SSM3582A
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

SSM3582A

2 × 31.76W、デジタル入力、フィルタなし、ステレオ、クラスDオーディオ・アンプ

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 3
1Ku当たりの価格 最低価格:$4.18
特長
  • デジタル入力ステレオ、高効率、クラスDアンプ
  • 単電源4.5V~16Vで動作
  • 最先端かつ独自のフィルタなしΣ-Δ変調
    • PO = 8.1W、RL = 8Ω、AV = 19dB、PVDD = 12V、A加重で106.5dBのS/N比
    • 8Ωに5W時に0.004% THD + N
    • 38.5µV rms出力電圧ノイズ、f = 20Hz~20 kHz、A加重、PVDD = 16V、8Ω
  • ポップ/クリックレスのオン/オフ・シーケンス
  • 2 × 14.67W出力、4Ω負荷への12V電源、1%未満のTHD + N
  • 2× 14.4 W出力、8Ω負荷への16V電源、1%未満のTHD + N
  • 最大出力電力を高めるモノ・モード
  • 1 × 49.69W出力、2Ω負荷への16V電源、1%未満のTHD + N
  • 低インピーダンス負荷のサポート
    • ステレオ・モードで最低3Ω/5μH
    • モノ・モードで最低2Ω/5μH
  • 高い電力効率
    • 効率93.8%(8Ωの負荷)
    • 効率90.6%(4Ωの負荷)
    • 12V PVDD単電源での静止電流12.34mA
  • 内部LDOによる単電源動作、または消費電力が最も小さい外部5Vおよび1.8V電源を使用するオプションあり
  • 最大16ピンの選択可能なスロット/アドレスによるI2C制御およびハードウェア・モード
  • 分解能24ビットの8kHz~192kHzのサンプル・レートをサポート
  • 複数のPCMオーディオ・シリアル・データ・フォーマット
    • シングル・バス上に最大16台のデバイスをサポートするTDMスレーブ
    • I2Sまたは左詰めスレーブ
  • 多数のPVDD源用にカスタマイズされた調整可能なフルスケール出力
  • 2セルおよび3セルのリチウムイオン・バッテリ
  • 滑らかなランプを選択可能なデジタル・ボリューム制御
  • 自動パワーダウン機能
  • 電源モニタリング自動ゲイン制御(AGC)機能によるシステム・ブラウンアウトの低減
  • I2Cなしのスタンドアロン動作モード
  • I2Cを介して1°C単位で読み出す温度センサー
  • 短絡保護、低電圧、過熱保護
  • 早期温度警告
  • パワーオン・リセット
  • PVDD検出ADC
  • 40ピン、6mm × 6mm LFCSP、サーマル・パッド付き
製品概要
show more Icon

SSM3582Aは、高集積化された高効率のデジタル入力ステレオ・クラスDオーディオ・アンプです。デバイスは単電源で動作し、必要な外部コンポーネントが少ないため、回路の部品表を大幅に削減できます。

独自のスペクトラム拡散Σ-Δ変調方式により、スピーカに直接接続でき、他のクラスDアーキテクチャと比較してEMI放射を抑えながら最先端のアナログ性能を確保しています。オプションの超低電磁干渉(EMI)モードにより、100MHzを超えるEMI放射が大幅に低減されるため、スピーカのケーブル長を長くすることができます。オーディオはアンプにデジタル転送され、デジタル環境における信号破損の可能性を最小限に抑えます。アンプは、106dBのS/N比、0.004%という低い全高調波歪み(THD)+ノイズ(THD + N)で、優れたアナログ性能を発揮します。

SSM3582Aは、4.5V~16Vの単電源で動作し、1%未満の全高調波歪み(THD)で8Ωと4Ωの負荷に2× 15W rmsを連続的に供給できます。変調方式が効率的なため、広範なインピーダンスにわたって93.8%(8Ωの負荷)や90.6%(4Ωの負荷)という優れた電力効率が維持されます。出力パルスの最適化により、3Ω/5μHの低インピーダンスでも性能が維持されるため、拡張帯域幅のツイータで使用できます。

パルス・コード変調(PCM)オーディオ・シリアル・ポートは、I2S、左詰め、時分割マルチプレクス(TDM)などの一般的なプロトコルをほとんどサポートしており、シングル・インターフェースで最大16台のデバイス、最大32個のオーディオ再生チャンネルに対応できます。

IC動作は、専用のI2Cインターフェースで制御されます。2つのADDRxピン(2 ×、5レベル)は、I2Cモードとスタンドアロン・モードの最大16個のアドレスを定義し、デフォルトのTDMスロット属性を自動的に設定します。

マイクロパワー・シャットダウン・モードは、デジタル・オーディオ・インターフェース・クロックの削除によりトリガされ、電流の代表値は1µA未満です。ソフトウェア・パワーダウン・モードも利用できます。

入力に信号がない場合は、自動パワーダウン機能により、アンプやD/Aコンバータ(DAC)がシャットダウンされ、デジタル入力がないときの消費電力を最小限に抑えます。デバイスは、入力に非ゼロのデータがある場合に再起動します。ミュート/ミュート解除の遷移はポップ/クリックレスです。

SSM3582Aは、−40°C~+85°Cの商用温度範囲で仕様規定されています。このデバイスは、サーマル・シャットダウン機能と出力短絡保護の機能を備えています。また、プログラマブルなゲイン制限による早期温度警告によって動作が維持されます。

SSM3582Aは、放熱効果を高めるサーマル・パッド付きの40ピン、6mm × 6mmリード・フレーム・チップ・スケール・パッケージ(LFCSP)パッケージで提供されます。

アプリケーション

  • モバイル・コンピューティング
  • オールインワン・コンピュータ
  • ポータブル機器
  • ワイヤレス・スピーカ
  • テレビ

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 3
1Ku当たりの価格 最低価格:$4.18

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
SSM3582ACPZ
  • HTML
  • HTML
SSM3582ACPZ-R7
  • HTML
  • HTML
SSM3582ACPZ-RL
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

reference details image

EVAL-SSM3582

SSM3582評価用ボード

zoom

EVAL-SSM3582

SSM3582評価用ボード

SSM3582評価用ボード

機能と利点

  • 16V時、4Ωに2 × 31.76W、THD + N = 10%

製品の詳細

EVAL-SSM3582Zは、SSM3582またはSSM3582Aの評価用ボードであり、ステレオ、31.76W、高効率、デジタル入力のクラスDオーディオ・アンプを内蔵しています。この評価用ボードはSSM3582とSSM3582Aのどちらのデバイスにも使用できます。

アプリケーション回路には外付け部品がほとんど必要ないため、4.5V~16Vの単電源で動作します。EVALSSM3582Zは、12V電源から4Ω負荷に14.67Wの連続出力電力を1%未満のTHD + Nで供給できます。または、16Vから4Ω負荷に31.76Wを10%のTHD +Nで供給できます。

SSM3582およびSSM3582Aは、外付け再構成フィルタ(LC)出力フィルタが不要な高効率の低ノイズ変調方式を採用しています。この方式は、低出力電力時も高い効率を発揮します。

EVAL-SSM3582Zと、SSM3582またはSSM3582Aは、12V電源で8Ωの負荷に10Wを供給する場合は93.8%の効率、4Ωの負荷に18Wを供給する場合は90.6%の効率で動作します。EVALSSM3582Z、SSM3582およびSSM3582Aには、38.5µV rms(A加重)の典型的ノイズ・フロアがあります。

このユーザー・ガイドには、EVALSSM3582Zの設定方法および使用方法が記載されています。アンプの仕様、内部ブロック図、レジスタ・マップ、アプリケーション・ガイダンスについては、SSM3582およびSSM3582Aのデータシートと併せて、このユーザー・ガイドを参照してください。

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 1

最近表示した製品