MAX6655
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

MAX6655

デュアルリモート/ローカル温度センサおよび4チャネル電圧モニタ

すべて表示 showmore-icon

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$4.59
機能
  • 3つの温度チャネル
    • 2つのリモートPNジャンクション
    • 1つのローカルセンサ
  • 4つの電圧チャネル
    • +12V、+5V、+3.3V、+2.5V
    • 3つの外部モニタ
    • 1つの内部電源モニタ
  • 分解能:0.125℃ (11ビット)
  • 高精度:±1℃ (+60℃~+100℃時)
  • プログラマブル上限/下限スレッショルドアラーム
  • プログラマブル節電モード
  • キャリブレーション不要
  • SMBus/I²C対応のインタフェース
  • ファン制御およびシステムシャットダウン用アクティブローOVERT出力
製品概要
show more Icon

MAX6655/MAX6656は、高精度の電圧および温度モニタです。ディジタルサーモメータは、2個のリモートセンサとサーモメータ自身のチップ温度を測定します。リモートセンサは、ダイオード接続トランジスタ(通常、低コストで取付けが容易な2N3906 PNPタイプ)で、従来のサーミスタや熱電対に置き換わるものです。リモート精度としては、キャリブレーションなしで複数メーカのトランジスタに対して±1℃です。また、リモートチャネルは、コレクタ接地でかつそのベースとエミッタが温度検出用のサブストレート接続PNPジャンクションを内蔵したマイクロプロセッサなど、他のICのチップ温度を測定することもできます。温度は、11ビット分解能でディジタル化されます。

MAX6655/MAX6656は、これらデバイス自身の電源電圧および3つの外部電圧を8ビット分解能で測定します。各電圧入力の感度は、入力電圧がその公称値である場合、ほぼ3/4スケール出力コードとなるように設定されます。MAX6655は+5Vの電源で動作し、その2番目の電圧モニタは3.3Vです。MAX6656は+3.3Vの電源で動作し、その2番目の電圧モニタは5Vです。

2線式シリアルインタフェースは、標準SMBus™のWriteバイト、Readバイト、Sendバイト、およびReceiveバイトの各コマンドを受け入れて、アラームスレッショルドをプログラムしデータを読み取ります。また、MAX6655/MAX6656は、SMBus警報応答とタイムアウト機能も備えています。これらのデバイスは、プログラマブルな変換速度で自動的かつ自立的に測定を行います。変換速度が可変であるため、ユーザは消費電流を制御することができます。

SMBusアクティブローALERT出力以外に、MAX6655/MAX6656はアクティブローOVERT出力を備えており、これは、温度が最高温度制限値を超えている間のみアクティブな状態を保持する温度リセットとして使用されます。アクティブローOVERT出力は、ファン制御やシステムシャットダウンに最適です。

アプリケーション

  • 通信システム
  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、サーバ
  • ノートブックコンピュータ
  • サーバ
  • 小型軽量クライアント
  • ワークステーション

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$4.59

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
MAX6655MEE+
  • HTML
  • HTML
MAX6655MEE+T
  • HTML
  • HTML
評価用キット

評価用キット 2

MAX6655EVSYS

MAX6655、MAX6656の評価システム/評価キット

zoom

MAX6655EVSYS

MAX6655、MAX6656の評価システム/評価キット

MAX6655、MAX6656の評価システム/評価キット

機能と利点

  • 3つの温度チャネルの測定と表示
    • 2つのリモートPNジャンクション
    • 1つのローカルセンサ
  • 4つの電圧チャネルを監視
    • 3つの外部チャネル(公称+2.5V、+3.3V、および+12V)
    • VCCピン(公称+5V)
  • プログラマブルアラームと設定
  • 動作温度範囲
    • -55℃~+125℃ (リモートセンサ)
    • 0℃~70℃ (ボード)
  • SMBus/I²C対応
  • 使い易いメニュー方式のソフトウェア
  • 実装および試験済み
  • Windows 95/98対応ソフトウェアおよびデモPCB内蔵

製品の詳細

MAX6655の評価システム(EVシステム)は、MAX6655の評価キット(EVキット)および関連製品のマキシムSMBus™インタフェース基板で構成されています。

MAX6655のEVキットは、デュアルリモート/ローカル温度センサおよび4チャネル電圧モニタのMAX6655を検証する実装および試験済みPCBです。これは、MAX6655の温度と電源電圧、2個の外部ダイオード接続トランジスタ、および3つの外部電源の電圧を監視します。温度は11ビットのシリアルデータに変換され、電圧は8ビットデータに変換されます。2個の2N3906温度センサトランジスタは、SOT23パッケージに基板で半田付けされていますが、取外しが可能です。基板は、さらにお客様のシステム上のリモートダイオードにツイストペアケーブルで接続することができます。

マキシムのSMBusインタフェース基板(MAXSMBus)を使用して、IBM®互換PC上で、そのパラレルポートを使用してIntel®システム管理バス(SMBus)の2線式インタフェースをエミュレートすることができます。Windows® 95/98対応ソフトウェアが、MAX6655の機能を実行しやすいインタフェースを提供します。プログラムは、メニュー方式で、制御ボタンとステータスディスプレイ付きのグラフィックインタフェースを介して行われます。

MAX6655についてIBM PCベースの評価を総合的に行う場合は、MAX6655EVSYSを請求してください。SMBusインタフェースを既にお持ちの場合は、MAX6655EVKITを請求してください。

MAX6656を評価するには、MAX6656MEEの無料サンプルをご請求ください。

アプリケーション

  • 通信システム
  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、サーバ
  • ノートブックコンピュータ
  • サーバ
  • 小型軽量クライアント
  • ワークステーション

MAX6655EVKIT

MAX6655、MAX6656の評価システム/評価キット

zoom

MAX6655EVKIT

MAX6655、MAX6656の評価システム/評価キット

MAX6655、MAX6656の評価システム/評価キット

機能と利点

  • 3つの温度チャネルの測定と表示
    • 2つのリモートPNジャンクション
    • 1つのローカルセンサ
  • 4つの電圧チャネルを監視
    • 3つの外部チャネル(公称+2.5V、+3.3V、および+12V)
    • VCCピン(公称+5V)
  • プログラマブルアラームと設定
  • 動作温度範囲
    • -55℃~+125℃ (リモートセンサ)
    • 0℃~70℃ (ボード)
  • SMBus/I²C対応
  • 使い易いメニュー方式のソフトウェア
  • 実装および試験済み
  • Windows 95/98対応ソフトウェアおよびデモPCB内蔵

製品の詳細

MAX6655の評価システム(EVシステム)は、MAX6655の評価キット(EVキット)および関連製品のマキシムSMBus™インタフェース基板で構成されています。

MAX6655のEVキットは、デュアルリモート/ローカル温度センサおよび4チャネル電圧モニタのMAX6655を検証する実装および試験済みPCBです。これは、MAX6655の温度と電源電圧、2個の外部ダイオード接続トランジスタ、および3つの外部電源の電圧を監視します。温度は11ビットのシリアルデータに変換され、電圧は8ビットデータに変換されます。2個の2N3906温度センサトランジスタは、SOT23パッケージに基板で半田付けされていますが、取外しが可能です。基板は、さらにお客様のシステム上のリモートダイオードにツイストペアケーブルで接続することができます。

マキシムのSMBusインタフェース基板(MAXSMBus)を使用して、IBM®互換PC上で、そのパラレルポートを使用してIntel®システム管理バス(SMBus)の2線式インタフェースをエミュレートすることができます。Windows® 95/98対応ソフトウェアが、MAX6655の機能を実行しやすいインタフェースを提供します。プログラムは、メニュー方式で、制御ボタンとステータスディスプレイ付きのグラフィックインタフェースを介して行われます。

MAX6655についてIBM PCベースの評価を総合的に行う場合は、MAX6655EVSYSを請求してください。SMBusインタフェースを既にお持ちの場合は、MAX6655EVKITを請求してください。

MAX6656を評価するには、MAX6656MEEの無料サンプルをご請求ください。

アプリケーション

  • 通信システム
  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、サーバ
  • ノートブックコンピュータ
  • サーバ
  • 小型軽量クライアント
  • ワークステーション

最近閲覧した製品