製品概要

機能と利点

  • 700MHzの利得帯域幅 
  • 最小IOUT:±200mA 
  • 調整可能な消費電流 
  • 低歪み:1MHz、4VP-P、25Ω、AV=2で-72dBc 
  • AV以上10で安定、AV10未満でも容易に補償可能 
  • 最小出力振幅(VS=±6V、RL=25Ω):±4.3V 
  • 1000pF負荷で安定 
  • 入力ノイズ電圧:6nV √Hz
  • 入力ノイズ電流:2pA √Hz
  • 最大入力オフセット電圧:4mA 
  • 最大入力バイアス電流:4μA 
  • 最大入力オフセット電流:400nA 
  • 最小入力CMR (VS=±6V):±4.5V 
  • ±6V、±2.5Vで規格

製品概要

LT1969は広く使用されているLT1886の可変電流バージョンで、200mAの最小出力電流と低い歪み性能を誇るデュアル・オペアンプです。可変電流機能は、適切なライン終端を提供できる状態で消費電力を最小限に抑えることが求められるアプリケーションにおいて非常に有用です。

消費電流が公称値の場合、このアンプは利得10で安定し、これよりも低い利得に対しては容易に補償可能です。LT1969はバランスのとれた高インピーダンス入力、4μAの最大入力バイアス電流、4mVの最大入力オフセット電圧を特長としています。単一電源アプリケーションを容易に構成可能で、電流帰還アンプ構成に比べて総ノイズを低減できます。

出力は±6V電源で25Ωの負荷時に±4.3Vをドライブします。±2.5V電源での出力振幅は、100Ω負荷時に±1.5Vです。このアンプは1000pFの容量性負荷で安定するので、バッファやケーブル・ドライバのアプリケーションに有用です。

LT1969はリニアテクノロジーの先進の低電圧コンプリメンタリ・バイポーラ・プロセス技術を採用し、熱特性が改善されたMS10パッケージで供給されます。 


アプリケーション

  • DSLモデム 
  • xDSL PCIカード 
  • USBモデム 
  • ライン・ドライバ 

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ディスカッション

LT1969 探していたものは見つかりませんでしたか? » 是非アナログ・コミュニティ(英語)を覗いてみて下さい»

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明