MAX1271A
searchIcon

MAX1271A

マルチレンジ、+5V、8チャネル、シリアル12ビットADC

すべて表示 showmore-icon

12ビット、8チャネル、±17Vフォルト保護入力付きシリアルADC

製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • 12ビット分解能、1/2 LSB直線形
  • 電源:+5V単一
  • 3線式インタフェース:SPI/QSPI、およびMICROWIREにコンパチブル
  • ソフトウェア選択可能な4入力範囲
    • MAX1270:0~+10V、0~+5V、±10V、±5V
    • MAX1271:0~VREF、0~VREF/2、±VREF、±VREF/2
  • アナログ入力チャネル数:8
  • サンプリングレート:110ksps
  • 入力マルチプレクサの過電圧許容値:±16.5V
  • リファレンス:内部4.096Vまたは外部より供給
  • パワーダウンモード数:2
  • 内部または外部クロック
  • パッケージ:24ピンナローDIP/28ピンSSOP
製品概要
show more Icon

MAX1270/MAX1271はマルチレンジの12ビットデータ収集システム(DAS)で、+5V単一電源で動作し、アナログ入力信号範囲がグランド以下でも電源電圧以上でも受付ます。本製品は8チャネルのアナログ入力を装備し、チャネル毎に独立した各種のレンジ設定がソフトウェアでできます。MAX1270に設定できる有効なレンジは±10V、±5V、0~+10V、0~+5Vで、MAX1271の場合は±VREF、±VREF/2、0~VREF、0~VREF/2です。このレンジの切換機能は、ダイナミックレンジを実質的に14ビットに拡張させ、また+5Vの単一電源システムでありながら、直接インタフェースできるセンサは、4mA~20mA、±12V、または±15V形式というように、柔軟性にも富んでいます。コンバータ自体は±16.5Vのフォルト保護機能を備えているので、どのチャネル上で発生したフォルト状態も、他の動作中のチャネルの変換結果に影響を与えません。さらに優れた特長は、5MHz帯域のトラック/ホールド、ソフトウェアで選択できる内部/外部クロック、110kspsのスループットレート、内部の4.096Vまたは外部リファレンスでの動作など、高度で多彩な機能を装備していることです。

MAX1270/MAX1271シリアルインタフェースはSPI™/QSPI™、およびMICROWIRE™機器とも、外部ロジック回路なしで直接接続できます。

本製品はハードによる1つのシャットダウン入力(/SHDN)に加え、ソフトで選択できる2つのパワーダウンモードを備えており、スタンバイ(STBYPD)またはフルパワーダウン(FULLPD)は変換と変換の間を低電流のシャットダウン状態にします。このスタンバイモードのとき、リファレンスバッファはアクティブを維持し、スタートアップの遅延を防止します。

MAX1270/MAX1271は24ピンのナローDIPパッケージ、および省スペースの28ピンSSOPパッケージで提供されています。

アプリケーション

  • 自動試験
  • バッテリ駆動機器
  • データ収集システム
  • 産業用制御システム
  • 医療用機器
  • ロボット工学

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 3

MAX1270EVC16

MAX1270、MAX1271、MAX127、およびMAX128の評価キット/評価システム

zoom

MAX1270EVC16

MAX1270、MAX1271、MAX127、およびMAX128の評価キット/評価システム

MAX1270、MAX1271、MAX127、およびMAX128の評価キット/評価システム

機能と利点

  • 実証済のPC基板レイアウト
  • 12kspsのサンプルレートを誇る評価システム
  • 主要テストポイントを基板上に実装済
  • FFT機能付データ収録ソフトウェア
  • 完全実装および試験済み

製品の詳細

MAX1270の評価システム(EVシステム)は、MAX1270の評価キット(EVキット)およびマキシムの68HC16MODULE-DIPマイクロコントローラ(µC)モジュールから構成された8チャネルデータ収集システムです。本製品は、MAX1270/MAX1271が保有するマルチレンジ、8チャネル、12ビットデータ収集などの機能を十分実践できるように周辺回路を整備し、さらにシステムの総合評価に必要不可欠な機能も装備しました。Windows® 3.1/Windows 95ソフトウェアはMAX1270の機能を発揮させるのに、最も適したユーザインタフェースを提供します。

パーソナルコンピュータを使ってMAX1270またはMAX1271の総合評価を行う場合はEVシステム(MAX1270EVC16)をお求めください。マキシム製の別のEVシステムと共にµCモジュール(68HC16MODULE-DIP)が既に御購入済である場合、あるいは別のµCをベースにしたシステムに組込み、カスタム化を図る場合はEVキット(MAX1270EVKIT)をお求めください。

尚、MAX127とMAX128の評価にもこのMAX1270 EVキットが使用できます。

アプリケーション

  • 自動試験装置(ATE)
  • バッテリ駆動アプリケーション
  • データ収集
  • 産業用制御システム
  • 医療用機器
  • ロボット工学

MAX1270EVSYS

MAX1270、MAX1271、MAX127、およびMAX128の評価キット/評価システム

zoom

MAX1270EVSYS

MAX1270、MAX1271、MAX127、およびMAX128の評価キット/評価システム

MAX1270、MAX1271、MAX127、およびMAX128の評価キット/評価システム

機能と利点

  • 実証済のPC基板レイアウト
  • 12kspsのサンプルレートを誇る評価システム
  • 主要テストポイントを基板上に実装済
  • FFT機能付データ収録ソフトウェア
  • 完全実装および試験済み

製品の詳細

MAX1270の評価システム(EVシステム)は、MAX1270の評価キット(EVキット)およびマキシムの68HC16MODULE-DIPマイクロコントローラ(µC)モジュールから構成された8チャネルデータ収集システムです。本製品は、MAX1270/MAX1271が保有するマルチレンジ、8チャネル、12ビットデータ収集などの機能を十分実践できるように周辺回路を整備し、さらにシステムの総合評価に必要不可欠な機能も装備しました。Windows® 3.1/Windows 95ソフトウェアはMAX1270の機能を発揮させるのに、最も適したユーザインタフェースを提供します。

パーソナルコンピュータを使ってMAX1270またはMAX1271の総合評価を行う場合はEVシステム(MAX1270EVC16)をお求めください。マキシム製の別のEVシステムと共にµCモジュール(68HC16MODULE-DIP)が既に御購入済である場合、あるいは別のµCをベースにしたシステムに組込み、カスタム化を図る場合はEVキット(MAX1270EVKIT)をお求めください。

尚、MAX127とMAX128の評価にもこのMAX1270 EVキットが使用できます。

アプリケーション

  • 自動試験装置(ATE)
  • バッテリ駆動アプリケーション
  • データ収集
  • 産業用制御システム
  • 医療用機器
  • ロボット工学

MAX1270EVKIT

MAX1270、MAX1271、MAX127、およびMAX128の評価キット/評価システム

zoom

MAX1270EVKIT

MAX1270、MAX1271、MAX127、およびMAX128の評価キット/評価システム

MAX1270、MAX1271、MAX127、およびMAX128の評価キット/評価システム

機能と利点

  • 実証済のPC基板レイアウト
  • 12kspsのサンプルレートを誇る評価システム
  • 主要テストポイントを基板上に実装済
  • FFT機能付データ収録ソフトウェア
  • 完全実装および試験済み

製品の詳細

MAX1270の評価システム(EVシステム)は、MAX1270の評価キット(EVキット)およびマキシムの68HC16MODULE-DIPマイクロコントローラ(µC)モジュールから構成された8チャネルデータ収集システムです。本製品は、MAX1270/MAX1271が保有するマルチレンジ、8チャネル、12ビットデータ収集などの機能を十分実践できるように周辺回路を整備し、さらにシステムの総合評価に必要不可欠な機能も装備しました。Windows® 3.1/Windows 95ソフトウェアはMAX1270の機能を発揮させるのに、最も適したユーザインタフェースを提供します。

パーソナルコンピュータを使ってMAX1270またはMAX1271の総合評価を行う場合はEVシステム(MAX1270EVC16)をお求めください。マキシム製の別のEVシステムと共にµCモジュール(68HC16MODULE-DIP)が既に御購入済である場合、あるいは別のµCをベースにしたシステムに組込み、カスタム化を図る場合はEVキット(MAX1270EVKIT)をお求めください。

尚、MAX127とMAX128の評価にもこのMAX1270 EVキットが使用できます。

アプリケーション

  • 自動試験装置(ATE)
  • バッテリ駆動アプリケーション
  • データ収集
  • 産業用制御システム
  • 医療用機器
  • ロボット工学

最近閲覧した製品