LT3966
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

LT3966

I2C Programmable Quad Monolithic Boost LED Driver

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 4
1Ku当たりの価格 最低価格:$4.65
特長
  • Four Independent DC/DC Channels
  • I2C Programmable
  • 8192:1 True Color PWM™ Dimming
  • 8-Bit Analog Dimming Pin Scaled by DAC
  • 11-Channel, 8-Bit ADC with 2 External Inputs
  • 1.6A, 60V Internal DMOS Switches
  • Input Voltage: 3V to 60V
  • Output Voltage and Current Monitoring to 60V
  • High Side PMOS Disconnect and PWM Switch Driver
  • Adjustable Frequency: 300kHz to 4MHz with Optional Frequency Synchronization
  • Thermally Enhanced 6mm × 6mm 40-Lead QFN Package n AEC-Q100 Qualification in Progress
製品概要
show more Icon

The LT3966 is an I2C programmable monolithic boost LED driver with four independent channels. Each channel provides a 60V current mode boost converter with an internal 1.6A DMOS power switch, as well as internal and external analog and PWM dimming features. I2C programmable features include a 13-bit (8192:1) digital PWM generator, 8-bit analog dimming DAC, and flexible fault reporting and handling.

An onboard 8-bit ADC allows measurement of each channel’s output voltage and output current, as well as chip input voltage and two external measurements. In addition, independent shutdown and standby control of each channel provides flexible solutions for multitopology applications.

The LT3966 is available in a thermally enhanced 6mm × 6mm 40-Lead QFN package.

Applications

  • Backlighting
  • Heads Up Displays

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 4
1Ku当たりの価格 最低価格:$4.65

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
LT3966EUJ#PBF
  • HTML
  • HTML
LT3966EUJ#TRPBF
  • HTML
  • HTML
LT3966JUJ#PBF
  • HTML
  • HTML
LT3966JUJ#TRPBF
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

reference details image

DC2630A

I2Cプログラマブル・クワッド・モノリシック・ブーストLEDドライバ

zoom

DC2630A

I2Cプログラマブル・クワッド・モノリシック・ブーストLEDドライバ

I2Cプログラマブル・クワッド・モノリシック・ブーストLEDドライバ

機能と利点

デモ回路2630Aは、LT3966を搭載したI2Cプログラマブル・クワッド・チャンネル・モノリシック・ブーストLEDドライバです。VINが9V~18Vの場合に、125mA(最大50V)で4つの個別のLEDストリングを駆動します。DC2630Aは2MHzのスイッチング周波数で動作します。その4つのチャンネルでは、異なる電流、電圧、または調光比でLEDストリングを駆動できます。各チャンネルはI2C通信またはアナログ入力経由で個別に制御できます。DC2630Aは、ADDRピン設定を変更することで、どちらかのモードで実行するように構成できます。出力過電流や過電圧イベントに対して保護されるほか、アラート・ピンをラッチすることで、断線/短絡LED障害イベントが報告されます。I2Cモードでは、障害を有効または無効に設定できます。DC2026C Linduino® Oneデモ回路は、QuikEvalリボン・ケーブルと、提供されるコマンド・ライン・インターフェース・コードを使用して直接接続することで、ボードとの接続に使用されます。

LT3966の入力電圧範囲は3V~60Vです。各昇圧チャンネルは、60V、1.6Aのローサイド・パワー・スイッチを内蔵しています。300kHz~2MHzの範囲で調整可能なスイッチング周波数を提供するほか、外部クロック源にも同期できます。また、LT3966は他のデバイスを同期する目的で、独自のマスタ・クロックを出力するようにプログラムすることもできます。高圧側PWMTG MOSFETドライバは、PWM調光と障害保護を支援します。LT3966のチャンネルは、グラウンドを基準にした昇圧(昇圧)LEDドライバ、または降圧動作(降圧モード)や昇降圧動作(昇降圧モード)を実施するためのフローティング出力LEDドライバとして動作するように構成できます。

LT3966の各チャンネルは、非I2Cモードでの動作中に、対応するチャンネルのCTRL/PWMピンにPWM信号またはCTRL電圧を加えることで、個別に調光できます。I2Cモードでは、各チャンネルで最大13ビットのPWM調光分解能と8ビットのアナログ調光分解能に対応できます。

スペースとコストを節約するために、小型セラミック入出力コンデンサが使用されています。開放LEDの過電圧保護では、LEDストリングがオープンになると、ICの定電圧レギュレーション・ループを使用して出力を約57Vにレギュレーションします。

シンプルな抵抗をいくつか選択して、回路で低電圧ロックアウトを調節できます。出力電圧(過電圧保護)は、異なるストリング電圧に対して帰還抵抗を変更することにより調整できます。出力電圧の変更に対応するため、他の部品の変更が必要になる場合もあります。

LT3966のデータシートには、デバイス、動作、および用途の詳細が記載されています。このデータシートは、このDC2630A用デモ・マニュアルと併せて参照してください。LT3966EUJは、熱強化型グラウンドが付いた40ピン・プラスチック6mm × 6mm QFNパッケージで組み立てられています。

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 1

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

最近表示した製品