • アナログ・デバイセズのSWIOソリューションによって柔軟性を強化することで、業界における今後のニーズに合わせて制御ネットワークを素早く適応させることができます。

リモートI/Oのメリット

Icons for the Benefits of SWIO featuring an ethernet connection, conveyer belt, stopwatch and a dollar sign

10BASE-T1Lへの移行の橋渡し

イーサネットからエッジへの接続機能の産業向けの提供が開始されるなか、市場は既存のセンサーやアクチュエータを新しい制御製品や通信製品で再利用できるようにするソリューションを必要としています。リモートI/O対応のフィールド接続ボックスは、10SPE規格と従来の4mA~20mA/0V~5V規格の間をつなぐ理想的な境界点となります。

物流のオーバーヘッドの削減

お客様はいくつかの設計に柔軟に集中して取り組むことができ、セットアップや解体にかかるコストを最小限に抑えながら、規模の経済を実現して製造フローを合理化できます。仕掛品の損失や生産計画の問題は発生しません。

設計にかかる時間の短縮

リモートI/Oはプラットフォーム設計を可能にします。これにより、計画段階で1つのピン機能が変更されたら一から設計をやり直す必要がある固定機能システムと比べると、入出力をどのように組み合わせることも容易になります。

資本的支出の削減

リモートI/Oを導入する際にかかる時間や発生するエラーは固定I/Oの場合よりも大幅に抑えられるため、資本的支出を削減できます。リモートI/O(SWIO)を利用することにより、設計や開発における節約と合わせて、資本的支出を20%削減できるのに対し、ハードウェア・コストはわずかな増加に留まります。

「未知」の要素を管理

アナログ・デバイセズのリモートI/OプラットフォームであるAD74412RまたはAD74413Rにより、「未知」の要素のせいで夜も眠れないという事態をどのように回避できるかをご確認ください。

EngineerZoneのブログを読む®

Block Diagram for the AD74412R and AD74413R

一度のビルドで何度も対応可能

アナログ・デバイセズのSWIO製品は、生産現場にこれまでにない柔軟性をもたらすと共に、製品の複雑さを緩和します。

パンフレットを見る

Cover image for the SWIO Brochure

おすすめ製品

アナログ・デバイセズのもう1つの業界初

アナログ・デバイセズは、ビル制御および産業オートメーション向けに業界初となるリモートI/Oを発表しました。

プレス・リリースを読む

Screen capture of the SWIO press release

ブラウンフィールドへの対処

アナログ・デバイセズのプロセス制御およびファクトリ・オートメーション担当ディレクタであるJonathan Lawが4mA~20mA電流ループから10BASE-T1Lへの制御ネットワークの進化について語り、ブラウンフィールドへの対処に新しいアプローチがどのように必要になるかについて紹介するビデオをご覧ください。

ビデオを見る

Still frame from the The Evolution of the Control Network video depicting SWIO inputs and outputs