最新情報 (1)

製品概要

機能と利点

  • 4種類の低電圧/過電圧状態を監視
  • 全温度範囲での精度:1.5%
  • ユーザが調整可能なスレッショルド:最低0.4V
  • 内部プルアップ付きのオープンドレイン出力によって外付け部品点数を削減
  • マニュアルリセット入力(MAX16009)
  • マージンイネーブル入力
  • 固定または可変アクティブローRESETタイムアウト(MAX16009)
  • 最低VCC = 1Vまで保証された正確な出力ロジック状態
  • 完全動作保証温度範囲:-40℃~+125℃
  • 4mm x 4mmの小型TQFNパッケージ

製品概要

MAX16008/MAX16009は、小型TQFNパッケージで提供される調整可能なクワッドウィンドウ電圧検出器です。これらのデバイスは、複数の電源電圧を監視して、電圧のいずれかが各過電圧スレッショルドを上回るか、各低電圧スレッショルドを下回ると障害信号を提供して、高水準のシステム信頼性を実現するように設計されています。

これらのデバイスはユーザが設定可能なスレッショルドを提供し、電圧を最低0.4Vまで監視することができます。これらのデバイスを使って、各ウィンドウ検出器の上限および下限トリップスレッショルドを3個の外付け抵抗を使って外部から設定することができます。

監視されるスレッショルドは、それぞれに対応した障害状態を通知する独立したオープンドレイン出力を備えています。1個の障害出力として提供するために、これらの出力をまとめてワイヤードORすることができます。オープンドレイン出力は30µAの電流で内部プルアップされますが、他のロジックレベルとインタフェースするために他の電圧レベルまで外部から駆動することができます。

両デバイスとも、マージン試験時または電源投入動作後の任意の時間に出力をディセーブルするマージン入力を備えています。MAX16009はリセット出力を備えており、すべての電圧が各スレッショルド仕様内に入ると、リセットタイムアウト期間の後にデアサートします。リセットタイムアウトは140ms (min)に内部設定されていますが、外付けコンデンサを使って他のリセットタイムアウト時間に外部調整可能です。また、MAX16009はマニュアルリセット入力も提供します。

いずれのデバイスも4mm x 4mmのTQFNパッケージで提供され、-40℃~+125℃の温度範囲での動作が完全保証されています。

アプリケーション

  • マルチ電圧ASIC
  • ネットワーキング/電気通信機器
  • サーバ
  • ストレージ機器

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

おすすめ製品

MAX16008 コンパニオン製品

推奨関連製品 推奨関連製品

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

サンプル&購入


ご注文に関するFAQ


オンライン注文や支払い方法などに関する質問については、 ご注文に関するFAQをご覧ください。

 

購入価格


(**) 表示されている価格と価格範囲は、少量の注文に基づくものです。

 

リスト価格


(*)価格は1Ku当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店. または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

サンプル請求について


上記の「サンプル注文」ボタンをクリックすると、サードパーティのADIサンプルサイトにリダイレクトされます。選択された部品は、ログイン後、当サイトのカートに引き継がれます。当サイトを利用したことがない場合は、新規にアカウントを作成してください。サンプルサイトに関するご質問は、 カスタマーサービスへお問合せ ください。

 

モデル一覧の項目説明