製品概要

機能と利点

  • 高性能、z 軸デジタル出力加速度センサー
  • ±16 ビット分解能で 14.2 g フルスケール・レンジ(0.434 mg/LSB)
  • オプションのデータ FIFO 付きで 2 kHz 出力サンプル・レート
  • プログラマブル・フィルタ応答
    20 Hz、46 Hz、92 Hz、184 Hz
  • 連続の電子機械式セルフ・テスト
    追加のキーオンおよびオン・デマンド・セルフ・テスト・ルーチン
  • Z 軸オフセット調整
  • 低静止電流引き込み
  • 高直線性性能
  • オートモーティブ・アプリケーション向けの性能を評価済み
  • 温度範囲: −40°C 〜 +105°C

製品概要

ADXL701 デバイスは、車両ロールオーバー検出などの高性能アプリケーション向けに設計された、高精度の単一 z 軸加速度センサーです。ADXL701 は、動作温度全範囲で ±500 mg 以上のオフセット安定性と、5% 以上の感度安定性を提供します。ADXL701 は、幅広いアプリケーションに対応するために選択可能な −3 dB のフィルタ・コーナ周波数で設計されており、2 kHz 出力データ・レートにより、加速度情報を十分にサンプリングすることが可能です。

デバイスからの加速度データ出力は正確な 16 ビット・ワードで、32 ビットの SPI トランザクションが含まれます。SPI インターフェースには、信頼性が高いアプリケーションを支援するために設計された、追加の故障検出ビットとデータ・フォーマット・ビットが含まれています。SPI 通信は最大 8 MHz に対応します。16 ビットの加速度データ・ワードは、デバイスの ±14.2 g フルスケール・レンジで 0.434 mg/LSB の分解能を提供します。

ADXL701 は、改良された EMI/RFI の堅牢性に対応する逆パドルを備えた SOIC パッケージを採用しています。ADXL701 は、3.3 V と 5 V の公称電源電圧で動作し、車載温度範囲 −40°C ~ +105°C にわたって動作するように仕様規定されています。

アプリケーション
  • 車両ロールオーバー検出
  • プラットフォームの安定化/水平化
本製品の簡易データシートは、こちらの Web ページからダウンロードできます。技術文書一式と今後のサポートについては、最寄りのアナログ・デバイセズ販売代理店にお問い合わせください。

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.