MAX19706
searchIcon

MAX19706

10ビット、22Msps、超低電力アナログフロントエンド

すべて表示 showmore-icon

低電力ポータブルアプリケーション向けに最適化されたAFEファミリ

製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • デュアル、10ビット、22MspsのRx用ADCおよびデュアル、10ビット、22MspsのTx用DAC
  • 超低電力
    49.5mW (fCLK = 22MHzの高速モードにおいて)
    39.3mW (fCLK = 22MHzの低速モードにおいて)
    低電流スタンバイおよびシャットダウンモード
  • プログラマブルなTx用DACのコモンモードDCレベルおよびI/Qオフセットの調整
  • 優れたダイナミック性能
    SNR = 54.6dB (fIN = 5.5MHzにおいて) (Rx ADC)
    SFDR = 72.6dBc (fOUT = 2.2MHzにおいて) (Tx DAC)
  • 3つの12ビット、1µs補助DAC
  • 4:1の入力マルチプレクサおよびデータ平均化モード付き10ビット、333ksps、補助ADC
  • 卓越した利得/位相マッチング
    ±0.12°の位相、±0.01dBの利得(Rx ADC) (fIN = 5.5MHzにおいて)
  • マルチプレックス型のパラレル、デジタルI/O
  • シリアルインタフェース制御
  • 汎用電源制御回路
    シャットダウン、スタンバイ、アイドル、Tx/Rxディセーブル
  • 小型48ピンTQFNパッケージ(7mm x 7mm x 0.8mm)
  • 製品概要
    show more Icon

    MAX19706は、消費電力重視の通信機器用に設計された超低電力、ミックスドシグナルのアナログフロントエンド(AFE)です。このデバイスは超低電力で高ダイナミック性能に最適化され、10ビットデュアル22Msps受信(Rx)用ADC、10ビットデュアル22Msps送信(Tx)用DAC、3つの補助RFフロントエンド制御用高速セトリング12ビット補助DACチャネル、および10ビット、333kspsのハウスキーピング用補助ADCを内蔵しています。Tx-Rx FAST (高速)モードでの標準動作電力は、22MHzのクロック周波数で49.5mWです。

    Rx ADCは、22MHzのクロック周波数で5.5MHzの入力周波数に対して54.6dBのSNRと75.6dBcのSFDRを備えています。アナログI/Q入力アンプは完全差動化され、1.024VP-Pのフルスケール信号を受け付けます。標準I/Qチャネルマッチングは±0.12°の位相で、±0.01dBの利得です。

    Tx DACのSFDRは、fOUT = 2.2MHzおよびfCLK = 22MHzで、72.6dBcです。アナログI/Qフルスケール出力電圧は、±400mVの差動電圧です。Tx DAC のコモンコードDCレベルを0.9V~1.35Vに設定することができます。I/Qチャネルオフセットは調整可能です。標準I/Qチャネルマッチングは±0.02dBの利得で、±0.1°の位相です。

    Rx ADCおよびTx DACは単一の10ビット、パラレルの高速ディジタルバスを共用するため、時分割デュープレクス(TDD)アプリケーション用のハーフ/デュープレクス動作が可能です。3線式シリアルインタフェースを通じて、電源管理モード、補助DACチャネル、および補助ADCチャネルを制御します。

    MAX19706は+2.7V~+3.3Vのアナログ単一電源と+1.8V~+3.3VのディジタルI/O電源で動作します。MAX19706は拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証され、48ピンTQFNパッケージで提供されます。ピンコンパチブルAFEファミリの全リストは、パラメトリック表を参照してください(English only)。

    アプリケーション

    • 802.11a/b/g WLAN
    • ポータブル通信機器
    • VoIP端末
    • WiMAXおよびWiBro CPE

    質問する

    modal close icon

    以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

    検索

    search button redirect icon

    その他のサポート

    サポート

    アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

    ADIサポート・ページはこちら
    Engineer Zone Icon

    ADIコミュニティに問い合わせる。

    EngineerZoneコミュニティはこちら

    Tool_OpenIcon

    よく聞かれる質問(FAQ)

    利用上の注意

    close icon

    アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


    本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

    なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

    ソフトウェアおよび製品のエコシステム

    ソフトウェアおよび製品のエコシステム

    評価用キット

    評価用キット 4

    MAX19706EVKIT

    MAX19705、MAX19706、MAX19707、およびMAX19708の評価キット

    zoom

    MAX19706EVKIT

    MAX19705、MAX19706、MAX19707、およびMAX19708の評価キット

    MAX19705、MAX19706、MAX19707、およびMAX19708の評価キット

    機能と利点

    • ADC/DACサンプリングレート:7.5Msps~45Msps
    • 低電圧/低電力動作
    • 可変利得、低速DACバッファ
    • クロック整形回路を実装
    • レベル変換I/Oドライバを実装
    • 実装および試験済み
    • Windows 98/2000/XP対応ソフトウェアを同梱

    製品の詳細

    MAX19705~MAX19708の評価システム(EVシステム)は、MAX19705~MAX19708の評価キット(EVキット)、対になるマキシムコマンドモジュール(CMOD232またはCMODUSB)インタフェースボード、およびソフトウェアから構成されています。PCによるMAX19705~MAX19708の総合評価の場合は、総合EVシステム(フルデータシートの「Ordering Information (型番)」を参照)をお求めください。旧版のマキシムEVシステムとともにコマンドモジュールを購入済みの場合や、他のマイクロコントローラ(µC)ベースシステムでのカスタム使用の場合は、EVキットをお求めください。

    MAX19705~MAX19708のEVキットは、アナログフロントエンド(AFE)のMAX19705~MAX19708の性能評価に必要な部品を完備する完全実装および試験済み回路ボードです。MAX19705~MAX19708は、デュアル受信アナログ-ディジタルコンバータ(Rx ADC)、デュアル送信ディジタル-アナログコンバータ(Tx DAC)、1.024Vの内部電圧リファレンスをそれぞれ1個ずつ、3個の低速シリアルDAC、および1個の低速シリアルADCを集積しています。これらのEVキットボードはRx ADC用のACまたはDC結合、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、Tx DAC差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を内蔵しています。これらのEVキットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路を内蔵しています。これらのEVキットは、+3.0Vのアナログ電源、+1.8Vのディジタル電源、+3.0Vのクロック電源、および±5Vのバイポーラ電源で動作します。

    マキシムのコマンドモジュールインタフェースボード(CMOD232またはCMODUSB)を使って、PCによってシリアルポートやUSBポートを通じてSPI 3線式インタフェースをエミュレートすることができます。japan.maximintegrated.comからダウンロード可能なWindows® 98/2000/XP対応ソフトウェアは、MAX19705~MAX19708の機能を発揮するのに使いやすいインタフェースを提供します。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示付きのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を備えています。

    アプリケーション

    • ブロードバンドアクセス無線
    • ポータブル通信機器
    • 個人用携帯無線機(PMR)

    MAX19708EVKIT

    MAX19705、MAX19706、MAX19707、およびMAX19708の評価キット

    zoom

    MAX19708EVKIT

    MAX19705、MAX19706、MAX19707、およびMAX19708の評価キット

    MAX19705、MAX19706、MAX19707、およびMAX19708の評価キット

    機能と利点

    • ADC/DACサンプリングレート:7.5Msps~45Msps
    • 低電圧/低電力動作
    • 可変利得、低速DACバッファ
    • クロック整形回路を実装
    • レベル変換I/Oドライバを実装
    • 実装および試験済み
    • Windows 98/2000/XP対応ソフトウェアを同梱

    製品の詳細

    MAX19705~MAX19708の評価システム(EVシステム)は、MAX19705~MAX19708の評価キット(EVキット)、対になるマキシムコマンドモジュール(CMOD232またはCMODUSB)インタフェースボード、およびソフトウェアから構成されています。PCによるMAX19705~MAX19708の総合評価の場合は、総合EVシステム(フルデータシートの「Ordering Information (型番)」を参照)をお求めください。旧版のマキシムEVシステムとともにコマンドモジュールを購入済みの場合や、他のマイクロコントローラ(µC)ベースシステムでのカスタム使用の場合は、EVキットをお求めください。

    MAX19705~MAX19708のEVキットは、アナログフロントエンド(AFE)のMAX19705~MAX19708の性能評価に必要な部品を完備する完全実装および試験済み回路ボードです。MAX19705~MAX19708は、デュアル受信アナログ-ディジタルコンバータ(Rx ADC)、デュアル送信ディジタル-アナログコンバータ(Tx DAC)、1.024Vの内部電圧リファレンスをそれぞれ1個ずつ、3個の低速シリアルDAC、および1個の低速シリアルADCを集積しています。これらのEVキットボードはRx ADC用のACまたはDC結合、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、Tx DAC差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を内蔵しています。これらのEVキットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路を内蔵しています。これらのEVキットは、+3.0Vのアナログ電源、+1.8Vのディジタル電源、+3.0Vのクロック電源、および±5Vのバイポーラ電源で動作します。

    マキシムのコマンドモジュールインタフェースボード(CMOD232またはCMODUSB)を使って、PCによってシリアルポートやUSBポートを通じてSPI 3線式インタフェースをエミュレートすることができます。japan.maximintegrated.comからダウンロード可能なWindows® 98/2000/XP対応ソフトウェアは、MAX19705~MAX19708の機能を発揮するのに使いやすいインタフェースを提供します。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示付きのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を備えています。

    アプリケーション

    • ブロードバンドアクセス無線
    • ポータブル通信機器
    • 個人用携帯無線機(PMR)

    MAX19705EVKIT

    MAX19705、MAX19706、MAX19707、およびMAX19708の評価キット

    zoom

    MAX19705EVKIT

    MAX19705、MAX19706、MAX19707、およびMAX19708の評価キット

    MAX19705、MAX19706、MAX19707、およびMAX19708の評価キット

    機能と利点

    • ADC/DACサンプリングレート:7.5Msps~45Msps
    • 低電圧/低電力動作
    • 可変利得、低速DACバッファ
    • クロック整形回路を実装
    • レベル変換I/Oドライバを実装
    • 実装および試験済み
    • Windows 98/2000/XP対応ソフトウェアを同梱

    製品の詳細

    MAX19705~MAX19708の評価システム(EVシステム)は、MAX19705~MAX19708の評価キット(EVキット)、対になるマキシムコマンドモジュール(CMOD232またはCMODUSB)インタフェースボード、およびソフトウェアから構成されています。PCによるMAX19705~MAX19708の総合評価の場合は、総合EVシステム(フルデータシートの「Ordering Information (型番)」を参照)をお求めください。旧版のマキシムEVシステムとともにコマンドモジュールを購入済みの場合や、他のマイクロコントローラ(µC)ベースシステムでのカスタム使用の場合は、EVキットをお求めください。

    MAX19705~MAX19708のEVキットは、アナログフロントエンド(AFE)のMAX19705~MAX19708の性能評価に必要な部品を完備する完全実装および試験済み回路ボードです。MAX19705~MAX19708は、デュアル受信アナログ-ディジタルコンバータ(Rx ADC)、デュアル送信ディジタル-アナログコンバータ(Tx DAC)、1.024Vの内部電圧リファレンスをそれぞれ1個ずつ、3個の低速シリアルDAC、および1個の低速シリアルADCを集積しています。これらのEVキットボードはRx ADC用のACまたはDC結合、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、Tx DAC差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を内蔵しています。これらのEVキットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路を内蔵しています。これらのEVキットは、+3.0Vのアナログ電源、+1.8Vのディジタル電源、+3.0Vのクロック電源、および±5Vのバイポーラ電源で動作します。

    マキシムのコマンドモジュールインタフェースボード(CMOD232またはCMODUSB)を使って、PCによってシリアルポートやUSBポートを通じてSPI 3線式インタフェースをエミュレートすることができます。japan.maximintegrated.comからダウンロード可能なWindows® 98/2000/XP対応ソフトウェアは、MAX19705~MAX19708の機能を発揮するのに使いやすいインタフェースを提供します。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示付きのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を備えています。

    アプリケーション

    • ブロードバンドアクセス無線
    • ポータブル通信機器
    • 個人用携帯無線機(PMR)

    MAX19707EVKIT

    MAX19705、MAX19706、MAX19707、およびMAX19708の評価キット

    zoom

    MAX19707EVKIT

    MAX19705、MAX19706、MAX19707、およびMAX19708の評価キット

    MAX19705、MAX19706、MAX19707、およびMAX19708の評価キット

    機能と利点

    • ADC/DACサンプリングレート:7.5Msps~45Msps
    • 低電圧/低電力動作
    • 可変利得、低速DACバッファ
    • クロック整形回路を実装
    • レベル変換I/Oドライバを実装
    • 実装および試験済み
    • Windows 98/2000/XP対応ソフトウェアを同梱

    製品の詳細

    MAX19705~MAX19708の評価システム(EVシステム)は、MAX19705~MAX19708の評価キット(EVキット)、対になるマキシムコマンドモジュール(CMOD232またはCMODUSB)インタフェースボード、およびソフトウェアから構成されています。PCによるMAX19705~MAX19708の総合評価の場合は、総合EVシステム(フルデータシートの「Ordering Information (型番)」を参照)をお求めください。旧版のマキシムEVシステムとともにコマンドモジュールを購入済みの場合や、他のマイクロコントローラ(µC)ベースシステムでのカスタム使用の場合は、EVキットをお求めください。

    MAX19705~MAX19708のEVキットは、アナログフロントエンド(AFE)のMAX19705~MAX19708の性能評価に必要な部品を完備する完全実装および試験済み回路ボードです。MAX19705~MAX19708は、デュアル受信アナログ-ディジタルコンバータ(Rx ADC)、デュアル送信ディジタル-アナログコンバータ(Tx DAC)、1.024Vの内部電圧リファレンスをそれぞれ1個ずつ、3個の低速シリアルDAC、および1個の低速シリアルADCを集積しています。これらのEVキットボードはRx ADC用のACまたはDC結合、差動またはシングルエンドアナログ入力を受け付け、Tx DAC差動出力信号をシングルエンドアナログ出力に変換する回路を内蔵しています。これらのEVキットは、AC正弦波入力信号からクロック信号を生成する回路を内蔵しています。これらのEVキットは、+3.0Vのアナログ電源、+1.8Vのディジタル電源、+3.0Vのクロック電源、および±5Vのバイポーラ電源で動作します。

    マキシムのコマンドモジュールインタフェースボード(CMOD232またはCMODUSB)を使って、PCによってシリアルポートやUSBポートを通じてSPI 3線式インタフェースをエミュレートすることができます。japan.maximintegrated.comからダウンロード可能なWindows® 98/2000/XP対応ソフトウェアは、MAX19705~MAX19708の機能を発揮するのに使いやすいインタフェースを提供します。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンとステータス表示付きのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を備えています。

    アプリケーション

    • ブロードバンドアクセス無線
    • ポータブル通信機器
    • 個人用携帯無線機(PMR)

    最近表示した製品