製品概要

機能と利点

  • SO-8パッケージの7次、2.3MHzローパス・フィルタ 
  • 入力基準ノイズ:62μVRMS 
  • 単一5Vまたは±5V電源で動作 
  • 差動入出力 
  • 低オフセット:3mV(標準)、10mV(最大) 
  • 調整可能な出力同相電圧 
  • 1.5×fCUTOFFでの減衰:40dB 
  • 外付け部品が不要

製品概要

LTC1566-1は、通過帯域利得12dBの7次コンティニュアス・タイム・ローパス・フィルタです。このデバイスは、選択性、直線性、ダイナミック・レンジにより、データ通信またはデータ収集システムでのフィルタリングに適しています。フィルタの減衰は1.5×fCUTOFFで40dB、10MHzを超える周波数で最小60dBです。

LTC1566-1は2MHzの帯域幅で入力基準ノイズが62μVRMSとなります。信号レベルが低いレシーバ・アプリケーションにおいて、このフィルタのスプリアスのないダイナミック・レンジは71dBとなります。

LTC1566-1は5%のカットオフ周波数精度を達成し、トランシーバのI/Qチャネルなど整合した一組のフィルタを必要とするアプリケーションで使用可能です。

差動入出力によって、ワイヤレス・システム向けのシンプルなインターフェイスを提供します。高インピーダンス入力は差動復調器またはD/Aコンバータと容易に結合されます。出力DC同相電圧と出力DCオフセット電圧が調整可能なので、A/Dコンバータまたは差動変調器をドライブするために信号パスを最適化することができます。

ご要望に応じて、他のカットオフ周波数やシングルエンドI/Oを備えたデバイスも提供できます。詳細については、弊社にお問い合わせください。 


アプリケーション

  • WCDMA基地局 
  • 通信フィルタ 
  • アンチエリアシング・フィルタ 
  • スムージングまたは再構築フィルタ 
  • 整合フィルタ・ペア 
  • LCフィルタの置換

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明