製品概要

機能と利点

  • 利得帯域幅積 45MHz
  • ユニティゲイン安定
  • スルーレート 250V/μs
  • C-Loadオペアンプ
  • 最大入力オフセット電圧:1mV
  • 最大入力バイアス電流 300nA
  • 最大入力オフセット電流 300nA
  • 最小出力振幅(500Ω負荷):±12V
  • 最小DC利得(500Ω負荷):20V/mV
  • セトリングタイム(0.1%):75ns(10Vステップ)
  • セトリングタイム(0.01%):95ns(10Vステップ)
  • 微分利得:0.1%、AV=2、RL=150Ω
  • 微分位相:0.2°、AV=2、RL=150Ω

製品概要

H(メタルキャン)、J(セラミック)、K(メタルキャン)パッケージではすでに廃品になっています。

LT1220は優れたDC特性を持った高速オペアンプです。LT1220は低い入力オフセット電圧、低い入力バイアス電流で、同等の帯域幅・スルーレートを持った他のアンプより優れたDC特性を持っています。内部は高速で高精度を実現するために最適なDCゲイン特性を備えた回路構成をとったシングルゲインステージとなっています。高いゲインおよび高速セトリングタイムを備えていますので、データアクイジション・システムには最適なディバイスとなります。また、大きな容量性負荷を駆動する能力をも備えていますので、バッファとしての応用にも適しています。

LT1220はリニアテクノロジーのアドバンスト・バイポーラ・コンプリメンタリ・プロセスを使用した最初の高速・高性能オペアンプです。4倍以上の利得ではLT1221を、10倍以上ではLT1222をご使用ください。


アプリケーション

  • 広帯域増幅
  • バッファ
  • アクティブ・フィルタ
  • ケーブルドライバ
  • ビデオ・RFアンプ
  • 8、10、12ビットデータアクイジション・システム

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット (1)

ツール

LTspice

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

LTspice

下記製品はLTspiceで使用することが出来ます。:

LT1220

設計ツール

アナログ・フィルタ・ウィザード

アナログ・フィルタ・ウィザードを使えば、ローパス、ハイパス、バンドパスなどのオペアンプの設計が数分で出来ます。設計のプロセスにおいて、実際の回路の動作に理想的な仕様、フィルタ設計の特性を観察することができます。 このツールを使用すれば、フィルタ・アプリケーションのニーズに応じて順を追ってオペアンプを選択し、設計することができます。プロセスが終了すると、部品表やSPICEネットリスト作成されます。

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード

表示されている価格は、1個あたりの価格です。

analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。