LTspice:サードバーティ・モデルをインポートする簡単なステップ

LTspice IVで新しいシンボルをゼロから作り出すことは可能ですが、時間がないという人がほとんどではないでしょうか。以下の簡単なステップに従えば、サブサーキットに定義されたサード・パーティ・モデル(.SUBCKTステートメント)用に新しいシンボルを作成できます。

  1. サブサーキット定義が格納されたネットリスト・ファイルをLTspiceで開きます([File]>[Open]を選択するか、LTspiceにファイルをドラッグ)。
  2. サブサーキット名を含む行を右クリックして[Create Symbol]を選択します。

     

    シンボルの作成

    シンボルの作成

  3. 必要に応じてシンボルを編集し、保存します。

回路図に新しいシンボル(および対応するサード・パーティ・モデル)を使用するには、コンポーネント・ライブラリ(F2)のAutoGeneratedディレクトリからシンボルを選択して、それを回路図に配置します。

 

コンポーネント・シンボルの選択
コンポーネント・シンボルの選択

自動シンボル作成機能を使用することによって、エンジニアは、新しいシンボルの作成ではなくシミュレーションに集中することができます。SPICE固有デバイスを使用するサード・パーティ・モデル(.MODELステートメント)の詳しいインポート方法については、www.linear.com/solutions/1083のビデオを参照してください。

Gabino-Alonso

Gabino Alonso

Gabino Alonsoは、アナログ・デバイセズのPower by LinearTMグループで戦略的マーケティング・ディレクターを務めています。アナログ・デバイセズに入社する前は、Linear Technology(現在はアナログ・デバイセズに統合)、Texas Instruments、カリフォルニア・ポリテクニック州立大学で、マーケティング、エンジニアリング、オペレーション、教育など、多岐にわたる業務に従事していました。カリフォルニア大学サンタバーバラ校で電気工学とコンピュータ工学の修士号を取得しています。