signals header

Signals+ ニュースレター登録

Signals+はコネクティビティ、デジタルヘルス、モビリティ、スマートインダストリーに関する最新情報をお届けします。

プライバシー設定は、Analog DevicesからのニュースレターまたはmyAnalogの設定ページから、いつでも変更いただけます。

プライバシー設定 個人情報保護とセキュリティに関する方針 その代理店

ありがとうございます。ご登録のメールアドレスにお送りしたメールを確認し、ニュースレター登録を完了させてください。

世界中の人々の生活に影響を与える、画期的なテクノロジーに関する最新情報をタイムリーにお届けします。

閉じる

FINANCIAL TIMES:EV充電用インフラで大規模な電動化への移行をサポート


電気自動車(EV)は、より手頃な価格設定、航続距離の改善、バッテリ寿命の伸長によりEVの効率性と信頼性が向上し、消費者にとってより魅力的な選択肢となりつつあります。しかし、EV充電用インフラは、依然としてEVの普及と真の可能性を発揮する能力を阻む大きな障壁となっています。消費者がEVの充電ネットワークに求めているのは、従来のガソリンスタンドと同じレベルの利便性と普及率です。

しかし、広く普及させることだけが解決策ではありません。EV用充電インフラは、スマートでかつ、消費者がグリッドをどのように利用するかに関して深い理解に基づいている必要があります。同様に重要なのは、道路を走行するEV数の増加に合わせてグリッド容量の最適化に取り組むことです。Vehicle to Gridシステムへの移行が主流になれば、EVを電力グリッドにおけるノードとして機能するように転換する実現可能な手段となり、電力をスマートに貯蔵して供給できるようになります。より優れた分析と知見によってのみ、バッテリの循環型経済を維持する強固なバッテリ再利用およびリサイクル・プログラムを策定できるので、この移行にはバッテリ・ライフサイクルのほか、パック内の個々のセルをより深く把握する必要があります。

電動化エコシステムの関係者がグリッドや充電用インフラが直面する課題を解決するための意見を具体的に述べているこのディスカッションをご覧ください。

参加者:

  • Patrick Morgan:アナログ・デバイセズ、オートモーティブ担当バイス・プレジデント
  • Emma Loxton:McKinsey & Company、パートナー
  • Andy Palmer:Switch Mobility、副会長兼CEO
  • Tobias Scharfen:has·to·be、最高営業責任者
  • Peter Campbell:Financial Times、国際自動車産業特派員

ビデオの各章:

EVの普及を加速させるEV充電用インフラの向上


EVの更なる導入を阻んでいる問題は何でしょうか?消費者のグリッドの利用の仕方をより深く理解することは、EV充電用インフラを普及させることと同様に重要です。消費者の利便性がEV充電用インフラの課題に緊密に関連しているのです。

Vehicle to Gridシステムへの移行の実現


車載バッテリから使われていない電気エネルギーを集めてグリッドに戻すという考え方は、グリッド容量の問題を解決する可能性をもたらします。Vehicle to Gridの考え方は既に存在していますが、この導入を主流にするには、高度なデータ分析と先進的なアプローチが求められます。

バッテリ・ライフサイクルを全体的視点で見る


バッテリ・パック内の各セルに関して技術がより優れた分析情報を提供することで、規模を拡大できる再利用およびリサイクルの方針を実現し、バッテリの循環型経済を構築する方法についてご覧ください。