製品概要

機能と利点

  • 超低動作電源電圧:0.7V
  • 低消費電流:4.0µA
  • 2.85V~5.0V電源電圧の高精度監視
  • リセットスレッショルド:2.63V~4.80V (100mV刻み)
  • デバウンス付きのマニュアルリセット入力
  • 全温度範囲で完全に仕様測定済み
  • 3つのパワーオンリセットタイムアウト期間:1ms (min)、20ms (min)、100ms (min)
  • 低コスト
  • 3つの出力構造:プッシュプルアクティブローRESET、プッシュプルRESET、オープンドレインアクティブローRESET
  • VCC = 0.7VまでRESET/アクティブローRESETの有効性を保証(MAX6803/MAX6804)
  • 電源トランジェント耐性
  • 外付部品不要
  • パッケージ:4ピンSOT143
  • MAX811/MAX812およびMAX6314/MAX6315とピンコンパチブル

製品概要

MAX6803/MAX6804/MAX6805は、2.85V~5.0Vマイクロプロセッサ(µP)およびディジタル機器の電源を監視するµP監視回路です。これらの製品は外付部品および調整を必要としないため、回路の信頼性向上、コスト削減を実現します。また、デバウンス付きのマニュアルリセット入力も備えています。これらのデバイスの行う機能は1つです。

いずれの製品も、VCC電源電圧が予め設定されたスレッショルドよりも低くなるか、またはマニュアルリセットが発生した時にリセット信号を発生します。VCCがリセットスレッショルドよりも高くなるか、マニュアルリセットが解除された後も、予め設定されたタイムアウト期間中はリセット状態が維持されます。3つの製品の唯一の違いは出力です。MAX6804 (プッシュプル)およびMAX6805 (オープンドレイン)はアクティブローRESET出力を、MAX6803 (プッシュプル)はアクティブハイRESET出力を備えています。MAX6803/MAX6804はVCCが0.7Vに下がるまで、MAX6805はVCCが1.0Vに下がるまで正しい状態を保つことが保証されています。

これらのICのリセットコンパレータはVCCの高速トランジェントを無視するように設計されています。リセットスレッショルドは2.63V~4.80Vの間で約100mV刻みの出荷時設定が可能です。これらのデバイスでは、1ms (min)、20ms (min)、または100ms (min)のリセットタイムアウト期間を使用できます。スペースに厳しい制限があるアプリケーションに最適なMAX6803/MAX6804/MAX6805は、4ピンSOT143パッケージで提供されています。スレッショルド電圧が更に低いバージョンについては、MAX6335/MAX6336/MAX6337を参照して下さい。

アプリケーション

  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、サーバ
  • コントローラ
  • クリティカルなµPおよびµC電源監視
  • インテリジェント機器
  • ポータブルバッテリ駆動機器

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明