製品概要

機能と利点

  • 超低電圧リセット: VCC = 0.5Vを保証
  • 3つの入力を同時にモニタ:
    • 3.3V、5V、可変 (LTC2911-1)
    • 3.3V、2.5V、可変 (LTC2911-2)
    • 3.3V、1.8V、可変 (LTC2911-3)
    • 3.3V、1.2V、可変 (LTC2911-4)
    • 3.3V、可変、可変 (LTC2911-5)
  • スレッショルド精度: ±1.5%
  • パワーフェイル・モニタ
  • RST状態を保持できるので、マージニングに対応可能
  • 低消費電流: 標準30µA
  • 入力グリッチに対する耐性
  • 調整可能なリセット・タイムアウト期間
  • 選択可能な内部タイムアウトにより、部品を節減
  • 省スペースの8ピンTSOT-23および3mm × 2mm DFNパッケージ

製品概要

LTC2911は、パワーフェイル・コンパレータを備えた、低消費電力、高精度のトリプル電源モニタです。リセット・タイムアウトは外付けコンデンサで選択できますが、内部で生成される200msに設定することも可能です。

V1ピンは3.3Vの電源電圧をモニタし、V2ピンは5V、2.5V、1.8V、1.2Vまたは可変の電源電圧をモニタします。 3つ目の可変入力の公称スレッショルドは0.5Vで、モニタされる電源電圧のスレッショルドを抵抗分割器で設定できます。3個のコンパレータはすべて、全動作温度範囲にわたり1.5%の高いスレッショルド精度を実現します。また、グリッチ・フィルタにより、信頼できるリセット動作が確実に行われます。

予備のコンパレータは低電圧状態の早期警告を行うように設定することができます。これにより、PFI入力の電圧が 0.5Vを下回るとPFO出力が“L”になり、パワーフェイル・スレッショルドを抵抗分割器で設定できます。TMRピンのラッチ機能により、RST出力をラッチしてシステム・リセットを防止することができ、マージン・テストが簡素化されます。


アプリケーション

  • ネットワーク・サーバー
  • デスクトップおよびノートブック・コンピュータ
  • 車載および産業用電子機器

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明