製品概要

機能と利点

  • 16ビットの単調性を保証
  • 8mm x 8mmの56ピンTQFNパッケージまたは64ピンTQFPパッケージの32チャネルDAC
  • 4つの出力電圧範囲
    • 0V~+5V (MAX5732)
    • 0V~+10V (MAX5733)
    • -2.5V~+7.5V (MAX5734)
    • -5V~+5V (MAX5735)
  • 10kΩ || 100pFが駆動可能なバッファ電圧出力
  • グリッチフリー電源投入
  • SPI/QSPI/MICROWIRE/DSP対応の33MHzシリアルインタフェース

製品概要

MAX5732~MAX5735は、32チャネル、16ビット、電圧出力、ディジタル-アナログコンバータ(DAC)です。すべての製品は、3Vの外部リファレンス入力で動作します。これらの製品は、すべての出力にオフセットを加えることが可能な内蔵オフセットDACおよびグランド検出機能を備えており、出力電圧の基準をリモートグランドとすることができます。

33MHzのSPI™/QSPI™/MICROWIRE™およびディジタル信号プロセッサ(DSP)対応シリアルインタフェースがMAX5732~MAX5735を制御します。各DACは、ディジタル入力から出力へのディジタルノイズのフィードスルーを最小限に抑制するのに有用なダブルバッファ入力回路を備えており、出力の同期または非同期更新が可能です。また、MAX5732~MAX5735は、リードバックまたは複数デバイスのデイジーチェーン接続が可能なDOUTを備えています。これらの製品は、アナログ部分とディジタル部分に対して独立の電源入力、および出力バッファアンプに独立の電源入力を備えています。MAX5732~MAX5735は、電源投入時の出力グリッチを防止し、電源シーケンスの必要性を排除するための独自のデグリッチ回路を内蔵しています。これらの製品は、効率的な電源管理が可能なソフトウェアシャットダウンモードを備えています。MAX5732~MAX5735は、シャットダウン時の消費電流が50µAです。

MAX5732~MAX5735は、100pFと並列の10kΩを駆動することができるバッファ出力を備えています。出力範囲は、MAX5732が0V~+5Vで、MAX5733が0V~+10V、MAX5734が-2.5V~+7.5V、MAX5735が-5V~+5Vです。MAX5732~MAX5735は、8mm x 8mmの56ピンTQFNパッケージおよび64ピンTQFPパッケージで提供されており、0℃~+85℃の温度範囲で動作します。

アプリケーション

  • 任意関数発生器
  • 自動試験システム
  • アビオニクス機器
  • デジタルオフセット/利得調整
  • 産業用プロセス制御
  • 光ルータ制御

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明