製品概要

機能と利点

  • 小容量セラミック・コンデンサを使用 
  • 50μAの消費電流(LT1307) 
  • 1mAの消費電流(LT1307B) 
  • 最小1VのVINで動作 
  • 600kHzの固定周波数動作 
  • 全負荷でスタート 
  • 低シャットダウン電流: 3μA 
  • バッテリ電圧低下検知器 
  • 単一セルから3.3V@75mAを供給 
  • 軽負荷時の自動バースト・モード動作(LT1307) 
  • 軽負荷時でもスイッチングを継続(LT1307B) 
  • 低VCESAT のスイッチ:500mA時に295mV 

製品概要

LT1307/LT1307Bはマイクロパワー固定周波数DC/DCコンバータで、最小1Vの入力電圧で動作します。単一セル電源から真の電流モードPWM性能を実現した業界初のデバイスで、軽負荷時に省電力バースト・モード動作への自動移行機能を備えています。100μA~100mAの広い負荷範囲で、高効率が維持されます。LT1307Bは軽負荷時にバースト・モード動作に移行しないので効率は低下しますが、低周波数出力リップルが除去されます。このデバイスは、200mVリファレンス付きバッテリ電圧低下検知器を内蔵し、シャットダウン時の消費電流は5μA以下です。LT1307の無負荷時消費電流は50μAで、内部NPNパワースイッチは500mAの電流を扱い電圧降下は295mVです。

単一セル・アプリケーションでLT1307/LT1307Bを使用する場合、競合デバイスとは異なり大容量の電解コンデンサは必要ありません。高周波数(600kHz)スイッチングのため、小型表面実装インダクタとともに、小型表面実装多層セラミック(MLC)コンデンサを使用できます。このデバイスは10μFの出力容量で動作し、入力にはわずか1μFのバイパス・コンデンサしか必要ありません。

LT1307/LT1307Bは8ピンMSOP、PDIP、およびSOパッケージで供給されます。


アプリケーション

  • ページャ
  • コードレス電話
  • GPSレシーバ
  • バッテリ・バックアップ
  • 糖度計
  • 診断用医療機器&

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

ツール

LTspice

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

LTspice

下記製品はLTspiceで使用することが出来ます。:

LT1307
LT1307B

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明