製品概要

機能と利点

  • デュアル/トリプル電源リセット電圧モニタ
  • 高精度出荷時設定リセットスレッショルドにより0.9V~5.0Vを監視
  • 最低可変リセット入力:0.488V
  • リセットタイムアウト期間オプション:150msおよび1200ms (min)
  • 電源シーケンスアプリケーション用VCC1パワーOK出力(MAX6741/MAX6744)
  • パワーフェイル入力/パワーフェイル出力(MAX6742/MAX6745)
  • 消費電流:6µA
  • 小型SC70パッケージ
  • 製品概要

    MAX6736~MAX6745は、低電力デュアル/トリプル電圧マイクロプロセッサ(µP)監視回路です。監視対象電源電圧のいずれかが出荷時設定スレッショルドや可変スレッショルドを下回る場合にこれらのデバイスはリセットをアサートし、全電源電圧がそれぞれのスレッショルドを上回った後に最小タイムアウト期間の間リセットを保持します。デュアル/トリプル監視回路を内蔵しているため、個別のICやディスクリート部品に比べサイズと電力が大幅に削減されます。6µAの低消費電流により、これらのデバイスはポータブル機器に最適です。

    MAX6736/MAX6737は、マニュアルリセット入力付きのデュアル固定電圧µP監視回路です。MAX6738/MAX6739は、1つの固定および1つの可変リセットスレッショルド入力と、マニュアルリセット入力を備えています。MAX6740/MAX6743は、2つの固定および1つのユーザ可変リセットスレッショルド入力付きのトリプル電圧µP監視回路です。MAX6741/MAX6744 は、電源シーケンスに最適なパワーOK (POK)出力付きのデュアル電圧µP監視回路です。MAX6742/MAX6745は1次VCC電源電圧を監視して、独立したパワーフェイルコンパレータを備えています。

    MAX6736~MAX6745は、出荷時設定のリセットスレッショルド電圧オプションにより1.8V~5.0VのI/O電源電圧(VCC1)および0.9V~3.3Vのコア電源電圧(VCC2)を監視します(フルデータシートの「Table 1 (表1)」参照)。外部可変RSTIN入力オプションを使って、最低0.5Vまで電圧を監視することができます。

    マニュアルリセット入力およびパワーフェイル入出力機能とともに、さまざまなプッシュプルまたはオープンドレインリセット出力が提供されます(フルデータシートの「Selector Guide (選択ガイド)」参照)。MAX6736~MAX6745は省スペース5ピンSC70パッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲で動作します。

    アプリケーション

    • コントローラ
    • GPS装置
    • マルチ電圧システム
    • ノートブックコンピュータ
    • PDA
    • ポータブルバッテリ駆動機器
    • POS機器

    製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

    この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

    設計リソース

    アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

    サンプル&購入

    オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

    サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

     

    モデル一覧の項目説明