MAX20444C
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

MAX20444C

Automotive 4-Channel, 130mA Backlight Driver with Boost/SEPIC Controller and I2C Interface

すべて表示 showmore-icon

4-Channel, 130mA LED Driver Provides Full Diagnostics and Hybrid Dimming thru I2C

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 4
1Ku当たりの価格 最低価格:$2.62
特長
  • Wide-Voltage-Range Operation
    • Operates Down to 4V Supply After Startup
    • Survives Load Dump Up to 52V
  • High Integration
    • Complete 4-Channel Solution Including Boost Controller
    • I2C Control for Minimum Parts Count
  • Robust and Low EMI
    • Spread-Spectrum Oscillator
    • Phase Shifting
    • 400kHz to 2.2MHz Switching-Frequency Range
    • Fail-Safe Operation Mode Using the FSEN Pin
  • Versatile Dimming Scheme Allows Hybrid or PWM-Only Dimming Using DIM Input or I2C
    • Dimming Ratio > 10000:1 Using Hybrid Dimming
    • 10000:1 Dimming Ratio at 200Hz Using PWM Dimming
  • Complete Diagnostics
    • LED Open/Short Detection and Protection
    • Boost Output Undervoltage and Overvoltage
    • Boost-Voltage Measurement
    • LED-Current Measurement
    • Thermal Shutdown
  • Compact (4mm x 4mm) 24-Pin TQFN and SWTQFN Packages
製品概要
show more Icon

The MAX20444C is a 4-channel backlight driver IC with boost controller for automotive displays. The integrated current outputs can sink up to 130mA LED current each. The device accepts a wide 4.5V to 36V input voltage range and withstands direct automotive load-dump events.

The internal current-mode switching DC-DC controller supports boost or SEPIC topologies and operates in the 400kHz to 2.2MHz frequency range. Integrated spread spectrum helps reduce EMI. An adaptive output-voltage-control scheme minimizes power dissipation in the LED current-sink paths.

The device features I2C-controlled pulse-width-modulation (PWM) dimming and hybrid dimming. In either case, the minimum pulse width is 500ns. Phase-shifted dimming of the strings is incorporated for lower EMI.

Comprehensive diagnostic information is also available through the I2C interface, while stand-alone operation is also supported.

The MAX20444C is available in a 24-pin TQFN or 24-pin side-wettable TQFN (SWTQFN) package and operates over the -40°C to +125°C temperature range.

Applications

  • Central Information Displays
  • Infotainment Displays
  • Instrument Clusters

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 4
1Ku当たりの価格 最低価格:$2.62

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
MAX20444CATG/V+
  • HTML
  • HTML
MAX20444CATG/V+T
  • HTML
  • HTML
MAX20444CATG/VY+
  • HTML
  • HTML
MAX20444CATG/VY+T
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

MAX20444BEVKIT

MAX20444B/MAX20444Cの評価キット

zoom

MAX20444BEVKIT

MAX20444B/MAX20444Cの評価キット

MAX20444B/MAX20444Cの評価キット

機能と利点

  • MAX20444Bの堅牢性を実証
  • 広い入力動作範囲:4.5V~36V (最大52Vのロードダンプ)
  • 中~大型の車載LCDディスプレイおよびディスプレイバックライトアプリケーション用HB LED (最大4ストリング)に給電
  • 抵抗で設定可能なスイッチング周波数:400kHz~2.2MHz (スペクトラム拡散オプション内蔵)
  • 位相シフト調光オプション
  • サイクル単位の電流制限およびサーマルシャットダウン機能を実証
  • 広い調光比を実証
  • フェイルセーフ動作を実証
  • I2Cで設定可能
  • 専用GUI
  • 実証済みPCBおよび熱設計
  • 完全実装および試験済み

製品の詳細

MAX20444Bの評価キット(EVキット)は、車載ディプレイ用のブーストコントローラおよびI2Cインタフェース内蔵集積型、4チャネル、高輝度LEDドライバのMAX20444Bを実証します。

このEVキットは4.5V~36Vの範囲のDC電源電圧で動作し、スイッチング周波数は2.2MHzまたは400kHzのいずれかに設定可能です。このEVキットは、スタンドアロンモードまたはI2Cモードで動作するように設定可能です。スペクトラム拡散モード(SSM)はデフォルトでイネーブルされEMIを向上させますが、レジスタビットを介してディセーブルすることも可能です。このEVキットは、位相シフトされたパルス幅変調(PWM)調光を実証します。これは、DIM PCBパッドに印加するPWM信号を使用して外部的に行うか、またはI2Cを使用して所望の調光周波数および個別のデューティサイクルを設定することによって内部的に行うことができます。ハイブリッド調光機能も、レジスタビットを介してイネーブルしてEMIを低減することが可能です。また、このEVキットは短絡LED、オープンLED、ブースト出力低電圧および過電圧、および過熱に対するフォルト保護も実証します。

2.2MHzまたは400kHz以外のスイッチング周波数で動作させる場合は、MAX20444B ICのデータシートに記載された計算に従って外付け部品を選んでください。

このEVキットはI2Cインタフェースを提供し、MINIQUSB+アダプタボードまたはサードパーティ製I2Cマスターと組み合わせて動作可能です。また、このEVキットはICの機能を実行するための簡素なグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を提供するWindows®対応ソフトウェアも備えています。

アプリケーション

  • 中央情報ディスプレイ
  • インフォテイメントディスプレイ
  • 計器クラスタ
ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 1

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

最近表示した製品