製品概要

機能と利点

  • ユニティゲインで安定動作
  • ゲインバンド幅 45MHz
  • スルーレート 400V/μs
  • DC利得 7V/mV(RL=500Ω)
  • 最大入力オフセット電圧 2mV
  • 最少出力電圧振幅(RL=500Ω) ±12V
  • 電源電圧範囲 ±2.5V~±15V
  • 消費電流 7mA
  • セトリング時間 90ns(0.1%、10Vステップ)
  • あらゆる容量性負荷をドライブ可能

製品概要

LT1224は優れたDC特性を備えた高速オペアンプで、同等のバンド幅およびスルーレートを持った他のアンプと比較しても、優れたオフセット電圧および高い利得を備えています。LT1224はシングルゲインステージで優れた高速セトリング特性を備えていますので、データアクイジションシステムには最適なデバイスとなっています。出力は±15V電源電圧で500Ω負荷を±12Vでドライブすることができ、±5V電源では150Ω負荷を±3Vでドライブすることができます。LT1224は大きな容量性負荷をもドライブすることできますので、バッファおよびケーブルドライブのような応用に最適です。

LT1224はリニアテクノロジーのアドバンストバイポーラ・コンプリメンタリプロセスを使用した高速・高性能アンプファミリの1つです。


アプリケーション

  • 広帯域アンプ
  • バッファ
  • アクティブフィルタ
  • ビデオおよびRFアンプ
  • ケーブルドライバ
  • データ・アクイジション・システム

評価キット (1)

ツール

LTspice

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

LTspice

下記製品はLTspiceで使用することが出来ます。:

LT1224

設計ツール

アナログ・フィルタ・ウィザード

アナログ・フィルタ・ウィザードを使えば、ローパス、ハイパス、バンドパスなどのオペアンプの設計が数分で出来ます。設計のプロセスにおいて、実際の回路の動作に理想的な仕様、フィルタ設計の特性を観察することができます。 このツールを使用すれば、フィルタ・アプリケーションのニーズに応じて順を追ってオペアンプを選択し、設計することができます。プロセスが終了すると、部品表やSPICEネットリスト作成されます。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.