製品概要

機能と利点

  • 利得バンド幅: 50MHz 
  • スルーレート: 800V/μs 
  • 消費電流(1アンプ当たり): 5mA(MAX) 
  • ユニティゲインで安定動作 
  • あらゆる容量性負荷をドライブ可能なC-LoadTMオペアンプ 
  • 入力ノイズ電圧: 9nV/√Hz 
  • 入力オフセット電圧: 1mV(MAX) 
  • 入力バイアス電流: 1μA(MAX) 
  • 入力オフセット電流: 250nA(MAX) 
  • 出力電圧振幅: ±13V(MIN)(RL=500Ω) 
  • 出力電圧振幅: ±3.2V(MIN)(RL=150Ω) 
  • DC電圧利得: 4.5V/mV(MIN)(RL=1kΩ) 
  • セトリング・タイム: 60ns( 0.1%、10V Step) 
  • 微分利得エラー: 0.2%(AV=2、RL=150Ω) 
  • 微分位相エラー: 0.3°(AV=2、RL=150Ω) 
  • ±2.5V、±5V、および±15Vで仕様を規定

製品概要

LT1361/LT1362は優れたACおよびDC性能を有するデュアルおよびクワッドの低消費電力、高速オペアンプです。これらのアンプは、同等のバンド幅をもつアンプと比較して、非常に低い消費電流および高スルーレートを実現しています。回路方式は、マッチした高インピーダンス入力と、電流帰還アンプ並のスルーレート特性をもつ電圧帰還アンプとなっています。高いスルーレートと単一利得段の設計により、優れたセトリング特性を実現しており、データ・アクイジション・システムに最適なデバイスです。各出力は±15V電源で500Ω負荷を±13Vまでドライブし、±5V電源では150Ω負荷を±3.2Vまでドライブします。これらのアンプはどんな容量性負荷を接続しても安定して動作するため、バッファまたはケーブル・ドライブ・アプリケーションに有用です。

LT1361/LT1362は、このユニークな回路方式を使用し、リニアテクノロジーの先進のバイポーラ・コンプリメンタリ・プロセスを採用した高速、高性能アンプ・ファミリのメンバです。LT1361/LT1362のシングル・アンプ・バージョンについては、LT1360のデータ・シートを参照してください。また、消費電流およびバンド幅がさらに大きなデバイスについては、LT1363からLT1365のデータ・シートを参照してください。低消費電流のアンプについては、LT1354からLT1359のデータ・シートを参照してください。シングル、デュアル、およびクワッド・オペアンプが供給されています。


アプリケーション

  • 広帯域アンプ 
  • バッファ 
  • アクティブ・フィルタ 
  • ビデオおよびRFの増幅 
  • ケーブル・ドライバ 
  • データ・アクイジション・システム

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

ツール

LTspice

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

LTspice

下記製品はLTspiceで使用することが出来ます。:

LT1362

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明