製品概要

機能と利点

  • 8ピンSOPで供給可能
  • 消費電流 50μA/Amp MAX
  • 低オフセット電圧 70μV MAX
  • 最大オフセット電源(8ピンSO) 180μV
  • オフセット電流 250pA MAX
  • 電圧ノイズ(0.1Hz~10Hz) 0.6μVP-P
  • 電流ノイズ(0.1Hz~10Hz) 3pAP-P
  • オフセット電圧ドリフト 0.4μV/℃
  • 利得帯域幅積 200kHz
  • スルーレート 0.07V/μs
  • 単一電源動作
    • 入力電圧範囲はグランド迄可
    • 出力振幅は電流シンク時グランド迄可
    • プルダウン抵抗不要
  • 出力負荷電流は、ソース、シンク共 5mA

製品概要

H(メタルキャン)、J(セラミック)、K(メタルキャン)パッケージではすでに廃品になっています。

LT1078は、標準的な8ピン・パッケージで封止されたマイクロパワーのデュアル・オペアンプで、LT1079は、同じく14ピンのクワッド・オペアンプです。いずれも単一5V電源で動作し、±15V動作でも十分なスペックの規定がなされています。

精度、ノイズ、スピードおよび出力ドライブ能力等の性能を低下させないで、マイクロパワー・オペアンプとしての性能を実現した先進のデザインを採用しています。LT1078/LT1079は、そのデザイン上他のパラメータを犠牲にしないで消費電流が低減されています。オフセット電圧は、非チョッパ型のあらゆるデュアルおよびクワッドのオペアンプ・レベル以下に低減されています。オフセット電流、電圧・電流ノイズ、スルーレートおよび利得帯域帯幅積等は、全て従来のマイクロパワー・オペアンプの2ないし10倍改善されています。

電圧ノイズ・スペクトラムの1/fコーナ周波数は0.7Hzで他のどんなモノリシック・オペアンプの1/3以下となっています。特に、低周波ノイズ(0.1Hz~10Hz)は、より大きな消費電流を費やす他の製品より大幅に小さくなっています。

LT1078/LT1079とも単一電源で動作します。(リチウム電池1個、または、ニッカド電池2個)。入力電圧範囲は、グランド以下に設定できます。全てのNPN出力段は、グランドの数mV以内にまで振幅させることができます。電流シンク時でも消費電流を浪費するプルダウン抵抗は必要ありません。


アプリケーション

  • バッテリィおよび太陽電池駆動システム
    • ポータブル計測器
    • リモートセンサ・アンプ
    • 衛星搭載機器
  • マイクロパワー・サンプル/ホールド
  • サーモカプル・アンプ
  • マイクロパワー・フィルタ

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

ツール

LTspice

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

LTspice

下記製品はLTspiceで使用することが出来ます。:

LT1079
LT1079A

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明