signals header

Signals+ ニュースレター登録

Signals+はコネクティビティ、デジタルヘルス、モビリティ、スマートインダストリーに関する最新情報をお届けします。

      詳細については、「個人情報保護とセキュリティに関する方針」をご覧ください。
      プライバシー設定は、Analog DevicesからのニュースレターまたはmyAnalogの設定ページから、いつでも変更いただけます。

      ありがとうございます。ご登録のメールアドレスにお送りしたメールを確認し、ニュースレター登録を完了させてください。

      世界中の人々の生活に影響を与える、画期的なテクノロジーに関する最新情報をタイムリーにお届けします。

      閉じる

      カーボン・ニュートラルの未来:電動化のエコシステムがビジネスと技術に及ぼす影響


      オートモーティブOEMはますます速いペースでEVを量産しています。この傾向は、連携や提携を強化することで大きな利点がもたらされる、堅牢な電動化エコシステムへの道を開いています。このエコシステムの中心にはバッテリがあり、これがEVを手頃な価格の、実用的で真にサステナブルなものにする鍵となっています。最近、アナログ・デバイセズはGlobal Battery AllianceおよびNational Gridの主要な関係者と共に、電動化エコシステムが直面している課題についてのディスカッションに参加しました。パネリストは、バッテリ・メーカー、技術サプライヤ、電力事業者からOEMや最終消費者にいたるエコシステム全体にわたる、サステナブルなバリュー・チェーンを生み出すソリューションや機会について議論を展開しました。

      堅牢な循環型経済やバッテリ・ライフサイクルを促進する電動化エコシステムの役割と、サステナブルな電動化イノベーションの未来を、詳しくご紹介します。

      パネリスト:

      • Roger Atkins、Electric Vehicles Outlook Ltd.(進行役)
      • Gina Aquilano、アナログ・デバイセズ、オートモーティブ・ビジネス・ユニット担当技術ディレクタ
      • Guy Ethier、Global Battery Alliance、理事長
      • Jake Navarro、National Grid、クリーン・トランスポーテーション担当ディレクタ

      ご覧いただけるビデオの区分:

      EV普及の障壁


      インフラストラクチャ、バッテリのイノベーション、エコシステムの変化など、EVを広く普及させる際の主要な課題とそれを克服するソリューションについて、パネリストが検討します。

      電動化エコシステムの進化


      バリュー・チェーン全体にわたる提携や連携を通じてEVをより手頃な価格で入手しやすいサステナブルなものにするための、考慮すべき重要な事項について、パネリストが検討します。

      アナログ・デバイセズのワイヤレス・バッテリ管理システム(wBMS)


      EV車両群の急速な拡張、バッテリの健全性のために使用される非接触型データ収集のためのプラットフォーム作成、バッテリのセカンド・ライフ・アプリケーションへのよりスムーズな移行など、アナログ・デバイセズの革新的なワイヤレスBMSソリューションによる中心的な利点を、アナログ・デバイセズのGina Aquilanoが概説します。

      バッテリのセカンド・ライフ


      真にサステナブルな電動化エコシステムは、最適化されたバッテリ・ライフサイクルによって強化された、堅牢な循環型経済の進展に依存します。パネリストは、バッテリ・セカンド・ライフというコンセプトと、カーボン・ニュートラルの将来を形成する際のその重要な性質について議論します。

      サービスとしてのバッテリ


      車は購入しバッテリはリースにするという、サービスとしてのバッテリというコンセプトは、将来、破壊的(ディスラプティブ)で実現可能なビジネス・モデルとなる可能性があります。所有コストが下がり、バッテリのファースト・ライフとセカンド・ライフが向上するモデルです。

      電動化の将来


      パネリストは、バッテリ・パスポートというコンセプト、バッテリの寿命末期についての考慮事項、革新的なインフラストラクチャを生み出すことに向けた包括性を促進することの重要性などを紹介します。