プレス・リリース

スマート農業システムの実証実験を完了

~小型、低消費電力で無線通信機能を備えたセンサーノードを活用し、イチゴの生育環境データを可視化~

2017年06月27日 - 東京

  • Murata

    アナログ・デバイセズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:馬渡 修)は本日、自社のスマート農業システムを活用し、イチゴ専門農家の村田農園(茨城県鉾田市、代表:村田 和寿)においてイチゴの生育環境データの可視化実証実験を完了したことを発表しました。


    50棟規模のビニールハウスを持つ村田農園は、「村田さん家のいちご」として知られる大きくて高品質のイチゴを、有名果実店、製菓店やホテルなどに提供しています。高品質イチゴの栽培にあたっての課題の1つは、生育環境計測作業の負荷が大きい、ということでした。一定基準を満たした最高級イチゴの生産量を増やすためには、最適な生育環境を保つ必要があり、温度や湿度、二酸化炭素濃度、照度などの生育環境データを頻繁に計測する必要があったのです。


    最高級イチゴの最適な生育環境を可視化し、生産量増加を図るべく、アナログ・デバイセズは、イチゴの温室内に複数個のIoTセンサーノードを設置し、継続的に生育環境をモニタリングする実証実験を行いました。そして、従来は作業者が都度温室内を訪れて計測していた環境データを、自動的に計測し、PCやスマートホンで遠隔モニターできるシステムを開発しました。


    IoTセンサーノード の特長

    生育環境を可視化する今回の実証実験を踏まえ、今後、さらにデータを蓄積すれば、生育環境がより鮮明になり、これを再現することで最高級イチゴの生産量が増大することが期待されています。今回得られた知見を活かし、アナログ・デバイセズは、小型、低消費電力で設置の容易なセンサーノードを、日本のスマート農業に活用してゆく所存です。


    尚、本実証実験には、日本貿易振興機構(ジェトロ)の「グローバルイノベーション拠点設立等支援事業費補助金」が交付されました。アナログ・デバイセズのスマート農業システムを国内市場に適用することで、特に就農人口の減少により消えてしまう属人的な匠の技などの農業プロセスの自動化に向けたセンサーシステムの構築や、生育環境データの獲得、その更なる活用が望まれています。



    【関連資料】



    村田農園について

    茨城県鉾田市の村田農園はイチゴ専門農家です。村田農園で栽培されているイチゴは、その味や品質の高さから、いつしか「村田さん家のいちご」と呼ばれ、果実専門店、超一流ホテルやパティシエと多数の取引があります。http://www.murataichigo.com/



    ジェトロ「グローバルイノベーション拠点設立等支援事業」について

    外国企業が有する新規性の高い技術や製品について、日本企業や大学等と提携して日本に導入するための研究開発拠点の設立にかかる経費や、日本における実証研究、事業化可能性調査(F/S)を実施するための経費を補助した事業です。https://www.jetro.go.jp/invest/support/info.html


  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。
    世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術でアナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。
    想像を超える可能性を―アナログ・デバイセズ analog.com/jp

Stay Informed