LTC6955
warning : 最終販売
searchIcon
cartIcon

LTC6955

超低ジッタ、7.5 GHz、11 出力ファンアウト・バッファ・ファミリー

すべて表示 showmore-icon

warning : 最終販売 tooltip
warning : 最終販売 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$10.59
特長
  • LTC6955: 11 出力バッファ
  • LTC6955-1: 10 バッファ出力および 1 ÷2 出力
  • 付加出力ジッタ: 約 45 fs RMS(ADC S/N比法)
  • 付加出力ジッタ: 5 fs RMS 未満(統合 BW = 12 kHz ~ 20 MHz、f = 7.5 GHz)
  • 11 の超低ノイズ CML 出力
  • 複数出力構成用にパラレル制御
  • 動作ジャンクション温度範囲: ​–40 °C ~ 125 °C
製品概要
show more Icon

LTC6955 は、高性能の超低ジッタ・ファンアウト・クロック・バッファで、11 の出力を備えています。4 ピン・パラレル制御ポートによって複数の出力セットアップが可能で、3 ~ 11 の間で任意の数の出力や、完全なシャットダウンを設定できます。また、パラレル・ポートで交流出力の出力極性を反転できるため、ボードの上面と下面のルーティングを利用して設計が簡単になります。

各 CML 出力は DC から 7.5 GHz で駆動できます。LTC6955-1 は、1 つの出力バッファを 2 分周周波数分周器に換えたもので、アナログ・デバイセズ の LTC6952 または LTC6953 を駆動して JESD204B サブクラス 1 SYSREF 信号を生成できます。この SYSREF は、最大 7.5 GHz の周波数で駆動できる LTC6955-1 から超低ジッタ・デバイス・クロックと組み合わせることができます。

アプリケーション

  • 高性能データ・コンバータのクロック駆動
  • SONET、ファイバ・チャンネル、GigE のクロック分配
  • スキューとジッタが小さいクロックおよびデータ・ファンアウト
  • 無線/有線通信
  • シングルエンドから差動への変換

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$10.59

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
LTC6955IUKG-1#PBF
  • HTML
  • HTML
LTC6955IUKG-1#TRPBF
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

3 20, 2024

- 23_0089

Obsolescence of Tower Fab3 (JAZZ-3) SBC35 Process

LTC6955IUKG-1#PBF

最終販売

LTC6955IUKG-1#TRPBF

最終販売

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

3 20, 2024

- 23_0089

arrow down

Obsolescence of Tower Fab3 (JAZZ-3) SBC35 Process

LTC6955IUKG-1#PBF

最終販売

LTC6955IUKG-1#TRPBF

最終販売

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 3

reference details image

DC2611A-A

LTC6955/LTC6955-1:超低ジッタ11出力ファンアウト・バッファ

zoom

DC2611A-A

LTC6955/LTC6955-1:超低ジッタ11出力ファンアウト・バッファ

LTC6955/LTC6955-1:超低ジッタ11出力ファンアウト・バッファ

製品の詳細

デモ回路 2611A は、超低ジッタ 11 出力ファンアウト・バッファ、LTC6955 を特徴としています。

デフォルトでは、DC2611A は 3.3 V の単電源で駆動できます。DC2611A を両電源で駆動するオプションも備えており、LTC6955 の出力電源ピンを LTC Silent Switcher®(サイレント・スイッチャ) に接続し、LTC6955 の入力電源ピンを低ノイズ LDO に接続できます。

差動入力と 6 つの差動出力には 0.5 インチ間隔の SMA コネクタが装着されています。これらの出力は 50Ωの伝送ラインと AC 結合されており、50Ωインピーダンス測定器の駆動に適しています。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。

残り 4 つの差動出力は 100Ωで終端処理されます。

高精度の LTC6955 伝搬遅延測定を支援するキャリブレーション・パスが搭載されています。このキャリブレーション・パスは DC パスとして再設定することもできます。これにより、LTC6955 の出力を外部 PLL/VCO に容易に固定できます。

reference details image

DC2664A

ループ・フィルタ付き VCO ライダー基盤

zoom

DC2664A

ループ・フィルタ付き VCO ライダー基盤

ループ・フィルタ付き VCO ライダー基盤

製品の詳細

デモンストレーション回路 2664A は、0.5" × 0.5" VCO パッケージ・フットプリントをサポートする、人気のある ループ・フィルタ付き VCO ライダー基盤です。

DC2664A は、外付けの電圧制御発振器(VCO)を必要とするフェーズ・ロック・ループ(PLL)デバイスの評価を促進します。DC2664A なしでは、VCO と PLL の組み合わせごとに独特なループ・フィルタ設計が必要となり、その結果、それぞれの VCO を評価するためにいくつかの PLL デモ・ボードの修正を行わなければならなくなります。これらのボード修正には時間がかかり、しばしば、 その結果 PLL か VCO に損傷を与えます。

DC2664A は VCO とループ・フィルタを統合し、これらの独特な設計を複数の DC2664A の中に存在させることができるようになります。DC2664A RFOUT と VTUNE SMA の接続により、複数のボード修正から起きる損傷のリスクなしに、複数の VCO を持つ PLL を素早く評価することができます。

VCO は電源のノイズとスプリアスにかなり敏感なことで有名です。DC2664A は、搭載の超低ノイズと超高 PSRR LDO である LT3042 で VCOに電力供給することにより、低ノイズと低スプリアスの実験室の電源を配置する課題を解決します。2 番目の LT3042 LDO はアクティブなループ・フィルタに電力供給するために、DC2664A 上で利用可能です。両方の LDO は単電源から電力供給され、VCO と PLL の組み合わせを評価するために必要な実験室の電源の数を簡略化することができます。

DC2664A は、LTC6955 (DC2611A) と LTC6952 (DC2609A) のデモ・ボードと直接接続させるために設計されました。

reference details image

DC2611A-B

LTC6955/LTC6955-1: Ultralow Jitter 11 Output Fanout Buffer

zoom

DC2611A-B

LTC6955/LTC6955-1: Ultralow Jitter 11 Output Fanout Buffer

LTC6955/LTC6955-1: Ultralow Jitter 11 Output Fanout Buffer

製品の詳細

Demonstration Circuit 2611A features the LTC6955-1, Ultralow Jitter 11 Output Fanout Buffers.

By default, the DC2611A is powered from a single 3.3V supply. An option is provided to power to the DC2611A from dual supplies, allowing for the LTC6955-1’s output supply pins to connect to an LTC Silent Switcher® and the LTC6955-1 input supply pin to connect to a low noise LDO.

The differential inputs and six of the differential outputs are populated with 0.5" spaced SMA connectors. These outputs are AC-coupled with 50Ω transmission lines making them suitable to drive 50Ω impedance instruments. All registered trademarks and trademarks are the property of their respective owners.

The remaining four differential outputs are terminated with 100Ω.

A calibration path is provided to aid in accurate LTC6955-1 propagation delay measurements. The calibration path can be also reconfigured as a DC path, which allows for a convenient method of locking the LTC6955-1 outputs to an external PLL/VCO.

最近閲覧した製品