MAX11811
searchIcon

MAX11811

TacTouch™、低電力、超小型、ハプティックドライバ内蔵、 抵抗膜タッチスクリーンコントローラ

すべて表示 showmore-icon

業界初、ドライバ付きハプティックコントローラと近接検出を内蔵したタッチインタフェースソリューション

製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • 4線式タッチスクリーンインタフェース
  • X/Y座標およびタッチ圧測定
  • レシオメトリック測定
  • 12ビットSAR ADC
  • 1.7V~3.6Vの単一電源
  • ダイレクトおよび自律の2つの動作モード
  • データタギングによる測定およびタッチイベントの情報記録
  • データフィルタリングによるノイズ低減
  • アパーチャモードによる空間フィルタ
  • ディジタル処理でバスのアクティビティと割込み生成を低減
  • 設定可能なタッチ検出プルアップ抵抗
  • 自動パワーダウン制御による低電力動作
  • 電流DACの汎用出力
  • 汎用入力
  • 近接検出システムを内蔵
  • モータハプティックドライバを内蔵*
  • MAX11835ハプティック圧電コントローラ† (HPC)用のPWM出力
  • 400kHz I²Cインタフェース
  • 4mm x 4mm、20ピンTQFNパッケージ
  • 低電力動作
    • 250µW (VDD = 1.7V、34.4kspsの場合)
  • ESD保護
    • ±8kV HBM (X+、X-、Y+、Y-)
製品概要
show more Icon

低電力タッチスクリーンコントローラのMAX11811は、1.7V~3.6Vの単一電源で動作し、ハンドヘルド機器などの消費電力に敏感なアプリケーションを対象にしています。このデバイスは抵抗膜タッチスクリーンパネルとのインタフェース用に12ビットSAR ADCとマルチプレクサを内蔵しています。通信はディジタルシリアルインタフェースで行います。

MAX11811は、タッチスクリーンの測定値のディジタル処理回路を内蔵しており、バスの負荷およびアプリケーションプロセッサ(AP)のリソースの負担を軽減します。スマートな割込み機能ジェネレータが内蔵されていることによって、デバイスへの割込み業務の頻度が大幅に減少します。MAX11811は節電の目的で変換と変換の間は自動的に低電力モードに移行するため、ポータブルアプリケーションには最適なデバイスとなります。

MAX11811には、ダイレクトおよび自律の2つの動作モードがあります。ダイレクトモードでは、タッチスクリーンコントローラのすべての動作についてアプリケーションプロセッサが制御します。自律モードではMAX11811がタッチスクリーン動作を制御するため、アプリケーションプロセッサをその制御から解放し、他の機能を実行することができます。自律モードでは、ホストプロセッサが介入することなく、タッチスクリーンのタッチイベントをデバイスが周期的にスキャンしていくため、システムの消費電力を減らす上でも役立ちます。自律モードでは内蔵のFIFOを使用して、動作の結果を保存し、有効データのスループットを高め、システムの消費電力を抑えます。

MAX11811はデータタギングもサポートしており、測定対象のタイプ(X、Y、Z1、またはZ2の)およびタッチイベントのタイプ(タッチ開始点、連続タッチ、またはタッチ終点)を記録します。

MAX11811は、振動モータを直接駆動したり、外付け圧電アクチュエータドライバとインタフェースしたりするハプティックドライバを備えています。このデバイスは、MAX11835のハプティック圧電コントローラを駆動することができるPWM信号を生成します。また、電流DACの汎用出力および汎用入力を内蔵しており、近接検出器などのアプリケーションにおいて、IRおよび可視LEDのほかにIRフォトディテクタも駆動可能です。

MAX11811はI²Cシリアルバスに対応しています。MAX11811ETP+は20ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の工業用拡張温度範囲での動作が保証されています。MAX11811GTP/V+は-40℃~+105℃の自動車用温度範囲での動作が保証されています。

アプリケーション

  • 車載センターコンソール
  • デジタルフォトフレーム
  • デジタルスチルカメラ
  • デジタルビデオカメラ
  • 携帯ゲーム
  • モバイル通信デバイス
  • PDA、GPSレシーバ、パーソナルナビゲーションデバイス、メディアプレーヤー
  • POS端末および金融端末
Complete documentation is available upon completion of a Non-Disclosure Agreement (NDA). To request an NDA, click here.

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

最近閲覧した製品