製品概要

機能と利点

  • AEC-Q100
  • 高速PWMエッジ回復:500ns (500V/µs PWMエッジから)
  • AC CMRR除去:60dB (50V、±500V/µs PWMエッジ)
  • DC CMRR除去:140dB
  • 入力電圧範囲:-0.1V~+65V
  • 保護耐圧:-5V~+70V
  • -3dB帯域幅:300kHz
  • 複数の利得オプション:10V/V、20V/V、50V/V
  • 双方向オフセット用の内部1%リファレンス
  • 入力オフセット電圧:5µV (typ)
  • レール・ツー・レール出力
  • 2.02mm × 1.4mm、8ピンWLPおよび8ピンµMAX
  • 温度範囲:-40℃~+125℃

製品概要

MAX40056は双方向電流検出アンプで、-0.1V~+65Vにわたる入力コモンモード範囲と、-5Vまでの負の誘導性キックバック電圧に対する保護を備えています。このCSAは、パルス幅変調を使用して駆動電圧および電流を制御する、モーターやソレノイドなどの誘導性負荷の位相電流監視に最適です。MAX40056は改良された手法を使用し、最大±500V/µsおよびそれ以上のスルーレートでコモンモード入力PWMエッジの除去に役立ちます。コモンモード除去比(CMRR)は、60dB (typ、50V、±500V/µs入力)および140dB DC (typ)です。

MAX40056は、公称+3.3V電源で使用する内部+1.5Vリファレンスを備えています。このリファレンスは、隣接する差動ADCの駆動に使用することも可能です。このリファレンスは、検出された入力電流の方向を示すための出力のオフセットに使用されます。REF端子は外部負荷に電流を供給可能で、リファレンス電圧をノイズの多いPCB内に配線することによる性能の劣化を防ぐために役立ちます。あるいは、より高い電源電圧およびより大きいフルスケール出力振幅の場合、より高電圧の、外部リファレンスによって、内部リファレンスをオーバーライドすることも可能です。

内部または外部リファレンスを使用して、内蔵過電流コンパレータのトリップスレッショルドを定義することができます。これによって、過電流フォルト状態を瞬時に表示することができます。

MAX40056は、-40℃~+125℃の温度範囲全体にわたって、+2.7V~+5.5Vの電源電圧で動作します。このデバイスは、8ピンウェハレベルパッケージ(WLP) (2.02mm × 1.4mm)および8ピンµMAXパッケージで提供されます。

デザインソリューション:How Less Can Be More in Motor Control Design ›

アプリケーション

  • 車載用
  • バッテリスタックモニタ
  • 誘導負荷の電流監視
  • PWM Hブリッジモーターインライン/同相/巻線電流検出
  • ソレノイド電流検出

製品カテゴリ

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット (1)

おすすめ製品

MAX40056U 互換製品

推奨製品 Related Parts

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明